目次


ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード

ana_diners_bizaccount_cardANAダイナースカードは、三井住友トラストクラブ株式会社がANAと提携して発行しているダイナースブランドの個人向けクレジットカードです。ダイナースクラブカードは言わずと知れたステイタスカードで、富裕層に人気があるクレジットカードですが、個人向けのクレジットカードにも、「ビジネス・アカウントカード」を追加カードとして発行することで、親カードの個人口座からの引き落としとは別に、法人口座からの引き落としができるようになり法人カードとして利用できるのです。

大きな特徴としては「ダイナースブランドとANAの提携カードであること」「ANAマイル還元率1.0%」「入会ボーナス2,000マイル、継続ボーナス2,000マイル」「フライトマイルボーナス25%」「ANAカードマイルプラス提携店でマイル還元率2.0%」「Edyチャージでマイル還元率0.5%」「コンシェルジュデスクが利用できる」「限度額に一律の制限を設けていないこと」「高級レストランで2名様以上で1名様分無料、6名様以上の利用で2名様無料」「レストランで会員限定のおもてなし」「国内の厳選されたホテル・旅館で優待」「海外のラグジュアリーホテルで優待」「国内空港ラウンジ無料」「850カ所以上の海外空港ラウンジ無料」「手荷物宅配1個無料」「ポイント還元率0.4%」「海外旅行傷害保険最大1億円」「国内旅行傷害保険最大1億円」「ショッピング保険最高500万円」などがあります。

ANAの提携カードですので、ANAマイルが貯まりやすい設計のクレジットカードとなっています。ANAマイルが貯まりやすく、法人カードとして利用できるクレジットカードです。

また、ANAダイナースカードには、ANAダイナースカードプレミアムがあるため、提携カードには珍しく上位のカードも持つことができるクレジットカードとなっています。

個人利用は親カード「ANAダイナースカード」、法人利用は子カード「ビジネス・アカウントカード」で引き落とし口座も使い分けることでき、利用明細も別ですので、管理しやすい法人カードとなっています。

ANAマイルを貯めたい、上位カードのブラックカードを狙っている、従業員に法人カードを発行せずに経営者本人だけが利用する方におすすめできる法人カードとなっています。

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードの特徴

  • ダイナースブランドとANAの提携カードであること
  • ANAマイル還元率1.0%
  • 入会ボーナス2,000マイル、継続ボーナス2,000マイル
  • フライトマイルボーナス25%
  • ANAカードマイルプラス提携店でマイル還元率2.0%
  • Edyチャージでマイル還元率0.5%
  • コンシェルジュデスクが利用できる
  • 限度額に一律の制限を設けていないこと
  • 高級レストランで2名様以上で1名様分無料、6名様以上の利用で2名様無料
  • レストランで会員限定のおもてなし
  • 国内の厳選されたホテル・旅館で優待
  • 海外のラグジュアリーホテルで優待
  • 国内空港ラウンジ無料
  • 850カ所以上の海外空港ラウンジ無料
  • 手荷物宅配1個無料
  • ポイント還元率0.4%
  • 海外旅行傷害保険最大1億円
  • 国内旅行傷害保険最大1億円
  • ショッピング保険最高500万円
法人カード名ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード
ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード
カード会社三井住友トラストクラブ株式会社
国際ブランドDiners
申込み対象個人事業主(年齢27歳以上),法人経営者(法人)(年齢27歳以上)
初年度年会費(税別)27,000円
2年目~年会費(税別)27,000円
年会費優遇条件アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要
追加カード/初年度年会費(税別)6,000円
追加カード/2年目~年会費(税別)6,000円
追加カード発行枚数制限無制限
ETCカード/初年度年会費(税別)0円
ETCカード/2年目~年会費(税別)0円
ETCカード発行枚数制限無制限
ショッピング限度額/下限一律の制限なし
ショッピング限度額/上限一律の制限なし
ポイント還元率/基本0.40%
ポイント還元率/上限0.80%
ポイント倍増方法●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
ポイントサイト経由●ダイナースクラブポイントモール
最大9.5倍
海外旅行障害保険最高10,000万円(自動付帯5,000万円・利用付帯5,000万円)
国内旅行傷害保険最高10,000万円(自動付帯)

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード公式サイトはこちら

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードのメリット

  • ダイナースブランドとANAの提携カードであること
  • ANAマイル還元率1.0%
  • 入会ボーナス2,000マイル、継続ボーナス2,000マイル
  • フライトマイルボーナス25%
  • ANAカードマイルプラス提携店でマイル還元率2.0%
  • Edyチャージでマイル還元率0.5%
  • コンシェルジュデスクが利用できる
  • 限度額に一律の制限を設けていないこと
  • 高級レストランで2名様以上で1名様分無料、6名様以上の利用で2名様無料
  • レストランで会員限定のおもてなし
  • 国内の厳選されたホテル・旅館で優待
  • 海外のラグジュアリーホテルで優待
  • 国内空港ラウンジ無料
  • 850カ所以上の海外空港ラウンジ無料
  • 手荷物宅配1個無料
  • 海外旅行傷害保険最大1億円
  • 国内旅行傷害保険最大1億円
  • ショッピング保険最高500万円

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードのデメリット

  • 年会費が高い
  • ポイント還元率は低めの設定
  • ビジネス向けの優待やサービスは少ない

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードがおすすめの方

  • ANAマイルを貯めたい方
  • 経営者本人のみが法人カードを利用する方
  • 個人カードとしての利用も検討したい方
  • 接待など営業的な仕事が多くなる企業経営者の方
  • 法人カードと言っても、対外的な信用や信頼性を重視する方
  • 海外や国内への出張が多い方
  • 高級レストランなどでの接待が多い方
ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード公式サイトはこちら

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードの分析評価

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードは

  • 個人カード:ダイナースブランドのANAとの提携カード「ANAダイナースカード」
  • 法人カード:追加カード「ビジネス・アカウントカード」

の組み合わせができる法人カードです。

メリットとしては

  • ANAマイルが貯まりやすい
  • ANAマイルを利用できる
  • さらに上位のカードがある

という点が挙げられます。

  • ANAマイル還元率1.0%
  • 入会ボーナス2,000マイル、継続ボーナス2,000マイル
  • フライトマイルボーナス25%
  • ANAカードマイルプラス提携店でマイル還元率2.0%
  • Edyチャージでマイル還元率0.5%

と、ANAマイルが貯まりやすい設計となっています。

個人カードでもあるのでプライベートな利用も可能ですし、法人カードとしての利用もできるのです。

さらに

ダイナースクラブビジネスカードには、上位カードがありませんが、ANAダイナースカードには、ANAダイナースカードプレミアムという上位カードがあるのです。

ダイナースクラブカードプレミアムは、ブラックカード扱いですので、ブラックカード狙いの方にもおすすめできる組み合わせと言っていいでしょう。

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードの年会費

年会費は27,000円(税別)と、追加カードのビジネス・アカウントカードの年会費2,000円(税別)が必要になります。法人カードの中では安くありませんが、コストパフォーマンスの高いクレジットカードと言えます。

初年度年会費(税別)27,000円
2年目~年会費(税別)27,000円
年会費優遇条件アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードの追加カードの年会費と発行枚数

追加カードの発行枚数は無制限で年会費が無料です。社員に何枚発行しても年会費がかからずに親カードと同じハイスペックなサービスが受けられる点で魅力的な法人カードと言えます。

追加カード/初年度年会費(税別)6,000円
追加カード/2年目~年会費(税別)6,000円
追加カード発行枚数制限無制限
ETCカード/初年度年会費(税別)0円
ETCカード/2年目~年会費(税別)0円
ETCカード発行枚数制限無制限

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードのショッピング限度額

ショッピングの限度額は「一律の制限なし」となっています。これは無制限に設定できるということではありません。「審査次第で設定します。」ということなのですが、ただし、収入が大きければ500万円ぐらいの限度額は設定できるケースが多いようです。

ショッピング限度額/下限一律の制限なし
ショッピング限度額/上限一律の制限なし

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードのキャッシング限度額

利用不可です。

キャッシング限度額/下限0円
キャッシング限度額/上限300万円
キャッシング利率15.00%~20.00%

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードのポイントプログラム

ポイントプログラム「ダイナースクラブ リワードポイント」が貯まります。100円でANAマイル1マイルが貯まるため、マイル還元率1.0%になります。ANAカードマイルプラス提携店でマイル還元率2.0%、Edyチャージでマイル還元率0.5%マイルが貯まりやすい設計となっています。

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードの保険

海外旅行傷害保険が最高1億円、国内旅行傷害保険が最高1億円、ショッピング保険が500万円と申し分のない保険金額と言えます。

海外旅行障害保険最高10,000万円(自動付帯5,000万円・利用付帯5,000万円)
国内旅行傷害保険最高10,000万円(自動付帯)
ショッピング保険500万円/海外・国内

ショッピング保険詳細

ショッピング保険付帯条件カード購入+90日間
ショッピング保険/海外最高500万円
ショッピング保険/国内最高500万円

海外旅行傷害保険詳細

海外旅行傷害保険付帯条件自動付帯(一部利用条件付)
海外旅行傷害保険/家族特約条件-
海外旅行傷害保険/死亡・後遺障害最高1億円
海外旅行傷害保険/傷害治療費用最高300万円
海外旅行傷害保険/疾病治療費用最高300万円
海外旅行傷害保険/賠償責任最高1億円
海外旅行傷害保険/携行品損害最高50万円
海外旅行傷害保険/救援者費用最高300万円
海外航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
海外航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)-
海外航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
海外航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-

国内旅行傷害保険詳細

国内旅行傷害保険付帯条件自動付帯(一部利用条件付)
国内旅行傷害保険/死亡・後遺障害最高1億円
国内旅行傷害保険/入院日額10,000円/日
国内旅行傷害保険/手術費用入院日額×倍率
国内旅行傷害保険/通院日額3,000円/日
国内航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
国内航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)-
国内航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
国内航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-

その他保険詳細

ライフアクシデントケア制度/空き巣被害見舞金-
犯罪被害障害保険/死亡・後遺障害-
犯罪被害障害保険/入院日額-
犯罪被害障害保険/通院日額-
シートベルト傷害保険/死亡・後遺障害-
カーアクシデントケア見舞金-

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードの空港関連サービス

国内主要空港ラウンジとハワイ・ホノルル空港ラウンジが利用できます。

空港ラウンジ海外○850カ所以上
空港ラウンジ国内
空港手荷物無料
空港ハイヤー送迎○片道分無料

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードのビジネスサポートサービス

Visaビジネスオファーがあるので、オフィス用品の優待や会計ソフト、福利厚生サービスの優待など基本的なものはそろっています。WEB明細編集機能があるため、WEB明細をご自身の利用したい形で分割してレポートすることも可能です。

WEB明細
経営管理レポート-
ビジネス情報データベース-
コンサルティング-
ビジネスラウンジ-
融資金利優待○キャッシング、パーソナルローン カードレス、カードローン
オフィス用品優待-
会計ソフト優待-
タクシーチケット-
福利厚生
宿泊・ホテル優待○国内高級ホテル優待/国内クラブホテルズ,海外高級ホテル優待/海外クラブホテルズ
レストラン優待○コース料理1名様無料
融資金利優待-
その他サービス所定のコース料理を2名様以上で1名様無料。6名様以上なら2名様分の料金が無料

ビジネス優待プログラム

ビジネス優待プログラム-

ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカードの支払方法

支払方法1回払い,ボーナス1回払い,リボ払い
リボ払い手数料(利息)15.00%
締日毎月15日
支払日翌月10日
支払いまでの猶予日数(最長)51日
ANAダイナースカード+ビジネス・アカウントカード公式サイトはこちら