目次


「アメックス法人カードでおすすめの法人カードを教えてほしい?」
「アメックスブランドの法人カードのメリットデメリットって何?」
「アメックスブランドの法人カードを選ぶときは何をポイントに選べば良いの?」
・・・

知っているようで知らないのが「アメックス」ブランドの法人カードの特徴です。今回はアメックス法人カードのメリットデメリット・選び方を徹底解説します。

そもそも、「国際ブランド」とは?

クレジットカード業界の構造

出典:法人カード比較コンシェル

クレジットカード業界は

  1. 国際ブランド
  2. アクワイアラー
  3. イシュアー

という3種類の役割を持った企業が連携して、クレジットカードを発行しています。

国際ブランド

決済する機能・システムを提供する会社のことを言います。

  • 「Visa」
  • 「MasterCard」
  • 「JCB」
  • 「American Express」
  • 「Diners」
  • 「UnionPay」

などがあります。

イシュアー

  • どのようなクレジットカードを作るのか?(企画)
  • どうやってクレジットカードの会員を増やすのか?(広告宣伝)
  • どんなサービスを提供するか?(提携)

などを行う会社のことを言います。

一般的に「クレジットカード会社」「カード会社」と呼ばれるのは「イシュアー」のことです。

  • 三井住友カード
  • クレディセゾン

などのカード会社が「イシュアー」にあたります。

アクワイアラー

  • 加盟店の新規開拓
  • 既存加盟店の問い合わせ対応

など、カード決済を導入したいお店側の開拓・管理を行う会社のことを言います。

「アクワイアラー」は、消費者向けに広告宣伝もしませんし、名前も出てこないので、一般的には知られていない会社ですが、日本の場合は「イシュアー」と「アクワイアラー」の両社の機能を「クレジットカード会社」が持っているケースが多いです。

そもそも、「アメックス」って何?

「アメックス(AMEX)」とは?

正式名称は「アメリカン・エキスプレス(American Express Company)」で、アメリカのクレジットカード会社です。1850年の創業され、旅行代理店業、トラベラーズチェック事業、クレジットカード事業、投資信託、保険業など、旅行分野と金融分野を中心に世界140カ国以上にサービス展開しているグローバル企業です。

日本では、外国会社「アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド(American Express International, Inc.)」がアメリカン・エキスプレス・カードを発行しています。

前述したクレジットカード会社の機能としては

  • 国際ブランド
  • イシュアー

の機能があり、

  • 「アメックス(AMEX)」ブランドのプロパーカードの発行
  • 「アメックス(AMEX)」ブランドを日本のクレジットカード会社(イシュアー)にライセンス提供(提携カード)

を行っているのです。

ちなみに「アメックス(AMEX)」の加盟店開拓、アクワイアラーの機能は「JCB」が行っています。

「アメックス(AMEX)」ブランドのプロパーカードでは

  • アメリカ系の航空会社
  • アメリカ系列のホテル

に絶対的な強みを持ち、独自のサービスなどが受けられる特徴があります。

アメックス法人カードを選ぶメリット

メリットその1.最大の強みは「旅行」「出張」関連のサービス

前述した通りで、アメリカン・エキスプレスは、旅行代理店業やトラベラーズチェック事業から、金融業に拡大した会社です。

いわば「旅行関連事業」が基盤となっているのです。

そのため、

  • アメリカ系列のホテルでの得点
  • 海外トラブルでのトラブル対応
  • 海外旅行傷害保険
  • 空港ラウンジ
  • 空港での手荷物宅配、ポーターサービス、送迎サービス
  • マイル
    ・・・

など、海外旅行、海外出張時の強みが、他のクレジットカード会社の追随を許さない「充実度」なのです。・

アメリカ国内では、アメックス法人カード自体に信用があり、様々なホテルやレストランで優遇を受けられるメリットがあります。

海外出張、海外旅行の機会が多い方には、うってつけの法人カードとなります。

メリットその2.日本でも高いステイタス性

  • 1917年に日本に事務所を開設
  • 1974年に日本円のトラベラーズチェック発行
  • 1980年にアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード発行

と、日本に上陸してから、ほかの日本のクレジットカード会社に先駆けて「ゴールドカード」を発行したのです。

他のクレジットカード会社は、アメリカン・エキスプレスのゴールドカードを真似して、多くのゴールドカード、プラチナカードを作るようになったのです。

アメリカン・エキスプレスは、ゴールドカードなどの富裕層向けのクレジットカード発行のパイオニアであり、高いシェアを現在も保っているため

アメリカン・エキスプレス = 富裕層/信頼がある/お金持ち

といった、「ステイタス性」が日本でも、醸成されていったのです。

ちなみに法人カードも、アメリカン・エキスプレスが先駆けて発行しているため、法人カード市場でも、高いシェアを誇っています。

高いステイタス性があるからこそ、

接待の場では

「信頼できる取引先だ。」

従業員からは

「社長のようになりたい。」

異性からは

「十分な資産力がある、かっこいい」

というようなイメージを与えられるメリットがあるのです。

接待の場で出す法人カードが年会費永年無料の法人カードであっても、アメリカン・エキスプレスのゴールドカードであっても、商談に影響する可能性が高いわけではありませんが・・・

10回に1回、20回に1回でも、カードのことで商談の支障をきたすのであれば、ステイタス性の高いアメックス法人カードを検証すべきと言えます。

とくに、クライアントの会社規模が大きくなれば、決裁権者は、十分な収入があり、アメリカン・エキスプレスなどのクレジットカードを保有している可能性も高く

  • 話の話題になる
  • 同じレベルと印象付けられる
  • 見下されない

などの効果が期待できるのです。

メリットその3.ハイレベルなコンシェルジュデスク

ゴールドカード、プラチナカードであれば「コンシェルジュデスク」のサービスが利用できます。

前述した通りで

富裕層がメインターゲットであるアメリカン・エキスプレスは

富裕層の悩み・課題を解決する「コンシェルジュデスク」のサービスに力を入れています。

  • 接待のレストランの手配
  • 旅行の手配
  • ホテルの手配
  • チケット・イベントの手配
  • 海外でのトラブル時のサポート
    ・・・

など、私設秘書として、カード保有者の代わりに、様々なサービスをしてくれるのです。

他のクレジットカード会社のゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードにも、「コンシェルジュデスク」サービスがありますが・・・

富裕層がメインターゲットとして、先駆けとしてサービス提供してきた、アメリカン・エキスプレスには、一日の長があるのです。

「コンシェルジュデスク」を使いたい方には、利用している富裕層が多く、対応事例も、ノウハウも格段に多い、アメックス法人カードがおすすめなのです。

メリットその4.審査が甘い

意外かもしれませんが、アメックス法人カードは審査が甘いのです。

起業直後でも、作れる可能性が高い法人カードとなっています。

理由は、簡単で

年会費が高額な分、取り敢えず限度額を抑えて(30万円程度)発行する

ことができるのです。

貸し倒れが発生したとしても、年会費の収入でカバーできるということです。

半年以上使い続けると、どんどん限度額が高くなっていく仕組みとなっています。

年会費永年無料のJCB法人カードや三井住友ビジネスカードの方が、何倍も法人カード審査は厳しいのです。

JCB法人カードや三井住友ビジネスカードの審査で落ちてしまった方は、アメックス法人カードをおすすめします。

アメックス法人カードを選ぶデメリット

デメリットその1.国内サービスは手薄

アメリカン・エキスプレスは、アメリカの会社ですので、当然ながら日本国内のサービスの特典は弱いのです。

また、お店がクレジット決済を導入する際には

  • Visa
  • Mastercaerd

のセットを申し込む方法

  • JCB
  • AMEX
  • ダイナースクラブ
  • ディスカバー

のセットを申し込む方法

の2つに分かれることが多く、多くの加盟店が両方を契約するとはいえ、どちらかを選ぶとなると、世界の二大ブランドである「Visa」「Mastercaerd」が選ばれやすく

加盟店によっては

「AMEXは使えません。」と言われてしまうのです。

デメリットその2.年会費は高額

アメックス法人カードのターゲットも「富裕層」「エグゼクティブ」です。

当然のことながら、「富裕層」「エグゼクティブ」向けのサービスを展開するということは、それに見合った年会費を支払う必要があるということになります。

法人カードの場合は、年会費と言っても、経費になりますし、年間数万円程度の支払いですので、大きな問題にはならないのですが、子カードを社員に発行するとなると話は変わってきます。

経営者自身が持つ法人カードとしては、多少年会費が高くても問題になりませんが、社員に持たせる法人カードとしては、コスト高になってしまうため、おすすめできないのです。

「アメックス法人カード」の選ぶポイント

プロパーカードか?提携カードか?

「アメックス法人カード」は、前述した通りで

  1. アメリカン・エキスプレスが発行するプロパーカード
  2. 他のクレジットカード会社がライセンス提供を受けて発行する提携カード

の2種類があります。

アメリカン・エキスプレスが発行するプロパーカード

他のクレジットカード会社がライセンス提供を受けて発行する提携カード

株式会社クレディセゾンが発行
三菱UFJニコス株式会社が発行

どちらにも一長一短があります。

アメリカン・エキスプレスが発行するプロパーカードのメリット

  • ハイレベルのプラチナカードがある
  • サービスの質が高い
  • プロパーカードの方がステイタス性は高い
  • プロパーカードはなくなる可能性が低い

他のクレジットカード会社がライセンス提供を受けて発行する提携カードのメリット

  • 年会費が安い
  • サービスの質もそこそこ高いので、コストパフォーマンスに優れる
  • ステイタス性はプロパーカードに劣るがクレジットカードに詳しくない人にはわからない

という違いがあるのです。

筆者の考えでは

法人カードの中でも最高レベルの「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード」を持ちたい、将来的に視野に入れている

のであれば

  • アメリカン・エキスプレスが発行するプロパーカード

質の高いサービスやステイタス性も重視するが、コストパフォーマンスも重視したい

のであれば

  • 他のクレジットカード会社がライセンス提供を受けて発行する提携カード

がおすすめです。

ここは意見が分かれるポイントですので、どちらが正解というものではありません。

筆者は、両方の法人カードを保有していますが、他のクレジットカード会社がライセンス提供を受けて発行する提携カードの「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」を好んで利用しています。

理由としては

  • 年会費が安い
  • コンシェルジュデスクの対応も良い
  • マイルが貯まりやすい
  • アメックスの提携カードとプロパーカードの違いを分かっている人はそれほど多くない

ことと、

  • 「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード」まではいらないかな

と思っているからです。

http://xn--lck0cth848i8p5a.xyz/category/review/saison_platinum_amex/

おすすめの「アメックス法人カード」

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

saison_platinum_card株式会社クレディセゾンが発行している法人カードのプラチナカードスペックのクレジットカードです。個人事業主や法人経営者向けのステイタスカードの法人カードとして人気が高くなっています。

大きな特徴としては「プラチナカードであること」「アメックスブランドであること」「プラチナカードとしてのスペック」「コンシェルジュデスクが利用できること」「限度額が大きめに設定できること」などが挙げられます。

年会費が高い一方、ハイスペックであるステイタス性が高いため、社員への追加カードの発行をせずに社長一人(もしくは数名の役員)が利用するケースなどで選ばれることが多い法人カードです。

コンシェルジュデスクや古城ホテル、有名レストランなどの優待もあるため、接待などで活躍する法人カードと言えるでしょう。何よりアメックスブランドでプラチナカードであることが、対外的な信頼性を醸成してくれる役割もあるのです。

キャンペーン情報

【新規入会】最大1,800ポイント(9,000円相当)プレゼント
 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

  • プラチナカードスペックの法人カード
  • コンシェルジュデスク
  • 接待や出張など役員・代表者クラスが持つとメリットが大きい
  • 高級レストランやホテルの優待プログラムが豊富
  • 手厚い入会キャンペーン
法人カード名セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
カード会社株式会社クレディセゾン
国際ブランドAMEX(アメックス)
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)20,000円
2年目~年会費(税別)20,000円
年会費優遇条件年間ショッピング利用額が200万円以上:次年度年会費10,000円
追加カード/初年度年会費(税別)3,000円
追加カード/2年目~年会費(税別)3,000円
追加カード発行枚数制限4枚
ETCカード/初年度年会費(税別)0円
ETCカード/2年目~年会費(税別)0円
ETCカード発行枚数制限4枚
ショッピング限度額/下限個別設定
ショッピング限度額/上限個別設定
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法●海外利用
海外利用:2倍
ポイントサイト経由●セゾンポイントモール
最大30倍
海外旅行障害保険最高10,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯)

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

amex_biz_gold_cardアメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.が発行している法人カードのゴールドカードスペックのクレジットカードです。個人事業主や法人経営者向けのステイタスカードの法人カードであり、アメックスのプロパーカードとして抜群の信頼性を誇ります。

大きな特徴としては「プロパーカードのゴールドカードであること」「アメックスブランドであること」「ゴールドカードとしてのスペック」「充実した経営支援サービス」「コンシェルジュデスクが利用できること」「限度額が大きめに設定できること」などが挙げられます。

年会費が高い一方、ハイスペックでステイタス性が高いため、社員への追加カードの発行をせずに社長一人(もしくは数名の役員)が利用するケースなどで選ばれることが多い法人カードです。

信頼性の高さで接待利用に活躍します。さらに、四半期での管理レポート、経営相談が可能なビジネス・コンサルティング・サービス、入札・落札公告情報、企業情報、新聞・雑誌記事、帝国データバンクなどの情報が入手できる「ジーサーチ」無料など、経営を支援してくれるサービスが充実している法人カードです。法人カードの元々の機能である経費削減だけでなく、経営自体のサポート機能も有しているため、中小企業、零細企業の法人経営者の方におすすめです。

キャンペーン情報

【入会後1年以内カード利用】30,000ポイント
【年会費特典】初年度年会費無料

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの特徴

  • ゴールドカードスペックの法人カード
  • アメックスブランドのプロパカードというステイタス
  • 入札・落札公告情報、企業情報、新聞・雑誌記事、帝国データバンクなどの情報が無料
  • ビジネス・コンサルティング・サービス
  • 四半期での管理レポート
法人カード名アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
カード会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
国際ブランドAMEX(アメックス)
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)31,000円
2年目~年会費(税別)31,000円
年会費優遇条件-
追加カード/初年度年会費(税別)12,000円
追加カード/2年目~年会費(税別)12,000円
追加カード発行枚数制限5枚
ETCカード/初年度年会費(税別)500円
ETCカード/2年目~年会費(税別)500円
ETCカード発行枚数制限5枚
ショッピング限度額/下限一律の制限なし
ショッピング限度額/上限一律の制限なし
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限5.00%
ポイント倍増方法●ボーナスポイント・パートナーズ
高島屋オンラインストア :2倍
じゃらん :2倍
Oisix (おいしっくす) :2倍
アイシティ:3倍
イモトのWiFi :5倍
レストラン・ホテル:2倍~10倍

●ぐるなび予約
来店人数×100ポイント

●メンバーシップ・リワード・プラス
ポイント交換レート:2倍
ポイントサイト経由●アメリカン・エキスプレス・オンラインモール
割引
海外旅行障害保険最高10,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

amex_biz_platinum_card アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.が発行している法人カードのプラチナカードスペックのクレジットカードです。個人事業主や法人経営者向けの最上級の法人カードであり、アメックスのプロパーカードとして抜群の信頼性を誇ります。

大きな特徴としては「プロパーカードのプラチナカードであること」「法人カードの中でも最上級のカードであること」「アメックスブランドであること」「プラチナカードとしてのスペック」「24時間コンシェルジュデス『プラチナ・セクレタリー・サービス』」「年1回、国内無料宿泊のフリー・ステイ・ギフト」「プライオリティ・パス無料付帯」「コース料理が1名様無料になる『ダイニング・アクセス』」「プレー代が無料になる『プリファード ゴルフ』」「プライベート・クルーズ」「海外旅行傷害保険最高1億円」「国内旅行傷害保険最高5000万円」「海外旅行傷害保険は家族特約あり」などが挙げられます。

年会費は13万円(税別)と法人カードの中でも格段に高額設定になっていますが、国内ホテルが1泊無料、レストランのコース料理が2名~4名の利用で1名分無料、ゴルフのプレー代が無料になるなど、無料になる優待サービスも多く、かつ4名まで無料で追加カードが発行できるため、活用の方法次第では、かなりお得に利用することができます。

また、24時間のコンシェルジュデスクやビジネス・プラチナ・ギフト・サポートなどがあるので、贈答品や接待、彼女とのデートなど、悩むことは一切ありません。いつでも、相談に気軽に乗ってくれます。

さらに、国内でいつでもクルーザーを利用できる「プライベート・クルーズ」やヘリコプターの優先予約ができる「ラグジュアリー・フライト」、会員制の一流ゴルフクラブをビジター料金で利用できる「プレミア・ゴルフ・アクセス」など、ラグジュアリーなエグゼクティブ向けサービスも多数揃えています。

対外的なステイタス性も申し分なく、法人カードの最上級カードと言っていいでしょう。年会費が高いといっても、月1万円強の費用負担なので、上記のサービスに興味がある方には、おすすめの法人カードとなっています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの特徴

  • プラチナスペックの法人カード
  • アメックスブランドのプロパカードというステイタス
  • 法人カードで最上位のカード
  • 国内ホテル1泊、レストランコース料理1名分、ゴルフのプレー代1名分、無料
  • 24時間体制の私設秘書サービス「プラチナ・セクレタリー・サービス」
法人カード名アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
カード会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
国際ブランドAMEX(アメックス)
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)130,000円
2年目~年会費(税別)130,000円
年会費優遇条件-
追加カード/初年度年会費(税別)0円
追加カード/2年目~年会費(税別)0円
追加カード発行枚数制限4枚
ETCカード/初年度年会費(税別)500円
ETCカード/2年目~年会費(税別)500円
ETCカード発行枚数制限5枚
ショッピング限度額/下限一律の制限なし
ショッピング限度額/上限一律の制限なし
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限5.00%
ポイント倍増方法●ボーナスポイント・パートナーズ
高島屋オンラインストア :2倍
じゃらん :2倍
Oisix (おいしっくす) :2倍
アイシティ:3倍
イモトのWiFi :5倍
レストラン・ホテル:2倍~10倍

●ぐるなび予約
来店人数×100ポイント

●メンバーシップ・リワード・プラス
ポイント交換レート:2倍
ポイントサイト経由●アメリカン・エキスプレス・オンラインモール
割引
海外旅行障害保険最高10,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード公式サイトはこちら

※経営者の方とご家族だけが特別なサービスを受けたい場合には、家族カードが年会費無料で4枚まで発行できる個人向けのクレジットカード「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」がおすすめです。審査も法人カードよりも、個人カードの方がハードルが下がります。 アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード公式サイトはこちら

「アメックス法人カード」比較

人気ランキング法人カード名初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)追加カード発行枚数制限ETCカード/2年目~年会費(税別)ショッピング限度額/上限キャッシング限度額/上限ポイント還元率/基本
3位セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
20,000円20,000円4枚0円個別設定300万円0.50%
5位MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
20,000円20,000円複数枚0円500万円-0.40%
10位アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
31,000円31,000円5枚500円一律の制限なし-0.50%
18位アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
130,000円130,000円4枚500円一律の制限なし-0.50%
26位アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
12,000円12,000円5枚500円一律の制限なし-0.50%
42位セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
0円1,000円4枚0円一律の制限なし-0.50%
51位MUFGカード・ゴールド・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・ゴールド・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
1,950円1,950円複数枚0円200万円-0.40%
52位MUFGカード・ゴールドプレステージ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・ゴールドプレステージ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
10,000円10,000円複数枚0円300万円-0.40%