platinum3128_128

プラチナカードの法人カードを比較する際の注意点やポイントを解説します。

1.法人プラチナカードは数が少ない

申込みが可能な法人プラチナカードというのはあまり数がありません。

そもそも、個人向けのクレジットカードでも、申込みが可能なプラチナカードは数が少ないので、法人カードになるとなおさら枚数が少ないのです。

2.重視すべきはステイタス性

法人プラチナカードを比較するときに重視したいのは「ステイタス性」です。

個人向けのプラチナカードであれば

  • 「友達・同僚・家族に自慢したい。」

というようなニーズが多いかと思いますが

法人プラチナカードの場合は「ステイタス性」は大きく実益に影響します。

  • 「接待などで取引先への信頼を高める」
  • 「飲み会などで従業員からの信頼を高める」

という効果というのは、売上向上や従業員の定着率の向上など、実際の経営に盈虚を与えるものの要因になりうるのです。

「接待の時に社長が一般カードでお会計している会社って信用できますか?」

当然、法人カードのランクで取引を決める方はいないものの・・・一つの要素にはなってしまうのが現実なのです。安物のスーツを着ている営業マンの営業成績が悪いのと同じです。

実例を挙げてお話をすると

申込みが可能な法人プラチナカードは下記の2つしかありません。

  1. セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  2. JCB法人カード/プラチナカード

では、どちらが「ステイタス性」が高いのでしょうか?

クレジットカードのことをよく知っている方であれば

プロパーカード(国際ブランドの会社が発行しているクレジットカード)のプラチナカードである「JCB法人カード/プラチナカード」と言うはずです。セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは提携カードなので、ステイタス性では若干劣る形になります。実際に年会費も「JCB法人カード/プラチナカード」の方が高いのです。

あまりクレジットカードのことを知らない方であれば

「アメックス」という名称や「アメックス」のカードデザインになっている「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」の方がステイタス性が高いと感じるはずです。

「ステイタス性」は数値で測れるものではありませんので、後はご自身がどちらを「ステイタス性が高いと感じるか?」で選んで良いかと思います。

3.空港ラウンジとコース1名無料

法人プラチナカードを比較するにあたって、良く利用するサービスというのがあります。

  1. 海外空港ラウンジ無料の「プライオリティ・パス」
  2. 有名レストランのコース1名様分無料

という2大特典です。

海外出張が多い方や海外旅行に良く行く社長・個人事業主の場合は、「プライオリティ・パス」はあった方が便利です。

接待が多い社長・役員・個人事業主の場合は、「2名様以上で来店時に有名レストランのコースが1名様分無料」になる特典が効果を発揮します。コースが5000円だとしても、月1回接待していればそれだけで年間6万円ものコスト削減になるからです。

それ以外のコンシェルジュデスクや海外旅行傷害保険などはプラチナカードであれば、はじめから十分なサービスが適用されている可能性が高いので、この2点を中心に比較するべきなのです。

法人プラチナカード比較

法人カード名国際ブランドカードランク2年目~年会費(税別)ショッピング限度額 上限空港ラウンジ海外レストラン優待
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
AMEX(アメックス)プラチナカード20,000円一律の制限なし○プライオリティパス(120ヵ国)
JCB法人カード/プラチナカード
JCB法人カード/プラチナカード
JCBプラチナカード30,000円個別設定○プライオリティパス(120ヵ国)○コース料理1名様無料
三井住友ビジネスカード/プラチナカード
三井住友ビジネスカード/プラチナカード
VISAプラチナカード50,000円500万円○プライオリティパス(120ヵ国)○コース料理1名様無料
三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード
三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード
VISAプラチナカード50,000円500万円-○コース料理1名様無料