man4128_128法人ETCカードの審査はどうなっているのでしょうか?ここでは法人カードの審査について解説します。

法人ETCカードの審査

法人ETCカードの審査は、法人ETCカードの発行主体によって異なります。

  1. クレジットカード会社が発行する法人カードに追加カードとして発行される法人ETCカード
  2. 高速道路会社が発行するクレジット機能のない法人ETCカード

で審査が異なるのです。

クレジットカード会社が発行する法人カードに追加カードとして発行される法人ETCカードの審査

クレジットカード会社が発行する法人カードに追加カードとして発行される法人ETCカードの場合は

法人カードの審査に通れば、法人ETCカードの発行に関する審査はない

ことになります。本体の「法人カードの審査が通るかどうか?」にかかっていると言えます。

法人カード審査の基本

法人カード審査では

  • 会社が実態あることの証明
  • 事業歴
  • 他社借入状況
  • クレジットヒストリー
  • 法人代表者自身の個人信用情報/クレジットヒストリー
  • 資本金
  • 業種
  • 従業員数

が重要視されます。

会社の実態が証明できれば、つまり「会社HPがあり、固定電話があり、オフィスを構えて」いれば法人カードは作れる可能性が高くなります。法人カードが作れれば、法人ETCカードも作れるということです。

起業直後でも作れる法人カード作成体験談

ただし、法人カードによっては事業歴を重視するケースもあるので、法人カード選びは間違えないようにしましょう。

高速道路会社が発行するクレジット機能のない法人ETCカードの審査

高速道路会社が発行するクレジット機能のない法人ETCカードでは、審査はほぼありません。

というのも、クレジット機能のある法人カードに追加カードとして発行される法人ETCカードの場合は、カード利用時点から引き落としまでの1ヶ月~2ヶ月の間はクレジットカード会社がカード利用額を立て替えている状態になります。

だから、貸し倒れにならないように会社や個人事業主の信用を審査するのです。

しかし、高速道路会社が発行するクレジット機能のない法人ETCカードの場合は、請求書による請求になります。さらに法人ETCカード発行時=入会時には1社1万円程度のデポジット(保証金)を入金が必要になります。

このデポジット(保証金)は、請求書によるETC利用料金の支払いがされない場合に、こちらから取り崩されることになる出資金のことで、解約・退会時には返還されるものです。

デポジット(保証金)があるため、高速道路会社には貸し倒れリスクはありません。結果として、高速道路会社が発行するクレジット機能のない法人ETCカードでは、審査がほぼなく法人ETCカードが発行されるのです。

まとめ

クレジットカード会社が発行する法人カードに追加カードとして発行される法人ETCカード

→ 法人カードの審査が必要。会社の実態の証明が重要

高速道路会社が発行するクレジット機能のない法人ETCカード

→ ほぼ審査なしで法人ETCカードが発行可能