etc2128_128法人ETCカードとはどういうものを意味するのでしょうか?

法人ETCカードとは

法人ETCカードは、法人カードに付帯されて発行されるETCカードのことです。

法人ETCカードは何に使うのか?

ETCカードであることは変わりがないので、ETC車載器にカードを指して、高速道路などの有料道路のETCレーンを通過すると、支払いが自動的に法人カードで決済されるのです。

法人カードの引き落とし口座は法人口座なので、法人口座から引き落としされることになります。

会社の経費として有料道路の通行料金を引き落とすことができるのが、法人ETCカードなのです。

実際に会社や個人事業で車を使うケースというのは少なくありません。

例えば

  • 営業に車を使う
  • 接待に車を使う
  • 出張に車を使う
  • 調査に車を使う
  • 運送に車を使う
  • イベントに車を使う
    ・・・

と、運送業をしている会社だけの問題ではないのです。地方へ営業をする会社、現地に行く必要がある不動産会社、出張で相談に乗る弁護士など・・・

色々なシーンで事業に車を使うケースが出てくるのです。

当然、車を事業で使う場合には高速道路などの有料道路を通行する機会も増えてくるため、法人ETCカードが活躍することになるのです。

法人ETCカードを使うメリット

法人ETCカードでなく、料金所で支払って、後で経費精算することも可能ですが、法人ETCカードを使うことには大きなメリットがあるのです。

  • 料金所の待ち時間のロスを減らす = 仕事の効率アップ
  • 法人カードのポイントが貯まる = 雑収入の増加
  • ETCカードの高速料金割引でコストを削減する = コスト削減
  • 経費管理を簡単にする = 経理業務を簡素化
  • ビジネス利用のサービスの優待特典がある
  • ETCカードは無制限で発行可能
  • ETCカードごとの利用状況をウェブ明細で管理ができる = 経費の見える化
    ・・・

などのメリットがあるのです。

しかも法人ETCカードは、法人カードの付帯して発行する追加カードなので、格安の法人カードであれば、発行手数料無料、年会費無料で発行することが可能です。

完全に無料で法人ETCカードを発行する方法

また、発行枚数も無制限に発行できるものがあるので、法人カードは一枚だったとしても、車の台数分、社員数分、発行することも可能なのです。

まとめ

法人ETCカードは無料で発行できて、かつメリットが豊富になる決済用カードです。

法人ETCカードを使う場合には、法人カードのスペックではなく、追加カードである法人ETCカードのスペックを見て、比較検討することをおすすめします。