doctor128_128

法人カードを持つメリットというのは何があるのでしょうか?法人カードのメリットについて解説します。

1.経費の支払いがクレジットカードでできる

最近では、インターネット系のサービスを中心として、クラウドワークスやフリー、アドワーズやオーバーチュアなど、企業が利用するサービスもクレジットカード決済で支払う必要があるものが増えてきまています。銀行振込みでサービスを利用することもできるのですが、その場合サービスを利用できるまでに時間がかかってしまい、本当に必要なタイミングでサービスを利用できないこともあるのです。

法人カードがあれば、法人名義でクレジットカード支払いが可能なるメリットがあります。

2.経費管理が簡単になる。経理の作業時間軽減・ミスの軽減

通常、社員が経費を立て替える場合には、領収書を受け取って、経費の申請書を書いて、上司に承認してもらうというようなフローが必要になります。立て替えるお金がなければ、経理からお金を預かるための書類が必要なケースもあります。

毎回、書類の作成、チェック、現金の受け渡し、などが発生するため一回一回の作業時間は短くても経費利用が多くなる、経理・総務・労務などのバックオフィスの作業は積み上がってしまうのです。

法人カードがあれば、都度承認作業をしなくても、法人カードには履歴が残ります。どの子カードが何にいついくら使ったのか?がわかるようになるのです。

法人カードがあっても、金額によっては上司に承認を得る必要が出てくるかもしれませんが、一定のラインで自分の判断で経費利用ができるのであれば、経費を利用する方も、経理も、作業時間を短縮することができるのです。直接の現金によるやりとりも発生しないため、ミスやトラブルも減ることになります。

3.コスト削減

法人カードでの経費支払いを徹底すれば、WEB明細をチェックすることで、「何にいくら使っているのか?」が見える化できます。経営者側で無駄をチェックすることができるのです。結果としてコスト削減を実現するための、重要なデータとして機能するのです。

4.トラブル回避

社員と会社での現金のやりとりは思わぬトラブルを生んでしまいます。立替で経費を支払っていたんだけど、お金を受け取っていない。多くお金を請求しているとか、最悪の場合はトラブルに発生してしまうこともあるのです。

法人カードはすべて履歴が残るところに大きなメリットがあると言えるのです。

5.優待サービスの利用

法人カードには、ビジネス向けの優待サービスというのが付帯されています。事務用品の通販、宅配サービス、レンタカー、経理ソフト、福利厚生サービスなどが○%OFFで利用できるのです。

6.個人向けのサービスの利用

法人カードと言っても、クレジットカードの一種です。法人カードによっては、個人向けのサービスが充実しているものもあり、ビジネス利用でも活躍するのです。

例えば

  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • ショッピング保険
  • コンシェルジュデスク
  • レストラン優待
  • ホテル優待
  • 空港ラウンジ無料
  • 空港送迎
    ・・・

と接待や出張時にも活躍するサービスが色々とあるのです。

7.ポイントが貯まる

法人カードによってはポイントが貯まるものも少なくありません。

個人利用よりも、会社での経費利用の方が断然クレジットカードの利用額は増えるはずです。

毎月50万円のネット広告に出稿している零細企業vがあったとしても、それだけで年間600万円です。ポイント還元率が0.5%だとしても、3万円分のポイントが毎年入ってくる計算になるのです。

これもバカにならないメリットなのです。

8.個人事業主なら事業資金のキャッシングも可能

個人事業主の場合は法人カードでキャッシングすることも可能です。事業用の資金調達が可能になります。ただし、法人経営者向けの法人カードにはキャッシング機能はないため、注意が必要です。

9.資金繰りが改善する

経費の支払いが法人カードであれば引き落としまでの猶予が1ヶ月~2ヶ月できることになります。多くの法人カードではその月の月末に支払いが確定し、翌月末に法人の銀行口座から引き落とされます。2か月分のキャッシュフローの改善は資金繰りの改善に大きく寄与してくれるのです。