calendar128_128法人カードに限らず、クレジットカードにはショッピング保険が付帯されるカードがあります。ショッピング保険でお得になる法人カードを照会します。

ショッピング保険とは

法人カードを持っているカード会員が、そのカードを使って買い物をした場合、その商品に「火災・破裂・爆発・破損・盗難」などの事故が起きた場合に、その商品の金額が保険金で支払われるものです。

例えば

  • 法人カードで購入したパソコンが盗まれた
  • 法人カードで購入したパソコンが壊れた
  • 法人カードで購入したパソコンが火災にあって使えなくなった
    ・・・

というケースで、この購入したパソコンの費用がショッピング保険により、補償されることになります。

パソコンであれば、壊れた場合の補償はメーカーの保証がついているかと思いますが、火災にあった場合、盗難に遭った場合は補償されないのです。

保険金を申請するためには

  • 破損事故 → 修理費見積書・損害状況写真・売上票(お客さま控)
  • 盗難事故 → 盗難届出証明書(警察で発行)・売上票(お客さま控)
  • 火災事故 → 罹災証明・修理費見積書・損害状況写真・売上票(お客さま控)

などの証拠、証明が必要となります。カード払いの時のお客様控えが必要になるので、保管しておくことをおすすめします。

また、メーカーの保証がないオフィスのソファーやテーブル、机やいすなどの場合は、ショッピング保険でカバーする必要があるのです。

オフィス家具は個人のものと比較して、高額になるケースが多く、購入直後に事故にあってしまったら、その損失を会社が被るとなると泣くに泣けません。経営の資金繰りに影響することすら考えられるのです。

会社経営者としては万が一のリスクヘッジのためにも、ショッピング保険が充実した法人カードで購入するという方法も選択肢の一つとして検討する必要があるのです。

ショッピング保険の支払いがされないケース

対象外の商品

※持っている法人カードによって多少違いはありますが、おおむねこのようなラインナップになります。

  • 現金、手形、小切手、株券、債券その他の有価証券、印紙、切手、プリペイドカード、乗車券(鉄道・船舶・航空機の乗車船券・定期券、宿泊券、観光券、および旅行券)、旅行者用の小切手およびあらゆる種類のチケットその他これらに類するもの
  • 食料品
  • 稿本・設計書、図案、帳簿その他これらに類するもの
  • 船舶(ヨット・モーターボート・水上オートバイ・ボートおよびカヌーを含みます)、航空機、自動車、自動二輪車、原動機付自転車、雪上オートバイ、ゴーカートおよびこれらの付属品
  • 自転車、ハンググライダー、パラグライダー、サーフボード、ウィンドサーフィン、セーリングボ-ド、ボディボード、水上スキー、ラジオコントロール模型その他これらに類するものおよびこれらの付属品
  • 移動電話・ポケットベル等の携帯式通信機器、ノート型パソコン・ワープロ等の携帯式電子事務機器およびこれらの付属品
  • 義歯、義肢、眼鏡、コンタクトレンズ、補聴器その他これらに類するもの
  • 動物および植物等の生物
  • 書画、骨董、彫刻、美術品その他これらに類するもの
  • テープ、カード、ディスク、ドラム等のコンピュータ用の記録媒体に記録されているプログラム、データその他これらに類するもの
  • 不動産および不動産に準じるもの
  • 会員が第三者に販売する目的で購入した商品
  • 他人より委託されて購入した商品

対象外の事故

※持っている法人カードによって多少違いはありますが、おおむねこのようなラインナップになります。

  • 会員または保険金を受取る方の故意または重大な過失に起因する損害
  • 保険の目的の摩耗、使用による品質もしくは機能の低下、虫害、ねずみ食い、または性質によるむれ、かび、変質、変色、さび、もしくは腐食によって生じた損害
  • 商品の瑕疵、製作の欠陥による損害
  • 戦争、暴動、その他の事変に起因する損害
  • 国または公権力の行使に起因する損害
  • 核燃料物質に起因する損害
  • 紛失または置き忘れ(置き忘れ後に生じた盗難も含む)に起因する損害
  • 水災、地震もしくは噴火に起因またはこれらに随伴して生じた損害
  • 詐欺または横領に起因する損害
  • 故障による損害
  • 商品の誤った使用に起因する損害
  • 商品の配送中に生じた損害
  • 管球類の単独損害
  • 商品機能に直接関係のない汚損、擦損、塗料の剥落、その他外形上の損傷
  • 楽器の音色・音質の変化、弦の切断等の損害
  • 原因のいかんを問わず、温度、湿度の変化または空気の乾燥等により生じた損害
  • 商品の保管場所において、普通能力のある満15才以上の者の不在時に生じた損害(不在期間が引き続き72時間を超えない場合を除きます)

ショッピング保険で法人カードを選ぶときの決め手は?

  1. 限度額
  2. 国内/海外
  3. 保証期間

の3つのポイントで法人カード比較することになります。

1.限度額

限度額というのは、1年間のうちにショッピング保険で補償できる金額の上限値です。当然、高ければ高いほどリスクは減りますが、限度額が高い法人カードは年会費も高く設定されます。

2.国内/海外

法人カードによっては、「国内で購入したものだけショッピング保険が適用される」または「海外で購入したものだけショッピング保険が適用される」、「国内でも海外でも購入したものはショッピング保険が適用される」ものがあります。法人カードの場合、海外で買物をするケースというのはあまり多くないので、国内でショッピング保険が適用される法人カードを選ぶと良いでしょう。

3.保証期間

カード購入をして何日が経過するまで保険が適用されるかという保証期間のことです。90日という保証期間が設定されるのが一般的です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは120日間の保証期間

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、他の法人カードは90日の保証期間ですが、120日間の保証期間が設定されています。

これはかなり珍しい法人カードと言えます。

3か月か、4か月かの違いですが、1ヶ月の違いというのはばかにできないものなのです。

法人カードの場合は、会社の備品やオフィス家具、PC機器などある程度の数のものを購入するケースが多い為、事故による損失発生のリスクを少しでも軽減するためには、1ヶ月の違いは大きいのです。

また、個人事業主や経営者本人がプライベートな買い物をするケースでは、高額なものを購入する人が多い為、ショッピング保険の補償は充実しているものを選ぶべきなのです。

他の法人カードよりも、常に1ヶ月長い保証期間が適用されるので、ショッピング保険を重視したい会社経営者の方、個人事業主の方には、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめなのです。

限度額も300万円と十分に高額な補償に対応可能です。

120日間の保証期間が付帯されているおすすめ法人カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

saison_platinum_card株式会社クレディセゾンが発行している法人カードのプラチナカードスペックのクレジットカードです。個人事業主や法人経営者向けのステイタスカードの法人カードとして人気が高くなっています。

大きな特徴としては「プラチナカードであること」「アメックスブランドであること」「プラチナカードとしてのスペック」「コンシェルジュデスクが利用できること」「限度額が大きめに設定できること」などが挙げられます。

年会費が高い一方、ハイスペックであるステイタス性が高いため、社員への追加カードの発行をせずに社長一人(もしくは数名の役員)が利用するケースなどで選ばれることが多い法人カードです。

コンシェルジュデスクや古城ホテル、有名レストランなどの優待もあるため、接待などで活躍する法人カードと言えるでしょう。何よりアメックスブランドでプラチナカードであることが、対外的な信頼性を醸成してくれる役割もあるのです。

キャンペーン情報

【常時】200万円以上利用で次年度年会費10,000円

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

  • プラチナカードスペックの法人カード
  • コンシェルジュデスク
  • 限度額が一律の制限なし
  • 接待や出張など役員・代表者クラスが持つとメリットが大きい
  • 高級レストランやホテルの優待プログラムが豊富
  • 手厚い入会キャンペーン
法人カード名セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
カード会社クレディセゾン
国際ブランドAMEX(アメックス)
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)20,000円
2年目~年会費(税別)20,000円
年会費優遇条件年間ショッピング利用額が200万円以上:次年度年会費10,000円
追加カード 初年度年会費(税別)3,000円
追加カード 2年目~年会費(税別)3,000円
追加カード発行枚数制限4枚
ETCカード 初年度年会費(税別)0円
ETCカード 2年目~年会費(税別)0円
ETCカード発行枚数制限4枚
ショッピング限度額 下限一律の制限なし
ショッピング限度額 上限一律の制限なし
ポイント還元率0.50%

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら