目次


「法人カードの審査に落ちた。」という経営者は、かなりの数います。実際に私も会社設立直後に申し込んだ法人カードは、2社審査落ちしています。個人のクレジットカードと比較して、法人カードの審査が厳しいのは事実です。では、その厳しい法人カード審査の中でも、、審査に通りやすい法人カードはどれになるのでしょうか?今回は審査の甘い法人カードランキングで紹介します。

法人カード審査が厳しい理由

法人カードの審査が個人向けのクレジットカード審査と比較して、審査が厳しくなる理由は

個人よりも、法人が倒産したときの影響が大きい

からです。

法人カードも契約主体は個人(会社経営者・個人事業主)になります。

しかし、会社が倒産してしまった場合、経営者も借金返済の目途が立たず、自己破産してしまうケースがあるのです。自己破産されてしまえば、カード会社には「貸し倒れ損失」が発生してしまいます。

個人のクレジットカードの場合は

基本的には会社員がほとんどですので、会社員は会社をクビになったとしても、借金が発生するわけではないため、別の会社に転職しても、フリーランスで働いても、クレジットカードの1カ月分、2カ月分ぐらいは払えるのです。

貸し倒れリスクが「個人向けのクレジットカード」よりも「法人カード」の方が大きいために

「法人カード」の審査は「個人向けのクレジットカード」よりも厳しい

ことになるのです。

法人カードを提供しているクレジットカード会社は、契約相手である個人の審査はもちろんですが、会社の経営状態の審査もしなければなりません。

結果的に

  • 起業間もない
  • 売上が小さい
  • 赤字決算

会社は、法人カード審査に落ちてしまうのです。

ただし、すべての法人カードが審査が厳しいわけではありません。

法人の経費利用の方が、個人のプライベート利用よりも、利用額が大きくなるケースが多いため、「貸し倒れリスク」が大きいというデメリットがある反面、「利用額が大きいので決済手数料収入も大きい」というメリットがあるのです。

では、実体験も含めて、審査の甘い法人クレジットカードを紹介していきます。

審査の甘い法人カードランキング

1位:EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)

orico_ex_biz_m_card

株式会社オリエントコーポレーション「オリコ」が発行している法人カードの一般カードスペックのクレジットカードです。EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)は法人経営者専用の法人カードです。

大きな特徴としては「初年度年会費無料の法人カードであること」「ゴールドカードで2年目以降の年会費も2,000円(税抜)と格安なこと」「手厚いキャンペーンがあること」「法人ETCカードも年会費無料であること」「Mastercardコンタクトレス・Visaタッチ決済の2つのコンタクトレス決済搭載」などが挙げられます。

起業間もないスタートアップの企業経営者の方も、中小零細企業の経営者の方も、年会費の負担なく持てる法人カードとしておすすめです。また、法人経営者の法人カードですので、キャッシング枠はありませんが追加カードは最大3枚まで発行可能です。

キャンペーン情報

【期間限定】入会で最大4,000円分のポイント

【常時】初年度年会費無料

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)の特徴

  • 初年度年会費無料の法人カード
  • ゴールドカードスペック
  • 2年目以降の年会費も2,000円(税抜)と格安
  • ポイント還元率0.5%は法人カードの中ではトップクラスの高さ
  • 起業直後の方でも発行できる可能性の高い法人カード
  • 手厚い入会キャンペーン
法人カード名EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)
EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)
カード会社株式会社オリエントコーポレーション
国際ブランドVISA,Mastercard
申込み対象法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)2,000円
年会費優遇条件-
追加カード/初年度年会費(税別)0円
追加カード/2年目~年会費(税別)0円
追加カード発行枚数制限3枚
ETCカード/初年度年会費(税別)0円
ETCカード/2年目~年会費(税別)0円
ETCカード発行枚数制限3枚
ショッピング限度額/下限10万円
ショッピング限度額/上限300万円
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.10%
ポイント倍増方法●クラステージ
200万円利用・翌年:2倍
●法人カード
翌年:+20%
ポイントサイト経由●オリコモール
最大15倍
海外旅行障害保険最高5,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)公式サイトはこちら

審査の甘い理由

実際、筆者が起業間もないころに審査が通った法人カードです。起業直後に法人口座を開設すると同時に、法人カードの作ろうとしたのですが、JCB法人カードであえなく審査落ちしてしまって、そのときの取引先に相談したところ「オリコさんなら審査通るみたいですよ。」とアドバイスをいただき、作ったのがこの法人カードです。

無事、法人カードの審査も通りましたし、限度額も200万円を設定してもらえたので、6期目を迎えた現在も、愛用している法人カードとなっています。

起業直後でも作れる法人カード作成体験談

経営者の私が実際に使っている法人カード使い勝手と作り方体験レビュー

2位:アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

amex_biz_gold_cardアメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.が発行している法人カードのゴールドカードスペックのクレジットカードです。個人事業主や法人経営者向けのステイタスカードの法人カードであり、アメックスのプロパーカードとして抜群の信頼性を誇ります。

大きな特徴としては「プロパーカードのゴールドカードであること」「アメックスブランドであること」「ゴールドカードとしてのスペック」「充実した経営支援サービス」「コンシェルジュデスクが利用できること」「限度額が大きめに設定できること」などが挙げられます。

年会費が高い一方、ハイスペックでステイタス性が高いため、社員への追加カードの発行をせずに社長一人(もしくは数名の役員)が利用するケースなどで選ばれることが多い法人カードです。

信頼性の高さで接待利用に活躍します。さらに、四半期での管理レポート、経営相談が可能なビジネス・コンサルティング・サービス、入札・落札公告情報、企業情報、新聞・雑誌記事、帝国データバンクなどの情報が入手できる「ジーサーチ」無料など、経営を支援してくれるサービスが充実している法人カードです。法人カードの元々の機能である経費削減だけでなく、経営自体のサポート機能も有しているため、中小企業、零細企業の法人経営者の方におすすめです。

キャンペーン情報

初年度年会費無料

年200万円(税込)以上の利用で30,000ポイント

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

  • ゴールドカードスペックの法人カード
  • アメックスブランドのプロパカードというステイタス
  • 入札・落札公告情報、企業情報、新聞・雑誌記事、帝国データバンクなどの情報が無料
  • ビジネス・コンサルティング・サービス
  • 四半期での管理レポート
法人カード名アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
カード会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
国際ブランドAMEX(アメックス)
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)31,000円
2年目~年会費(税別)31,000円
年会費優遇条件-
追加カード/初年度年会費(税別)12,000円
追加カード/2年目~年会費(税別)12,000円
追加カード発行枚数制限5枚
ETCカード/初年度年会費(税別)500円
ETCカード/2年目~年会費(税別)500円
ETCカード発行枚数制限5枚
ショッピング限度額/下限一律の制限なし
ショッピング限度額/上限一律の制限なし
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限5.00%
ポイント倍増方法●ボーナスポイント・パートナーズ
高島屋オンラインストア :2倍
じゃらん :2倍
Oisix (おいしっくす) :2倍
アイシティ:3倍
イモトのWiFi :5倍
レストラン・ホテル:2倍~10倍

●ぐるなび予約
来店人数×100ポイント

●メンバーシップ・リワード・プラス
ポイント交換レート:2倍
ポイントサイト経由●アメリカン・エキスプレス・オンラインモール
割引
海外旅行障害保険最高10,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード公式サイトはこちら

審査の甘い理由

一見すると

「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」なんて、審査が厳しいに決まってるじゃん。

と思ってしまいがちですが、外資系のクレジットカード会社というのは、日本のクレジットカード会社とは、審査の考え方が全く違うのです。

外資系のクレジットカード会社の考え方
  • 年会費が高額なのだから、よほどの方以外には法人カードを発行して良い
  • その代わり、はじめの半年間の限度額は低額に抑える
  • 半年間の利用と支払の状況を確認した上で、徐々に増額していく

→ 「貸し倒れ」になっても、年会費収入が高額であることと、限度額を低額に抑えているので経営的なダメージはない

と考えるのです。

実際に「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」は

  • 年会費:31,000円
  • 発行後半年間の設定限度額:30万円

でした。

「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」は、限度額に「一律の制限なし」と書かれているため、「無制限に借りられる」と勘違いされている方も多いのですが、「一律の制限なし」というのは、「個人個人の信用力・クレジットスコアによって、個別に限度額を設定しています。」ということを意味します。

実際に高額な限度額が設定されるイメージがありますが、筆者本人が「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」を作ったら、限度額は30万円でした。

年会費が高額で、限度額が抑えられているからこそ、審査が甘い法人カードとなっているのです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを実際に作ってみました。カード発行までの日数と申込の流れ

3位:ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード

ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード

lifecard_biz_light_ippan_card ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード は、ライフカード株式会社発行している法人カードの一般カードスペックのクレジットカードです。最大の特徴は年会費が永年無料の希少な法人カードということです。コストをかけたくない法人経営者の方や個人事業主の方に人気があります。

大きな特徴としては「年会費永年無料の法人カードであること」「最短4営業日で発行可能」「WEB完結で申込可能」「決算書の提出不要」「開業間もない会社、副業、フリーランスの方も発行可能」「法人ETCカードも、追加カードも、年会費永年無料」「VISAブランドであればVisaビジネスオファーが利用できること」「ショッピング限度額が最大200万円と高い」などが挙げられます。

ポイントが付与されないというデメリットがありますが、本来、法人カード審査が通りにくい、起業間もない会社やフリーランスの方でも、発行可能で、最短4営業日で発行可能な「作りやすさ」が売りの法人カードとなっています。

ポイント付与や付帯サービスは、ほぼありませんが、スタートアップの企業から、中小零細企業、個人事業主の方も、年会費の負担なく持てる法人カードとしておすすめです。

ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カードの特徴

  • 年会費永年無料の法人カードであること
  • 短4営業日で発行可能
  • WEB完結で申込可能
  • 決算書の提出不要
  • 開業間もない会社、副業、フリーランスの方も発行可能
  • 法人ETCカードも、追加カードも、年会費永年無料
  • VISAブランドであればVisaビジネスオファーが利用できること
  • ショッピング限度額が最大200万円と高い
法人カード名ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード
ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード
カード会社ライフカード株式会社
国際ブランドVISA,Mastercard,JCB
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
年会費優遇条件-
追加カード/初年度年会費(税別)0円
追加カード/2年目~年会費(税別)0円
追加カード発行枚数制限3枚
ETCカード/初年度年会費(税別)0円
ETCカード/2年目~年会費(税別)0円
ETCカード発行枚数制限1枚
ショッピング限度額/下限10万円
ショッピング限度額/上限200万円
ポイント還元率/基本0.00%
ポイント還元率/上限0.00%
ポイント倍増方法-
ポイントサイト経由●L-Mall(エルモール)
最大25倍
海外旅行障害保険-
国内旅行傷害保険-

ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード公式サイトはこちら

審査の甘い理由

「ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード」はわかりやすく、ウェブサイト上にも

  • 決算書不要!審査書類は本人確認書類のみ
  • 会社設立・開業すぐでも申込OK
  • フリーランス・副業の方にもおすすめ

と書かれています。

当然、「審査が甘い」ことを遠回しにアピールしています。

「ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード」の審査が甘い理由はほかにもあります。

ポイント付与がない(ポイント還元率:0%)

なので

決済手数料を顧客に還元しない

のです。

顧客目線では、ポイントが貯まらないというデメリットがあるものの

決済手数料収入が顧客に還元しない分、増えるので、許容できる貸し倒れリスクも大きくなる = 審査が甘くなる

というメリットにもなるのです。

「ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード」は、ポイントがないことを我慢すれば、審査の甘い法人カードであり、年会費永年無料で取得できるため、起業間もない会社の経営者におすすめできる法人カードとなっています。

4位.セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

saison_perl_card株式会社クレディセゾンが発行している法人カードの一般カードスペックのクレジットカードです。アメックスブランドですが発行主体はクレディセゾンですので提携カードという位置付けであり、ステイタスはそれほど高くありません。ただし、知らない方にとってはアメックスブランドが全面に押し出された法人カードですので、個人事業主や法人経営者向けのステイタスカードの法人カードとして人気が高くなっています。

大きな特徴としては「初年度年会費無料」「年1回の利用で次年度年会費無料」「最短3営業日発行ができる法人カードであること」「アメックスブランドであること」「海外利用でポイント2倍」「西友、リヴィンで5日、20日は5%OFF」「旅行代金8%OFF」「wifiルーターレンタル優待価格」などが挙げられます。

年1回の利用で次年度年会費無料ですので、実質年会費永年無料の法人カードということになります。また、セゾンカウンターでの受取が選択できないので即日発行はできませんが、最短3営業日発行も法人カードの中でかなり早い発行スピードです。

「今すぐ、法人カードを作りたい。」という方におすすめできる法人カードとなっています。それほどステイタス性が高い法人カードではありませんが、券面デザインもアメックスブランドですので、実質年会費永年無料の法人カードにしては、ステイタス性が演出しやすい点もおすすめできます。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

  • 一般カードスペックの提携カード
  • ポイント還元率は0.5%と一般的
  • ビジネス優待などはない
  • 初年度年会費無料
  • 年1回の利用で次年度年会費無料
  • 最短3営業日発行ができる法人カードであること
  • アメックスブランドであること
  • 海外利用でポイント2倍
  • 西友、リヴィンで5日、20日は5%OFF
  • 旅行代金8%OFF
  • wifiルーターレンタル優待価格
法人カード名セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
カード会社株式会社クレディセゾン
国際ブランドAMEX(アメックス)
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)1,000円
年会費優遇条件1年間に1回以上のご利用で次年度年会費無料
追加カード/初年度年会費(税別)0円
追加カード/2年目~年会費(税別)0円
追加カード発行枚数制限4枚
ETCカード/初年度年会費(税別)0円
ETCカード/2年目~年会費(税別)0円
ETCカード発行枚数制限4枚
ショッピング限度額/下限一律の制限なし
ショッピング限度額/上限一律の制限なし
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法●海外利用
海外利用:2倍
ポイントサイト経由●セゾンポイントモール
最大30倍
海外旅行障害保険-
国内旅行傷害保険-

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

審査の甘い理由

「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」は、法人のみが利用できる「法人カード」ではなく、「個人向けのクレジットカードだけど引き落とし口座に法人口座も設定できるよ。」というスタンスの法人カードです。

法人カードの特別な審査があるわけではなく、個人向けのクレジットカードと同じ審査になってくるのです。

個人向けのクレジットカードよりも、法人カードの方が審査が厳しいのですが・・・

「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」に関しては、個人向けのクレジットカード用の審査基準ですので、他の法人カードよりは審査が甘くなっているのです。

上記の法人カードでも、審査が通らない方におすすめできる法人カードです。

5位.P-one Business MasterCard

P-one Business MasterCard

pone_biz_gold_cardポケットカード株式会社が発行している法人カードのゴールドカードスペックのクレジットカードです。個人事業主や法人経営者向けのゴールドカードとして、他の法人カードにはない独自のサービスを持つ法人カードとして知られています。ポケットカード株式会社は、三井住友フィナンシャルグループ、三井住友銀行、伊藤忠商事、ファミリーマートの資本が入っているカード会社です。

大きな特徴は「法人でも最大300万円のキャッシング利用が可能」「年会費実質無料」「ポイント還元率も0.6%で平均よりも高い」ことです。

一般的に法人カードの場合、個人扱いになる個人事業主はキャッシング利用ができますが、法人経営者のキャッシング利用はNGとなっているものがほとんどなのです。「P-one Business MasterCard」は法人経営者でもキャッシング利用が最大300万円までキャッシング利率:12.00%~17.95%で実行することができます。

法人カードでの経費支払いという使い方ではない、資金繰り・資金調達という目的でも利用できる稀有な法人カードと言っていいでしょう。金利だけを見ると、銀行プロパー融資の方が条件は良いのですが、銀行プロパー融資の場合、融資が決まるまでに1ヶ月程度かかってしまうことも多いので、今すぐに資金が必要というケースにも対応できる法人カードなのです。

ゴールドカードスペックですが、年に1回以上の利用があれば年会費は永年無料ですので、コスト負担を感がる必要もありません。

スタートアップの企業から、中小零細企業、個人事業主の方も、年会費の負担なく持てる法人カードとしておすすめです。とくに資金繰りや資金調達方法のひとつとして、万が一のときに備えておきたい法人経営者におすすめできる法人カードといえます。

キャンペーン情報

【期間限定】新規発行日から60日間、キャッシングを利用すると優遇金利5.95%が適用

P-one Business MasterCardの特徴

  • ゴールドカードスペックの法人カード
  • 年会費初年度無料、1回以上の利用があれば次年度無料
  • 法人でも最大300万円までのキャッシング利用が可能
  • ポイント還元率0.6%と平均よりやや高め
  • 海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険は付帯されていない
  • ビジネスサポートサービスはない
法人カード名P-one Business Mastercard
P-one Business Mastercard
カード会社ポケットカード
国際ブランドMastercard
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)2,000円
年会費優遇条件カードの利用があれば翌年度も年会費無料
追加カード/初年度年会費(税別)0円
追加カード/2年目~年会費(税別)0円
追加カード発行枚数制限5枚
ETCカード/初年度年会費(税別)1,000円
ETCカード/2年目~年会費(税別)0円
ETCカード発行枚数制限5枚
ショッピング限度額/下限300万円
ショッピング限度額/上限300万円
ポイント還元率/基本0.40%
ポイント還元率/上限0.80%
ポイント倍増方法-
ポイントサイト経由●PLCKET MALL
最大30倍
海外旅行障害保険-
国内旅行傷害保険-

P-one Business MasterCard公式サイトはこちら

審査の甘い理由

「P-one Business MasterCard」を発行するポケットカードは、オリコカードと同じで、クレジットカード会社の知名度としては、三井住友カード、三菱UFJニコス、ジェーシービーと比較すると低い状態になります。

審査に問題がない場合は、多くの方が

  • ジェーシービー
  • 三井住友カード
  • 三菱UFJニコス
  • アメリカン・エキスプレス

を選んでしまうので、そこで審査が通らなかった方が

  • ポケットカード

に流れる傾向があるのです。

当然、ポケットカードの申込者の信用力の平均点が下がっているのですから、前述したクレジットカード会社と比較すると審査が通りやすいのです。

また、「P-one Business MasterCard」には

法人でもキャッシングが利用できる

という珍しい特徴があります。

一般的に法人カードには、キャッシング機能はありません。

法人カードにキャッシング機能を付けるということは・・・

貸し倒れリスクは高いものの、キャッシング手数料収入が増える

ことを意味します。

収入が増えるのですから、許容できる貸し倒れリスクも大きくなり、審査が甘くなるのです。

法人カードによるキャッシングでの資金調達・資金繰りの可能性がある経営者の方におすすめできる法人カードとなっています。

審査の甘い法人カードを選ぶポイント

法人カードの特典や年会費は度外視して選ぶ

法人カードの審査が通る状態であれば

  • ポイント還元率
  • キャッシュバック率
  • 海外旅行傷害保険
  • 空港ラウンジ
  • コンシェルジュデスク
  • 年会費
    ・・・

など、様々な要素で法人カードを比較すれば良いのですが・・・

法人カードの審査が通らない状態では

法人カードを作ること

の方が重要です。

インターネットやスマホを利用した法人向けのサービスが年々増加傾向にあるため、法人カードがあることで

  • 即時決済ができて、すぐにサービスが利用できる
  • カードの明細で簡単に経理作業ができる
  • 現金でのやりとりが減り、不要なトラブルを避けられる

などのメリットがあるのです。

法人カードは、1枚しか持てないものでもありません。

まずは、1枚法人カードを作成してから、2枚目には、自分の欲しい法人カードを選んで作成すれば良いだけです。

利用実績ができてきて、会社の運営歴も長くなってくれば、自然と審査の厳しい法人カード審査にも、通るようになってきます。

前述した審査の甘い法人カードでも、法人カード審査に通らない場合の対策

対策その1.法人デビットカードを作る

法人カード(クレジットカード)は

カード支払いをしてから、1カ月~2カ月後に法人口座から利用額が引き落とされる仕組み

の決済用カードです。

1カ月~2カ月の間は、クレジットカード会社が立替ていることになるのです。クレジットカード会社が立替中に破産されてしまうと、立て替えたお金が返ってこないので「審査」が必要になるのです。

法人デビットカード(デビットカード)は

カード支払いをしたら、その場で法人口座から利用額が引き落とされる仕組み

の決済用カードです。

デビットカードの発行主体は銀行になりますが、銀行は「立替る」必要がないのです。口座残高が利用額に満たない場合は、お店の段階でカード支払いができないエラーになるのです。

「立替」がないのですから、「審査が不要」なのがデビットカードです。

法人口座に連動した国際ブランドがついた法人デビットカードであれば、法人口座が作れる方であれば、そのまま「法人デビットカード」が作れます。審査が不要な法人デビットカードは、法人カードと同じように使えるので、法人カードの代替手段となりうるのです。

注意しなければならないのは、法人の場合は「銀行の口座開設の審査もある」ということです。法人デビットカードは、決済用カードとしての審査はないものの、連動する口座開設が必要になるため、法人口座開設ができていないと発行できません。法人口座開設に関わる審査はある、また審査落ちの可能性もある、ということを理解しておきましょう。

Visaビジネスデビット/JNB Visaデビットカード

対策その2.新規で個人向けのクレジットカード・個人口座を作る

法人の経費に関しては

  • 法人口座
  • 法人口座を引き落とし口座に設定した法人カード

で処理するのが理想ですが

会計・税法の基本は「実態に即したもの」ですから

  • 個人口座でも、法人利用のみの口座であれば問題ない
  • 個人口座を引き落とし口座に設定した個人向けクレジットカードであれば問題ない

のです。

ここで注意しなければならないのは

  • プライベートなカード利用
  • 会社の経費利用

「ごっちゃにしてはいけない」ということです。

脱税を疑われてしまうのです。

そうならないためには

  1. 新規で個人の銀行口座を開設する
  2. その個人の銀行口座を引き落とし口座に設定した個人向けのクレジットカードを作る
  3. この個人向けの銀行口座、ならびに個人向けのクレジットカードは、法人の経費利用にのみ利用する
  4. 税理士には法人の口座・カードであることを伝える

ということが必要になります。

クレジットカードおすすめ比較プロ

まとめ

法人カードの審査が厳しい理由は

法人カードの契約主体は個人でも、会社が倒産すると、合わせて経営者も自己破産することが多く、自己破産されてしまえば、クレジットカード会社が立替ていたお金も回収できず、貸し倒れ損失が発生してしまうからです。

  • サラリーマンにお金を貸すリスク
  • 会社経営者にお金を貸すリスク

の違いが、個人向けのクレジットカードと法人カードの審査の厳しさの違いとなるのです。

審査の甘い法人カードランキング

  1. 1位:EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)
  2. 2位:アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
  3. 3位:ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード
  4. 4位.セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
  5. 5位.P-one Business MasterCard

前述した審査の甘い法人カードでも、法人カード審査に通らない場合の対策

  1. 対策その1.法人デビットカードを作る
  2. 対策その2.新規で個人向けのクレジットカード・個人口座を作る

上記の「審査の甘い法人カードランキング」の法人カードか、それでも審査落ちした場合は「法人デビットカード」「個人向けのクレジットカードを法人用に利用する」という方法で、ほとんどの経営者の方は、望んだ法人カードの機能を利用できるようになるはずです。

会社の運営歴やクレジットスコアを伸ばしていけば、すぐに自分の好きな法人カードを、審査を気にせずに持てるようになるので、まずは上記の方法で法人カードを手に入れて、2枚目、3枚目に自分の持ちたい法人カードの審査にチャレンジしましょう。