ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード

lifecard_ippan_card

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード は、ライフカード株式会社発行している法人カードの一般カードスペックのクレジットカードです。最大の特徴は年会費が永年無料の希少な法人カードということです。コストをかけたくない法人経営者の方や個人事業主の方に人気があります。

大きな特徴としては「年会費永年無料の法人カードであること」「法人ETCカードも年会費無料で枚数無制限で発行できること」「VISAブランドであればVisaビジネスオファーが利用できること」「ショッピング限度額が最大500万円と高い」などが挙げられます。

ただし、ポイントプログラムがないことが大きなデメリットと言えます。ポイントが貯まらない代わりに年会費が永年無料の法人カードという位置づけなのです。

スタートアップの企業から、中小零細企業、個人事業主の方も、年会費の負担なく持てる法人カードとしておすすめです。

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カードの特徴

  • 年会費永年無料の法人カード
  • 法人ETCカードが年会費無料で発行無制限
  • ポイントはつかない
  • ショッピング限度額が最大500万円と高い
法人カード名ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード
ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード
カード会社ライフカード株式会社
国際ブランドVISA,Mastercard,JCB
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税込)0円
2年目~年会費(税込)0円
年会費優遇条件-
追加カード/初年度年会費(税込)0円
追加カード/2年目~年会費(税込)0円
追加カード発行枚数制限49枚
ETCカード/初年度年会費(税込)0円
ETCカード/2年目~年会費(税込)0円
ETCカード発行枚数制限1枚
ショッピング限度額/下限10万円
ショッピング限度額/上限500万円
ポイント還元率/基本0.00%
ポイント還元率/上限0.00%
ポイント倍増方法-
ポイントサイト経由●L-Mall(エルモール)
最大25倍
海外旅行障害保険-
国内旅行傷害保険-

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード公式サイトはこちら

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カードのメリット

  • 年会費永年無料の法人カード
  • 法人ETCカードが年会費無料で複数枚発行可能
  • 追加カードも年会費永年無料
  • VISAブランドであればVisaビジネスオファーが付帯
  • ショッピング限度額が最大500万円と高い

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カードのデメリット

  • ポイントプログラムがない(ポイントがつかない)
  • 旅行保険が付帯していない
  • 一般カードには空港ラウンジなどの機能はない
  • ビジネスサポートサービスが最低限のレベル

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カードがおすすめの方

  • スタートアップの企業
  • 中小企業の経営者
  • 零細企業の経営者
  • 個人事業主
  • 法人ETCカードの利用を検討している方
  • 年会費無料の法人カードを検討している方
  • 年会費無料の法人etcカードを検討している方
  • クレジットカード自体の特典・サービスには多くを求めない方
ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード公式サイトはこちら

 

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カードの分析評価

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード は、年会費が永年無料の法人カードであることが最大のメリットと言えます。

法人カードで初年度年会費無料のカードは数枚あるのですが、完全に年会費永年無料の法人カードというのは希少な存在なのです。

その代わり、デメリットも明確でポイントや保険が付帯されないことです。「ポイント還元をしない代わりに年会費はずっと無料でいいよ。」という法人カードなのです。

ただし、年会費が永年無料ですが、限度額が最高500万円と高く設定できるため、インターネットの広告宣伝費などで毎月の経費支出が大きい法人経営者や個人事業主には便利に利用できる法人カードと言えます。

ただし、毎月100万円以上の経費利用があるのであれば、ポイントがついて年会費が有料の法人カードの方がポイントの分、断然お得になるので注意が必要です。必ずしも、年会費が永年無料が良いというわけではないのです。

想定する毎月の経費利用額でポイントがついて年会費有料の法人カードと、ポイントがつかないライフカードビジネスのどちらがお得か比較してから作ることをおすすめします。

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カードの年会費

年会費が永年無料の希少な法人カードです。ずっと年会費は発生しないため、支出をできるだけ抑えたい起業間もない会社や中小零細企業の経営者、個人事業主の方におすすめです。

初年度年会費(税込)0円
2年目~年会費(税込)0円
年会費優遇条件-

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カードの追加カードの年会費と発行枚数

法人ETCカードは年会費永年無料で発行枚数は無制限。追加カードも年会費永年無料で発行枚数は無制限です。社員や役員向けの法人カード発行をしても、コストが膨らまないためコストパフォーマンスに優れた法人カードと言えます。

追加カード/初年度年会費(税込)0円
追加カード/2年目~年会費(税込)0円
追加カード発行枚数制限49枚
ETCカード/初年度年会費(税込)0円
ETCカード/2年目~年会費(税込)0円
ETCカード発行枚数制限1枚

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カードのショッピング限度額

最大500万円までのショッピング限度額の設定が可能です。また、審査によってはそれ以上の限度額を設定することも可能です。インターネット広告の広告宣伝費など、毎月多額の経費支出が見込める場合に便利な法人カードと言えます。

ショッピング限度額/下限10万円
ショッピング限度額/上限500万円

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カードのキャッシング限度額

利用不可です。

キャッシング限度額/下限-
キャッシング限度額/上限-
キャッシング利率-

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カードのポイントプログラム

ポイントプログラムはありません。

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カードの保険

海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング保険は付帯していません。海外出張が多い法人は旅行保険が付帯している法人カードの方がおすすめです。

海外旅行障害保険-
国内旅行傷害保険-
ショッピング保険-

ショッピング保険詳細

ショッピング保険付帯条件-
ショッピング保険/海外-
ショッピング保険/国内-

海外旅行傷害保険詳細

海外旅行傷害保険付帯条件-
海外旅行傷害保険/家族特約条件-
海外旅行傷害保険/死亡・後遺障害-
海外旅行傷害保険/傷害治療費用-
海外旅行傷害保険/疾病治療費用-
海外旅行傷害保険/賠償責任-
海外旅行傷害保険/携行品損害-
海外旅行傷害保険/救援者費用-
海外航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
海外航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)-
海外航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
海外航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-

国内旅行傷害保険詳細

国内旅行傷害保険付帯条件-
国内旅行傷害保険/死亡・後遺障害-
国内旅行傷害保険/入院日額-
国内旅行傷害保険/手術費用-
国内旅行傷害保険/通院日額-
国内航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
国内航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)-
国内航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
国内航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-

その他保険詳細

ライフアクシデントケア制度/空き巣被害見舞金-
犯罪被害障害保険/死亡・後遺障害-
犯罪被害障害保険/入院日額-
犯罪被害障害保険/通院日額-
シートベルト傷害保険/死亡・後遺障害-
カーアクシデントケア見舞金-

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カードの空港関連サービス

一般カードには空港関連サービスはありません。

空港ラウンジ海外-
空港ラウンジ国内-
空港手荷物無料-
空港ハイヤー送迎-

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カードのビジネスサポートサービス

VISAブランドのカードをえらべば「Visaビジネスオファー」が利用できるため、オフィス用品の優待や会計ソフト、福利厚生サービスの優待など基本的なものはそろっています。

WEB明細
経営管理レポート-
ビジネス情報データベース-
コンサルティング-
ビジネスラウンジ-
融資金利優待-
オフィス用品優待
会計ソフト優待
タクシーチケット-
福利厚生
宿泊・ホテル優待
レストラン優待
融資金利優待-
その他サービス-

ビジネス優待プログラム

ビジネス優待プログラムVisaビジネスオファー,Mastercardビジネス・アシスト

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カードの支払方法

支払方法1回払い,ボーナス1回払い,分割払い,リボ払い
リボ払い手数料(利息)15.00%
締日毎月5日
支払日当月26日・27日・28日・29日または翌月3日
支払いまでの猶予日数(最長)58日
ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード公式サイトはこちら

1 COMMENT

法人カードを利用している方へのアンケートによる口コミ評判を掲載しています。

男性 33歳 自営業

毎月の法人カード利用額概算 15万円

よく利用する支払い ガソリン代

Q.その法人カードを選んだ理由・経緯を教えてください。

法人カードを使う上でのメリットは以下のようになります。
そのうえで今回のカードが最もメリットが大きいと感じました。
●法人と個人の区分が明確になる
法人クレジットカードを活用することで、法人経費と個人の区分が明確になります。個人のお金を使って立て替えるのではなく、法人カードで精算し、法人口座からの引き落としとなるので混乱がなくなります。
●経費の精算が不要になり生産性が上がる
建て替えた分のお金を法人に請求し、立替金の清算という形で処理をするのは、経理の人間にとっても立て替え申請をする人間にとっても非常に手間ですし、売上に直結する仕事ではありません。その点、建て替えをせずに法人カードで支払いをすれば、経費の精算が不要になるため経理の手間が省けます。
●経費の計上漏れが少なくなる
携帯電話代やサーバー代、保険料などの会社の運営上必要な経費をカードで支払うことで、明細で経費の額を簡単にチェックできるようになります。そのため、経費の計上漏れが少なくなります。
●キャッシュフローが良くなる
法人カードで支払いをした場合、口座から引き落とされるまで最大90日間の支払い猶予があります。そのため、会社の銀行口座に残るお金が増え、キャッシュフローが良くなります。これは特に創業直後の会社にとってとても大きなメリットでしょう。

Q.保有している法人カードを利用していて良かった点・満足している点・おすすめできる点

付帯でついてきたメリットは以下のようになるかと思います。
●ポイントやマイルの優遇がある
カード会社によってはポイントやマイルなどの優遇が受けられるものがあります。ポイントを目的にするのは本末転倒ですが、大きな支払いが継続的にある場合などはそれだけ大きなポイントを得ることが可能です。思っていた以上にポイントがたまっていたりして、お得感があります。
●カードの附帯サービスを使える
カード自体に附帯サービスが付いているケースも多いですね。空港ラウンジの利用や海外保険、手荷物配送無料などのサービスが付くカードもあります。
特に空港ラウンジの利用は、優越感もあり、家族も同伴できるため、いろんな面でメリットが大きかったと感じています。

Q.保有している法人カードを利用していて悪かった点・不満・おすすめできない点

財布の中から現金を出して支払う訳ではないので、目減りしているのがわかりにくく、それは法人であっても同じことが言えます。
インターネットでも備品購入などは容易にできる今日、無駄にカードに入れて購入してしまうこともあるでしょう。
実際に店舗で買うときは、必要かどうかをジックリと考えてから購入に踏み切りますが、カード支払いでは感覚が麻痺しがちです。
日頃から無駄な経費を使わないように習慣化しておくことが必要となります。
また、法人カードの維持には年会費が必要になります。
年会費無料のビジネスカードもありますが、当サイトではサービス面も低下してしまうこともあり、JCB法人カードのように初年度年会費無料で翌年度からも1,250円(税別)と格安で持てる法人カードもあることからも年会費無料のカードはおすすめしていません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です