目次


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

saison_platinum_card株式会社クレディセゾンが発行している法人カードのプラチナカードスペックのクレジットカードです。個人事業主や法人経営者向けのステイタスカードの法人カードとして人気が高くなっています。

大きな特徴としては「プラチナカードであること」「アメックスブランドであること」「プラチナカードとしてのスペック」「コンシェルジュデスクが利用できること」「限度額が大きめに設定できること」などが挙げられます。

年会費が高い一方、ハイスペックであるステイタス性が高いため、社員への追加カードの発行をせずに社長一人(もしくは数名の役員)が利用するケースなどで選ばれることが多い法人カードです。

コンシェルジュデスクや古城ホテル、有名レストランなどの優待もあるため、接待などで活躍する法人カードと言えるでしょう。何よりアメックスブランドでプラチナカードであることが、対外的な信頼性を醸成してくれる役割もあるのです。

キャンペーン情報

【入会+利用】最大1,800ポイント(9,000円相当)
 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

  • プラチナカードスペックの法人カード
  • コンシェルジュデスク
  • 接待や出張など役員・代表者クラスが持つとメリットが大きい
  • 高級レストランやホテルの優待プログラムが豊富
  • 手厚い入会キャンペーン
1位-
19位-
16位-
43位-
44位-
3位年間ショッピング利用額が200万円以上:次年度年会費10,000円
10位-
8位-
13位※楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードはセットで発行
23位-
53位-
35位-
71位-
32位-
22位カードの利用があれば翌年度も年会費無料
21位-
25位-
2位「マイ・ペイすリボ」申込と1回以上の利用で翌年度年会費無料
カードご利用代金WEB明細書サービス利用で条件達成で翌年度年会費500円割引
17位「マイ・ペイすリボ」申込と1回以上の利用で翌年度年会費半額
カードご利用代金WEB明細書サービス利用で条件達成で翌年度年会費1,000円割引
30位-
46位-

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット

  • アメックスブランドのプラチナカードのステイタス性
  • プライオリティパス無料付帯で海外空港ラウンジも無料
  • 国内空港ラウンジも無料利用
  • 最高1億円の海外・国内旅行保険
  • 会員専用のコンシェルジュデスク
  • 一流ホテルやダイニングの豪華優待サービス「entree(オントレ)」
  • 古城ホテルなど一日数組限定の格式あるホテルの優待+紹介
  • 世界100ヵ国で8000以上の特典を持つ「アメリカン・エキスプレス・セレクト」
  • 事務用品やレンタカー、宅配などの優待「ビジネス・アドバンテージ」
  • 限度額が高く設定できる
  • 永久不滅ポイントが貯まる

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのデメリット

  • 年会費が高い
  • 追加カードの年会費も高く、発行枚数が増えると維持コストが大きい

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめの方

  • 社長一人、もしくは役員と2、3名だけで法人カードを利用する方
  • 接待など営業的な仕事が多くなる企業経営者の方
  • 法人カードと言っても、対外的な信用や信頼性を重視する方
  • 海外や国内への出張が多い方
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの分析評価

年会費が20,000円と高いことを除ければ、アメックスブランドでプラチナカードという信頼性の高さは会社経営者にとっては大きなポイントと言っていいでしょう。

経営者は、どんな会社であっても、取引先との接待や会食、パーティーなどに出席する機会が多かれ少なかれでてきます。その会計時に一般カードを出すのは抵抗があるという方も少なくないのです。部下との飲みのときにも一般カードでは威厳が保てないということもあるのです。

また、コンシェルジュデスクと数多くの優待サービスがあることが営業や接待でも役立ちます。コンシェルジュデスクに接待用のお店を探してもらう、一見さんお断りのお店を予約してもらう、祝い事の贈り物を選んでもらう、出張先のホテルや移動手段を予約してもらう・・・となんでも対応ができるからです。海外であっても、日本語で対応できることは大きな強みと言えるでしょう。

社員用の法人カードとは別に作ってもいいぐらい、経営者におすすめの法人カードなのです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費

年会費は20,000円と法人カードの中では安くありませんが、プラチナカードとしてはコストパフォーマンスの高いクレジットカードと言えます。年間200万円以上のショッピング利用があれば次年度年会費は10,000円(税別)に優遇します。

44位-
3位年間ショッピング利用額が200万円以上:次年度年会費10,000円
10位-

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの追加カードの年会費と発行枚数

法人ETCカードは年会費無料です。追加カードは本体のカードと年会費3,000円(税別)で発行枚数は4枚までです。追加カードは低価格の年会費でも、親カードとほぼ同じ特典を有するため、考えようによってはコストパフォーマンスが高いカードと言えますが、社員分発行するには枚数が足らないケースも多く、あくまでも法人経営者や数人の役員までが利用する法人カードと言えます。

8位-
13位※楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードはセットで発行
23位-
53位-
35位-
71位-

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのショッピング限度額

ショッピングの限度額は「審査次第で設定します。」ということなのですが、ただし、収入が大きければ500万円ぐらいの限度額は設定できるケースが多いようです。

32位-
22位カードの利用があれば翌年度も年会費無料

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのキャッシング限度額

最大50万円までキャッシング利用が可能です。

20位-
12位-

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのポイントプログラム

クレディセゾンのポイントプログラム「永久不滅ポイント」が貯まります。ポイント還元率も0.5%と高くはありませんが、法人カードの中ではポイント還元率は高い方と考えて良いでしょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの保険

海外旅行傷害保険が最高1億円、国内旅行傷害保険が最高5000万円、ショッピング保険が300万円と申し分のない保険金額と言えます。

30位-
46位-
18位-

ショッピング保険詳細

52位-
15位-
54位-

海外旅行傷害保険詳細

62位-
5位-
57位-
37位アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要
14位アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要
55位アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要
61位アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要
60位-
63位-
64位-
65位-
66位限度額(極度額)で年会費が変動
極度額:30万~100万円→10,000円
極度額:110万~200万円→20,000円
極度額:210万~500万円→40,000円
極度額:510万~1000万円→60,000円
極度額:1010万円~→80,000円

国内旅行傷害保険詳細

67位限度額(極度額)で年会費が変動
極度額:10万円→35,000円
極度額:20万~90万円→40,000円
極度額:100万~190万円→50,000円
68位アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要
69位アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要
9位-
11位-
31位-
39位-
74位-

その他保険詳細

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの空港関連サービス

プライオリティパスが無料付帯されているため、海外の主要空港ラウンジも、国内の主要空港ラウンジも、無料で利用が可能です。ハイヤー送迎やトラベルデスク、海外携帯レンタルなど海外でのサービスも充実しています。

33位-
34位-
6位-
36位-

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのビジネスサポートサービス

事務用品、レンタカー、宅配サービスの優待利用から、専門分野に特化した弁護士をはじめ、弁理士・司法書士・税理士・行政書士がサポートするサービスの優待利用や、クレジットカード決済サービスまで様々なビジネスサポートサービスが低価格で利用可能です。

56位-
72位-
73位-
40位-
41位-
42位1年間に1回以上のご利用で次年度年会費無料
7位-
27位-
45位-
70位-
47位-
48位-
49位VISA,Mastercardを両方選ぶと年会費1,500円(税別)
50位VISA,Mastercardを両方選ぶと年会費12,000円(税別)

ビジネス優待プログラム

51位-

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの支払方法

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら