年会費無料で、一切コストをかけずに法人ETCカードを取得することはできるのでしょうか?

法人ETCカードこそ年会費無料で、一切コストをかけずに作るべき?

ETCカードは

ETC専用レーンを通過し、高速道路などの通行料金を支払うことができる事業用カード

です。

法人ETCカードは

事業用に利用できる法人ETCカードのこと(引き落とし口座が法人口座にできるETCカード)

のことです。

つまり、

どんな法人ETCカードを作っても、機能は同じ

ということです。

機能が同じであれば、無駄なコストをかける必要性はないのです。

とくに法人ETCカードの場合は、社用車があれば、従業員に対して発行する可能性もあります。年会費が発生すると、発行する法人ETCカードの枚数分のコストが必要になります。

だとすれば

法人ETCカードは

複数枚発行ができて、年会費が限りなく安い法人ETCカードを選ぶべき

なのです。

当然、年会費も、発行手数料も、完全無料で、一切コストのかからない法人ETCカードで、かつ複数枚発行できる法人ETCカードがおすすめということです。

 

年会費無料の法人ETCカードを選ぶなら、クレジットカード会社が発行する法人ETCカードを選ぶ

法人ETCカードは、法人や個人事業主が事業で車を利用する際に高速道路のETCレーンを通過すれば通行料金の支払いができるETCカードのことですが、

  1. クレジットカード会社が発行する法人カードに追加カードとして発行される法人ETCカード
  2. 高速道路会社が発行しているクレジット機能のない法人ETCカード

の2種類のカードがあります。

高速道路会社が発行しているクレジット機能のない法人ETCカードの場合には、クレジット機能がない為にデポジットで保証金を事前に支払っておく必要があることや、年会費、走行手数料、発行手数料が有料であることからも、完全無料での法人ETCカードにはなりえないのです。

例:高速情報協同組合の法人ETCカード

  • 出資金(脱退時返金):10,000円/1社
  • カード発行手数料:550円(税込)/1枚
  • 取扱手数料:550円(税込)/1枚(年1回)
  • 走行手数料:毎月の走行金額の5%
年会費無料の法人ETCカードを選ぶ場合には「クレジットカード会社が発行する法人カードに追加カードとして発行される法人ETCカード」を選ぶ必要があります。

法人ETCカードにかかる費用

法人ETCカードを完全に無料、一切コストをかからない形で取得するためには

 

  • 親カードである法人カードの年会費 → 永年無料
  • 追加カードの法人ETCカードの発行手数料 → 無料
  • 追加カードの法人ETCカードの年会費 → 永年無料

でなければ、いけません。

3つのコストすべてが永年無料であって、はじめて、一切コストをかけずに法人ETCカードが取得できるのです。

現時点で、上記条件を満たすのは

ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード

だけです。

年会費完全無料で発行できる法人ETCカード

  • 親カードである法人カードの年会費 → 実質無料
  • 追加カードの法人ETCカードの発行手数料 → 無料
  • 追加カードの法人ETCカードの年会費 → 永年無料
  • 法人ETCカード発行枚数 → 複数枚
デメリット:ポイント付与がない(ポイント還元率0.0%)

ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カードの最大のデメリットは、ポイント還元率がない点です。

そこで、若干間口を広げて「年会費永年無料」 → 「年会費実質無料(条件クリアで年会費無料)」の法人ETCカードを紹介します。

年会費実質無料で発行できる法人ETCカード

  • 親カードである法人カードの年会費 → 年会費実質無料
    (年会費無料条件:「マイ・ペイすリボ」をお申し込みの場合)
  • 追加カードの法人ETCカードの発行手数料 → 無料
  • 追加カードの法人ETCカードの年会費 → 永年無料
  • 法人ETCカード発行枚数 → 親カード1枚につき1枚
デメリット:リボ払いでのリボ払い手数料が発生してしまう

16位暮らスマイル
44位LIFEサンクスポイント
3位永久不滅ポイント
10位メンバーシップ・リワード
21位ワールドプレゼント
25位ワールドプレゼント
2位Vポイント
【新規入会+1カ月以内5万円利用】15,000円分のギフトカード

  • 親カードである法人カードの年会費 → 年会費実質無料
    (年会費無料条件:年1回以上の利用)
  • 追加カードの法人ETCカードの発行手数料 → 無料
  • 追加カードの法人ETCカードの年会費 → 永年無料
  • 法人ETCカード発行枚数 → 親カード1枚につき1枚
デメリット:法人口座からの引き落としはできるが、基本的には個人向けのクレジットカード

16位
44位
3位
10位
21位
25位
2位-
【入会+利用】最大1,400ポイント(7,000円相当)

複数枚の法人ETCカードを無料で発行できるものはないの?

年会費無料の法人ETCカード「ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード」の場合

●ご利用先 ライフETCカードは、ETCマークのある国内の高速・有料道路でご利用いただけます。
●カード年会費 ライフETCカードは年会費無料です。
※一部の提携カードにつきましては次年度以降500円(税抜)の年会費がかかります。
●お支払い方法 ご利用代金は、ライフカードのご利用分とあわせてご請求させていただきます。
●ご利用限度額 ご指定いただくライフカードに準じます。
●お申込み対象 ライフカードおよびライフカードが発行する提携カードをお持ちの方が対象になります。
※ご契約のご本人さま名義のカードにのみ追加発行が可能です。家族カードへの追加はできません。

「ご契約のご本人さま名義のカードにのみ追加発行が可能です。家族カードへの追加はできません」

と書かれています。

親カード1枚に対して、1枚の法人ETCカードしか発行できない

ということです。ここでは「家族カード」と書いてありますが

社員用の追加カードには、法人ETCカードを付帯できない

ことになります。

つまり、多くの従業員に法人ETCカードを発行したい会社の場合は、使えないということになるのです。

複数枚の法人ETCカードを従業員に発行できる完全に無料の法人ETCカードは存在しません。

だとすれば

  • 親カードの年会費が格安
  • 法人ETCカードは複数枚発行できる
  • 法人ETCカードの年会費、発行手数料無料

という法人ETCカードを選ぶと、1枚の数千円の年会費で、何人分の従業員の法人ETCカードも、無料で発行できることになるのです。

 

親カードの年会費は有料で、複数枚の法人ETCカードを無料で発行できる法人ETCカード

  • 親カードである法人カードの年会費 → 1,250円(税別)
  • 追加カードの法人ETCカードの発行手数料 → 無料
  • 追加カードの法人ETCカードの年会費 → 永年無料
  • 法人ETCカード発行枚数 → 複数枚発行可能
デメリット:親カードの年会費が発生

親カードの年会費は無料で、法人ETCカードが格安で発行できる法人ETCカード

従業員に法人ETCカードを発行したいんだけど、2枚、3枚、4枚と少ない枚数で良い場合は、親カードの年会費が永年無料で、法人ETCカードが有料でも格安の法人ETCカードをおすすめします。

  • 親カードである法人カードの年会費 → 永年無料
  • 追加カードの法人ETCカードの発行手数料 → 無料
  • 追加カードの法人ETCカードの年会費 → 1枚500円(税別)
  • 法人ETCカード発行枚数 → 複数枚発行可能
デメリット:法人ETCカードの枚数ごとに費用が発生する
16位最高200万円
44位最高200万円
3位最高300万円
10位最高300万円+家族特約あり
21位最高300万円
25位最高500万円
2位最高50万円
 

まとめ

ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カードであれば

  • 親カードである法人カードの年会費 → 永年無料
  • 追加カードの法人ETCカードの発行手数料 → 無料
  • 追加カードの法人ETCカードの年会費 → 永年無料

で法人ETCカードが取得できます。

また、完全に無料にならなくても

  • 実質年会費無料の法人ETCカードを選ぶ
  • 複数枚の法人ETCカードを作る方には、1枚の格安の親カードの年会費で複数枚の法人ETCカードを発行する

方法があります。

目的に応じた年会費無料の法人ETCカードを選びましょう。