goldcard128_128ゴールドカードの法人カードを比較する際の注意点やポイントを解説します。

1.ゴールドカードは役員・社長・個人事業主向け

法人カードというのは、追加カードを発行することで社員や役員にも、渡すことができる経費決済用のクレジットカードです。

お金に十分に余裕がある会社であれば、ゴールドカードの追加カードを社員に渡しても良いのですが・・・

  • 法人ゴールドカードの追加カードには発行枚数制限がある
  • 法人ゴールドカードは追加カードの年会費も高い

というカードがほとんどですので、わざわざ社員まで有料の法人ゴールドカードを渡す必要性はないのです。

中小企業であれば、社長、役員、営業部長・・ぐらいまでが持つための法人カードが法人ゴールドカードとして位置づけましょう。社長だけが利用する方も多いです。

社員に法人カードや法人ETCカードを渡す必要がある場合は、追加カードとして発行無制限の年会費無料の法人カードを作っておけば良いのです。

2.年会費分の付加価値サービスが活用できるか?

次に重要なのは、わざわざ年会費の高い法人ゴールドカードを選ぶのであれば、その年会費分のサービスを活用できるかどうかが重要になります。

法人ゴールドカードには

  • 空港関連サービス
  • レストラン・ホテル優待
  • ポイント
  • ビジネス関連サービス
  • コンシェルジュデスク
    ・・・

と様々な付加価値サービスが付帯されており、すべて使いこなせる方であれば簡単に年会費の元が取れるはずです。

一度も海外旅行に行かないのに海外空港ラウンジ無料のプライオリティパスが付帯されている法人ゴールドカードはもったいない・・・ということなのです。

法人ゴールドカードを選ぶときこそ、自分がその付加価値サービスを活用できるか?まで考えて検討しましょう。

3.ステイタス系の法人ゴールドカードがおすすめ

個人向けのゴールドカードと同じように法人ゴールドカードにも、ステイタス性のランクというものが存在します。

会社経営者や個人事業主の場合、付き合いや接待、社員との飲み会などで法人カードを使用するケースも少なくありません。

そのときに

  • 取引先からの信頼を損なわないレベルのステイタス性
  • 社員・部下からの信頼を損なわないレベルのステイタス性

を法人ゴールドカードには求めたいところです。

法人ゴールドカードのランクは

  1. アメックス・ダイナースのプロパーカード
  2. ジェー・シー・ビーのプロパーカード
  3. ライフカード・オリコカードのプロパーカード
  4. 提携カード(楽天カードなど)のプロパーカード

というような順番になっています。

ステイタス性が高い法人ゴールドカードほど年会費は高く設定されていますが、法人カードでは信頼を重視することの方がよほどメリットがあります。

法人ゴールドカード比較

海外FX業者名取引手数料
(片道)
取引手数料
(pips換算:片道)
最小スプレッド
ユーロ/円
平均スプレッド
豪ドル/円
ロット数最小取引サイズ