「法人カードの国内旅行傷害保険って何ですか?」
「法人カードを国内旅行傷害保険で比較するポイントはどこですか?」
「国内旅行傷害保険でおすすめの法人カードを教えてください。」

法人カードを比較検討するときに重要な要素の一つになるのが「国内旅行傷害保険」です。今回は、法人カードを国内旅行傷害保険で比較するポイントと注意点。国内旅行傷害保険でおすすめの法人カードについて解説します。

法人カードの国内旅行傷害保険とは?

国内旅行傷害保険とは

国内旅行中、国内出張中に負ったケガや病気による、病気や後遺障害、治療費用、賠償責任、携行品損害、救援者費用などに対応する保険のこと

を言います。

法人カードの国内旅行傷害保険とは

法人カードを発行する(法人会員になる)ことで、前述した「国内旅行傷害保険」が無料で利用できるサービスのこと

を言います。

通常、保険会社で加入すると保険料が発生する「国内旅行傷害保険」ですが、法人カードのサービスの一環として、クレジットカード会社は、無料で国内旅行傷害保険を提供しているのです。

国内旅行、国内出張に行く機会も経営者であれば多いはずです。日本であれば、健康保険が適用されるため、必要性は海外旅行傷害保険と比較すると小さいのですが、それでも自負担額をさらに軽減されるものとして、利用されています。

法人カードの国内旅行傷害保険の種類と補償内容

今回は、JCB法人カード/ゴールドカードの国内旅行傷害保険を例に解説します。

対象となる方

  • 被保険者: ゴールド法人カード本会員・家族会員
  • 補償期間: JCBゴールド会員である期間
  • ご出発前の保険に関する手続き:ご出発前に上記保険に関する手続きはいっさい必要ありません

JCB法人カード/ゴールドカードは、国内旅行傷害保険は「自動付帯」なので、保険に関する手続きなどはなく、保険金を支払う条件に該当したら、保険金が支払われます。

補償額

国内旅行傷害保険

保険の種類保険金額
死亡後遺障害最高5,000万円
入院日額5,000円※事故日から180日限度
手術
※8日以上の治療から対象
入院日額×倍率(10倍、20倍または40倍)※1事故につき1回限度
通院日額
※8日以上の治療から対象
2,000円※事故日から180日以内90日限度

国内航空機遅延保険

補償内容(本会員・家族会員)保険金額
乗継遅延費用保険金(乗継地に於いて発生した客室料・食事代)2万円限度
出航遅延費用等保険金(出発地に於いて発生した食事代)2万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円限度

補償内容

死亡・後遺障害

保険金を支払うケース
  • 被保険者が日本国内を旅行中、乗客として公共交通乗用具搭乗中に傷害を被る
  • 被保険者が日本国内を旅行中、旅館、ホテルなどの宿泊施設に宿泊者として滞在中に、火災・爆発事故により傷害を被る
  • 被保険者が宿泊を伴う募集型企画旅行に参加中に傷害を被る

上記の傷害が原因で事故の日から180日以内に亡くなられたとき、後遺障害を生じたとき

支払う保険金

亡くなられたとき → 保険金額(死亡・後遺障害)の100%
後遺障害を生じたとき → その程度に応じて保険金額(死亡・後遺障害)の3~100%

入院・手術

保険金を支払うケース
  • 被保険者が日本国内を旅行中、乗客として公共交通乗用具搭乗中に傷害を被る
  • 被保険者が日本国内を旅行中、旅館、ホテルなどの宿泊施設に宿泊者として滞在中に、火災・爆発事故により傷害を被る
  • 被保険者が宿泊を伴う募集型企画旅行に参加中に傷害を被る

上記の傷害が原因で入金・手術されたとき

支払う保険金
  • 入院されたとき:5,000円/日(ただし事故日より180日限度)
  • 入院保険金を支払う場合で手術を受けられたとき、5,000円に手術の種類に応じて定めた倍率(10倍、20倍または40倍)を乗じた額(ただし1事故につき1回限度)

通院

保険金を支払うケース
  • 被保険者が日本国内を旅行中、乗客として公共交通乗用具搭乗中に傷害を被る
  • 被保険者が日本国内を旅行中、旅館、ホテルなどの宿泊施設に宿泊者として滞在中に、火災・爆発事故により傷害を被る
  • 被保険者が宿泊を伴う募集型企画旅行に参加中に傷害を被る

上記の傷害が原因で通院されたとき

支払う保険金
  • 通院されたとき:2,000円/日(ただし事故日を含めて8日目以降において通院が継続されている場合で事故日より180日以内で90日限度)

国内航空機遅延保険

乗継遅延費用保険金

保険金を支払うケース

搭乗した航空便の遅延により実際の到着時刻から4時間以内に代替便を利用できなかった場合

支払う保険金

ホテル等客室料および代替便が利用可能となるまでの間に負担した食事代

出航遅延費用等保険金

保険金を支払うケース

出航予定時刻から4時間以内に当該航空便または代替便を利用できなかった場合

支払う保険金

利用可能になるまでの間に負担した食事代

寄託手荷物遅延費用保険金

保険金を支払うケース

到着後6時間以内に手荷物が届かなかった場合で、到着後48時間以内の旅行行程中に衣類・生活必需品を購入した場合

支払う保険金

衣料購入費等

寄託手荷物紛失費用保険金

保険金を支払うケース

到着後48時間以内に手荷物が届かなかった場合を紛失とみなし、到着後96時間以内の旅行行程中に衣類・生活必需品を購入した場合

支払う保険金

衣料購入費等

お支払いできない場合

  • 被保険者、保険金受取人の故意
  • 被保険者の闘争行為、自殺行為または犯罪行為
  • 被保険者の無資格運転、酒気を帯びた状態での運転
  • 被保険者の脳疾患、疾病、心神喪失
  • 戦争、その他の変乱
  • 放射線照射・汚染、原子核反応
  • 危険なスポーツ(※下記参照 登山・スカイダイビングなど)中のケガ
  • 地震、噴火または津波
  • 「旅行中」の事故でない場合

(1)通勤・通学中の事故(往復途上の立ち寄り時を含む)
(2)通常業務範囲内での移動中の事故(ただし、出張旅行中の事故は除きます)
(3)日常生活範囲内での買い物や遊興目的の外出中など、旅行を目的としない外出中の事故
例)買い物、飲食、習い事、スポーツジムへの往復、病気、ケガの治療、同好会・チーム活動参加のための往復、映画鑑賞、観劇(コンサート・舞台・ミュージカル)、スポーツ観戦、パチンコ、麻雀、競輪、競馬、競艇、ゲームセンター、カラオケ など

また、原因のいかんを問わず頸部症候群(いわゆる「むちうち症」)および腰痛で他覚症状のないものについては保険金をお支払いできません。

家族特約

法人カード会員のご家族も対象になる国内旅行傷害保険があります。

これを「家族特約」と言います。

一部の法人カードでは「家族特約」が国内旅行傷害保険に付帯されるものもあります。ただし、海外旅行傷害保険と比較すると「家族特約」が付帯された法人カードは少ないです。

法人カードを国内旅行傷害保険で比較するポイント

その1.「自動付帯」の国内旅行傷害保険を選ぶ

国内旅行傷害保険には

  • 利用付帯 → 旅行代金の支払いで国内旅行傷害保険が有効になる
  • 自動付帯 → カードを持っているだけで国内旅行傷害保険が有効になる

の2種類があります。

会社の経営者の場合、複数枚の法人カード・個人向けのクレジットカードを持っていることが多い、また、経営者自身が国内出張の予約をするとは限らないため、「実際に該当する法人カードを利用して予約するかどうか?」わからないのです。

となると

「自動付帯」の法人カードにしておかないと、国内旅行傷害保険が利用できなくなってしまいます。

その2.国内旅行傷害保険は「入院日額」が大きいものを選ぶ

日本国内の場合は、ケガや病気で入院したとしても、健康保険によって、自己負担額はそれほど大きくなりません。

ただし、入院日数が増える、通院日数が増えると、地味に自己負担が積みあがっていってしまいます。

「入院日額」が高額な設定の国内旅行傷害保険をおすすめします。

「入院日額」が高額であれば、「手術費用」も「入院日額」×倍率で決まるため、高額の補償が受けられるのです。

その3.日本では「国内航空機遅延保険」はいらない!

海外では

  • 飛行機が遅れる
  • 手荷物がなくなる(ロストバゲージ)

というケースは、かなり多く発生します。

しかし、日本国内では

  • 飛行機が遅れる
  • 手荷物がなくなる(ロストバゲージ)

というケースは、ほとんど発生しません。

また、発生したとしても、すぐに代替便が手配されるので、「国内航空機遅延保険」の適用にはならないのです。

国内旅行傷害保険で法人カードを比較する際には、「国内航空機遅延保険」の必要性は少ないのです。

その4.国内旅行傷害保険だけで良ければ、年会費の安い法人カードを選ぶ

国内旅行傷害保険が付帯されている法人カードには、海外旅行傷害保険も付帯されているのが一般的です。

国内旅行傷害保険だけ充実していれば良いという方の場合

国内旅行傷害保険が手厚くて、年会費が安い法人カードを選ぶべき

国内旅行傷害保険も、海外旅行傷害保険も、重要視したい方の場合

国内旅行傷害保険よりも重要度が高い海外旅行傷害保険で法人カードを選ぶべき

 

と言えます。

旅行傷害保険では

  • 日本 → 健康保険が使える(自己負担は少ない) → 保険金はあくまでも自己負担の負担軽減
  • 海外 → 健康保険が使えない(全額自己負担) → 保険金がないと払えないケースもある

という違いがあるので

重要性は

国内旅行傷害保険 < 海外旅行傷害保険

なのです。

海外旅行傷害保険が手厚い法人カードは、国内旅行傷害保険も付帯されているので、海外旅行傷害保険を重視して選ぶ方が合理的とも言えるのです。

国内旅行傷害保険でおすすめの法人カード

国内旅行傷害保険だけを重視したい方

1位.三井住友ビジネスカード for Owners/ゴールドカード

比較項目内容
年会費初年度年会費無料、次年度年会費1万円(税別)
付帯自動付帯
入院の保険金額5,000円(※8日以上の治療から対象)
通院の保険金額2,000円(※8日以上の治療から対象)
手術の保険金額最高20万円

三井住友ビジネスカード for Owners/ゴールドカード

【年会費特典】初年度年会費無料
国際ブランドVISA,Mastercard
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)10,000円
年会費優遇条件「マイ・ペイすリボ」申込と1回以上の利用で翌年度年会費半額
カードご利用代金WEB明細書サービス利用で条件達成で翌年度年会費1,000円割引
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限9.00%
ポイント倍増方法●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍

●いつもの利用でポイント5倍
セブン‐イレブン:5倍
ファミリーマート:5倍
ローソン:5倍
マクドナルド:5倍

●選んだお店でポイント2倍
約50店舗の中から3店舗を選択
【新規入会+1カ月以内5万円利用】16,000円分のギフトカード

2位.JCB CARD Bizゴールド

比較項目内容
年会費初年度年会費無料、次年度年会費1万円(税別)
付帯自動付帯
入院の保険金額5,000円(※8日以上の治療から対象)
通院の保険金額2,000円(※8日以上の治療から対象)
手術の保険金額入院日額×倍率(10倍、20倍または40倍)1事故につき1回限度(※8日以上の治療から対象)

JCB CARD Bizゴールド

【年会費特典】初年度年会費無料
国際ブランドJCB
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)10,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限3.75%
ポイント倍増方法●JCBスターメンバーズ
100万円以上利用・翌年:50%UP
●JCB ORIGINAL SERIESパートナー
スターバックス:10倍
セブンイレブン:3倍
Amazon.co.jp:3倍
ガソリンスタンド:2倍
●海外利用
海外利用:2倍
【新規入会】最大10,000円分のギフトカード

3位.三井住友ビジネスカード/ゴールドカード

比較項目内容
年会費1万円(税別)
付帯自動付帯
入院の保険金額5,000円(※8日以上の治療から対象)
通院の保険金額2,000円(※8日以上の治療から対象)
手術の保険金額最高20万円
国際ブランドVISA,Mastercard
初年度年会費(税別)10,000円
2年目~年会費(税別)10,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限9.00%
ポイント倍増方法●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍
【新規入会+1カ月以内5万円利用】16,000円分のギフトカード

4位.JCB法人カード/ゴールドカード

比較項目内容
年会費1万円(税別)
付帯自動付帯
入院の保険金額5,000円(※8日以上の治療から対象)
通院の保険金額2,000円(※8日以上の治療から対象)
手術の保険金額入院日額×倍率(10倍、20倍または40倍)1事故につき1回限度(※8日以上の治療から対象)

JCB法人カード/ゴールドカード

【年会費特典】初年度年会費無料
国際ブランドJCB
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)10,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限4.00%
ポイント倍増方法●JCBスターメンバーズ
300万円利用・翌年:60%UP
●JCB ORIGINAL SERIESパートナー
スターバックス:10倍
セブンイレブン:3倍
Amazon.co.jp:3倍
ガソリンスタンド:2倍
●海外利用
海外利用:2倍
【新規入会】最大10,000円分のギフトカード

5位.楽天ビジネスカード

比較項目内容
年会費1万2,000円(税別)
付帯自動付帯
入院の保険金額5,000円(※8日以上の治療から対象)
通院の保険金額3,000円(※8日以上の治療から対象)
手術の保険金額入院日額×倍率(5倍、10倍)1事故につき1回限度(※8日以上の治療から対象)
国際ブランドVISA
初年度年会費(税別)12,000円
2年目~年会費(税別)12,000円
年会費優遇条件※楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードはセットで発行
ポイント還元率/基本1.00%
ポイント還元率/上限7.00%
ポイント倍増方法●楽天市場
ポイント:+4.0%

●選べるサービス
(楽天市場、楽天トラベル、Rakuten TV、楽天ブックス)
ポイント:+1.0%

●お誕生月
ポイント:+1.0%
【新規入会】3,000円分のポイント

まとめ

国内旅行傷害保険とは

  • 日本国内の旅行中に、飛行機、電車、船、車に搭乗中にケガをする
  • 日本国内を旅行中、旅館、ホテルなどの宿泊施設に宿泊者として滞在中に、火災・爆発事故によってケガをする
  • 宿泊を伴うツアー企画旅行に参加中に傷害をケガをする

ときに

  • 死亡・後遺障害
  • 入院
  • 手術
  • 通院

時に保険金が支払われるものです。

年会費1万円以上の法人カード、法人ゴールドカード、法人プラチナカード、法人ブラックカードには、国内旅行傷害保険が無料付帯されている法人カードが多いです。

ただし、国内旅行傷害保険は、保険の対象条件が絞られていて、かつ保険金額も小さく設定されています。なぜなら、日本国内であれば、日本人は健康保険が使えるので、病院に行っても、自己負担額はかなり抑えられるからです。

健康保険が適用できない海外旅行の傷害保険の方が重要度は高く、多くの法人カードは、国内旅行傷害保険よりも、海外旅行傷害保険に力を入れているのです。

海外旅行、海外出張にも行く可能性がある方は、国内旅行傷害保険で法人カードを選ぶよりも、海外旅行傷害保険で法人カードを選ぶことをおすすめします。海外旅行傷害保険が手厚い法人カードには、国内旅行傷害保険も手厚く付いているものなのです。