「Visa法人カードでおすすめの法人カードを教えてほしい?」
「Visaブランドの法人カードのメリットデメリットって何?」
「Visaブランドの法人カードを選ぶときは何をポイントに選べば良いの?」
・・・

知っているようで知らないのが「Visa」ブランドの法人カードの特徴です。今回はVisa法人カードのメリットデメリット・選び方を徹底解説します。

そもそも、「国際ブランド」とは?

クレジットカード業界の構造

出典:法人カード比較コンシェル

クレジットカード業界は

  1. 国際ブランド
  2. アクワイアラー
  3. イシュアー

という3種類の役割を持った企業が連携して、クレジットカードを発行しています。

国際ブランド

決済する機能・システムを提供する会社のことを言います。

  • 「Visa」
  • 「MasterCard」
  • 「JCB」
  • 「American Express」
  • 「Diners」
  • 「UnionPay」

などがあります。

イシュアー

  • どのようなクレジットカードを作るのか?(企画)
  • どうやってクレジットカードの会員を増やすのか?(広告宣伝)
  • どんなサービスを提供するか?(提携)

などを行う会社のことを言います。

一般的に「クレジットカード会社」「カード会社」と呼ばれるのは「イシュアー」のことです。

  • 三井住友カード
  • クレディセゾン

などのカード会社が「イシュアー」にあたります。

アクワイアラー

  • 加盟店の新規開拓
  • 既存加盟店の問い合わせ対応

など、カード決済を導入したいお店側の開拓・管理を行う会社のことを言います。

「アクワイアラー」は、消費者向けに広告宣伝もしませんし、名前も出てこないので、一般的には知られていない会社ですが、日本の場合は「イシュアー」と「アクワイアラー」の両社の機能を「クレジットカード会社」が持っているケースが多いです。

「Visa」というのは、前述した通りで「世界的にカード決済機能を提供する会社」のことを言います。

そもそも、「Visa」って何?

「Visa」とは?

Visa Inc.((Value International Service Association)は、アメリカに本社があり、世界的な決済技術を提供している会社のことを言います。国際ブランド「Visa」を運営している会社のことを言います。

「Visa」自身は、カードの発行(イシュアーの業務)は行っていないため、世界各国のクレジットカード会社(イシュアー)に、ライセンス提供という形で、「Visa」の国際ブランドの決済機能を使わせているのです。

「Visaカードって三井住友カードが発行しているんじゃないの?」

日本では混同されることもおおいのですが、三井住友カード株式会社はイシュアーに過ぎません。

  • 国際ブランド:Visa
  • イシュアー:三井住友カード

という形で、日本ではじめて「VISA」ブランドのクレジットカードを発行したのが三井住友カード株式会社なのです。

そのため

VISA ≒ 三井住友カード

として、認識されている方も多いのですが、三井住友カード株式会社は、イシュアーですので、他の国際ブランドのクレジットを発行することもできます。

知名度はありませんが、三井住友カード株式会社も

  • Mastercard
  • 銀聯(UnionPay)

と他の国際ブランドのクレジットカードを発行しています。

「でも、「Visa」がやっていることが単なるカード決済システムの提供であれば、他の国際ブランドでも同じじゃないの?」

そう思う方も多いのですが、国際ブランド

  • 「Visa」
  • 「MasterCard」
  • 「JCB」
  • 「American Express」
  • 「Diners」
  • 「UnionPay」

の中から、どの法人カードをどれを選ぶのか?は、法人カード選びを左右する重要なポイントになります。メリットデメリットも違うのです。

Visa法人カードを選ぶメリット

メリットその1.使えるお店が多い

「Visa法人カード」の最大のメリットは、使えるお店が多いということです。

日本の加盟店数は、公開されていないためわかりませんが・・・

世界の国際ブランドの加盟店数を比較すると

国際ブランドAmerican ExpressVISAMasterCardJCBDinersUnionPay
加盟店数1040万店2920万店2920万店750万店850万店200万店
年間利用回数(ショッピング)53.8回35.6回30.7回18.6回28.2回11.6回
年間利用回数(キャッシング)0.9回1.4回1.4回0.4回1.4回0.4回
年間利用回数(合計)54.7回37回32.1回19回29.6回12回
一回の支払い平均額(ショッピング)15,400円8,600円8,700円11,500円16,600円19,200円
一回の支払い平均額(キャッシング)16,000円27,200円25,900円17,400円17,500円19,500円
年間利用額(ショッピング)829,900円305,200円255,700円209,100円467,600円223,400円
年間利用額(キャッシング)14,200円38,600円36,800円7,400円24,900円8,200円
年間利用額844,100円343,800円292,600円216,500円492,400円231,600円
発行枚数9,740万枚86,900万枚70,540万枚7,660万枚590万枚28,500万枚
利用額合計8,222億円29,874億円20,637億円1,658億円293億円6,600億円
利用額世界シェア12.2%44.4%30.7%2.5%0.4%9.8%

出典:2012 The Nilson Report

ですから、加盟店数は

  • VISA:2920万店

  • Mastercard:2920万店

に並んで「世界で一番使えるお店が多い国際ブランド」なのです。

利用者も、利用額も、No.1なのですから

「Visa法人カード」を持っていれば、クレジットカードが使えるお店なら、「Visa法人カード」が使える可能性が高い

という大きなメリットがあるのです。

日本の場合は、前述した通りで「アクワイアラー」が加盟店を開拓するのですが、大抵は「Visa」「Mastercard」「JCB」をセット商品として、開拓するので大きな差は生まれません。

ただし、海外に行けば、「JCB」が使える加盟店は4分の1程度に減ってしまうので、海外出張が多い、海外旅行に行く機会が多い方は「Visa法人カード」がおすすめなのです。

メリットその2.Visa独自の特典が使える

「Visa法人カード」を持っていれば、どのクレジットカード会社が発行した「Visa法人カード」でも

Visaビジネスオファー

という優待サービスを利用することがあります。

Visaビジネスオファーの優待特典

※2018年1月時点

Visa ビジネスグルメオファー

全国の厳選されたレストランで

  • 10%OFF
  • ドリンクサービス
  • シャンパンサービス
  • デザートサービス
  • 飲み放題延長

等の優待サービスを受けることができます。

TRAVELトラベル
  • 三洋堂:海外・国内おみやげ、旅行用品が全商品10%OFF
  • 東武トップツアーズ:自社企画商品「Feel」(国内・海外)を3%割引
  • WHG(ワシントンホテル・ホテルグレイスリー):WHGの基本宿泊料金から10%割引
BUSINESS SERVICEビジネスサービス
  • ALSOKホームセキュリティ:ホームセキュリティご契約でキャッシュバック
  • エリアリンク/ハローストレージ:使用料1ヵ月分相当額を無料
  • サーブコープジャパン:バーチャルオフィス・ボードルームご利用時の割引
  • イメージナビ/デザインポケット:「素材辞典.NET」ライセンスキー購入時10%オフ
  • 雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp:Fujisan.co.jpサイト価格より5%割引
  • ユーゴ / 印刷サイト「スプリント」:プリントサービスを5%割引
  • 日本交通:ハイヤーを安心の料金にてご提供
  • ヤフー株式会社 / Yahoo!プロモーション広告 スポンサードサーチ:新規申込でスポンサー
  • ドサーチ広告費用5,000円分プレゼン
  • ゴルフダイジェスト・オンライン/ゴルフ場予約:ゴルフ場の予約&プレーでGDOポイントをプレゼント
  • エグゼクティブ・センター(The Executive Centre):指定サービスのご利用料金を20%オフ
  • サントリーウエルネスオンライン:特定商品が10%増量+送料無料
  • オプティVAT(付加価値税)還付代行サービス:VAT還付手数料の10%割引優待
OFFICE SUPPLYオフィスサプライ
  • ナカバヤシ/フエルモール・フエルフォトブック:ショッピングモールサイト「フエルモール」にて商品代金の割引
  • ファクトリーギア/上質工具:ファクトリーギアウェブショップで初回注文時1点10%OFF
  • 日比谷花壇:法人向けオンラインショッピングサイトにて商品5%オフ
  • ブラザーダイレクトクラブ:ブラザーダイレクトクラブにて全商品10%OFF
  • オフィス・デポ・ジャパン:商品代金を3%割引
  • ウォータースタンド:利用料金(レンタル料) 1ヶ月無料
  • スマイルワークス:ClearWorksの無料トライアル(最大2ヶ月)
  • 使えるねっと/レンタルサーバー・ITソリューション:特定プランのご契約期間に応じて利用料の割引
  • MFクラウド会計・確定申告:特定プランのご契約でご利用開始から3ヶ月無料
  • クラウド翻訳 「トランスマート」:新規初回登録から一年以内、ご利用金額の総額が50万円まで25%割引(次回以降、及び既にご登録済み方は5%割引)
  • メリービズ バーチャル経理アシスタント:サービス料金から10%割引に致します。

メリットその3.海外ATMで現地通貨の借入・引出が使える

海外出張、海外旅行に行った際に、現金が不足していた場合

「PLUS (プラス)」

というシールが貼ってあるATMであれば

  • Visaクレジットカード
  • Visaデビットカード
  • Visaトラベルマネー・プリペイドカード

などは利用することができます。

「Visa法人カード」を持っていれば、「PLUS (プラス)」マークがある海外ATMで、現地通貨でのキャッシング利用ができることになります。※海外キャッシングができる法人カードのみ

「PLUS (プラス)」は、170カ国以上の100万カ所以上のATMで採用されているため、主要国、主要都市であれば、簡単にATMを見つけることができます。

これも「Visa」ブランドのメリットと言えるでしょう。

ちなみに日本では

  • ゆうちょ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM

などが「PLUS (プラス)」に対応しているので、「Visaカード」を持った訪日外国人は、セブンイレブンのセブン銀行ATMを良く利用しているのです。

Visa法人カードを選ぶデメリット

デメリットその1.ポイント還元率はあまり高くない

前述した通りで

「Visa」は自社でカード発行をしない。「国際ブランド」のみ

というビジネスモデルになっています。

これは逆に言うと

「Visa」の収益の取り分は、「国際ブランド」の収益のみ

ということを表しています。

クレジットカード業界のお金の流れ

出典:法人カード比較コンシェル

例えば「JCB」は

  1. 「国際ブランド」
  2. 「イシュアー」
  3. 「アクワイアラー」

すべてを自社で行っています。

  1. JCBが国際ブランドを発行して
  2. JCBがクレジットカードを発行して
  3. JCBが加盟店を開拓する

のです。

当然、加盟店が支払った加盟店手数料の大部分をJCBが受け取る構造となっています。

そのため、「JCB法人カード」の方が、顧客に還元できる原資が大きいのです。

  • 顧客に還元できる原資が大きい ≒ ポイント還元率が高い
  • 顧客に還元できる原資が大きい ≒ 優待サービスの質が良い
  • 顧客に還元できる原資が大きい ≒ 保険などの種類が多い、保険金額が大きい

ことを意味しています。

クレジットカードによって、ポイント還元率や優待サービスの内容は異なるため、単純に比較できないのですが

傾向として

「Visa法人カード」は「JCB法人カード」と比較すると、ポイント還元率が低い、優待サービスの内容が乏しい傾向が強い

ということが言えます。

これは大きなデメリットと言っていいでしょう。

海外旅行、海外出張に行く機会が少なく、日本だけでのクレジットカード利用を前提とするのであれば、ポイント還元率が高い、優待サービスの内容が良い「JCB法人カード」の方がおすすめということになってしまうのです。

おすすめの「Visa法人カード」

三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード

smcc_mmc_ippan_card三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カードは、法人経営者、個人事業主向けの三井住友VISAカードの法人カードです。

大きな特徴としては「初年度年会費無料、年会費が1,250円(税別)と格安の法人カードであること」「ショッピング限度額は最高150万円」「海外旅行傷害保険2000万円付帯」「VJデスク・エアライン&ホテルデスクなど海外出張もしやすい」「海外レンタカー優待あり」「各種ビジネス用品優待」「福利厚生サービス優待」「ショッピング保険付帯」「登記簿謄本・決算書不要」「支払方法が1回払い・リボ払い・分割払い・2回払い・ボーナス一括払いと豊富」「iD、Apple Pay、プラスEX、PiTaPa、WAONという電子マネーが利用可能」などが挙げられます。

また、年会費は初年度無料ですが、「マイ・ペイすリボ」申込と年1回以上の利用で翌年度年会費が無料になります。つまり、実質年会費無料で利用できる法人カードなのです。

三井住友ビジネスカード/一般カードよりも、初年度年会費無料、登記簿謄本・決算書不要、支払方法が1回払い・リボ払い・分割払い・2回払い・ボーナス一括払いと豊富、iD、Apple Pay、プラスEX、PiTaPa、WAONという電子マネーが利用可能と利便性は格段に高く設定されており、個人事業主だからこそ利用できるサービスも用意されています。

国際線の航空券の手配、世界のホテルの手配、VJデスクによるトラベルサポート、海外旅行傷害保険2000万円付帯など、海外旅行に行くときに使い勝手の良いサービスが用意されています。

三井住友VISAカードのプロパーカードですので、対外的な信頼性も高く、セキュリティ面も安心して利用できる総合力の高い法人カードです。

キャンペーン情報

【新規入会+1カ月以内5万円利用】15,000円分のギフトカード
【年会費特典】初年度年会費無料

三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カードの特徴

  • 三井住友VISAカードのプロパーカード
  • 初年度年会費無料
  • 年会費が1,250円(税別)と格安の法人カード
  • 登記簿謄本・決算書不要
  • 支払方法が1回払い・リボ払い・分割払い・2回払い・ボーナス一括払いと豊富
  • iD、Apple Pay、プラスEX、PiTaPa、WAONという電子マネーが利用可能
  • VJデスク・エアライン&ホテルデスクなど海外旅行がしやすい
  • ショッピング限度額は最高150万円
  • 海外旅行傷害保険2000万円付帯
  • 各種ビジネス用品優待
  • 福利厚生サービス優待
  • ショッピング保険付帯
1位Oki Dokiポイント
19位Oki Dokiポイント
16位暮らスマイル
43位-
44位LIFEサンクスポイント
3位永久不滅ポイント
10位メンバーシップ・リワード
8位ダイナースクラブ リワードポイント
13位楽天スーパーポイント
23位Oki Dokiポイント
53位永久不滅ポイント
35位永久不滅ポイント
71位-
32位-
22位ポケット・ポイント
21位ワールドプレゼント
25位ワールドプレゼント
2位Vポイント
17位Vポイント
30位-
46位-

三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード公式サイトはこちら

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)

orico_ex_biz_m_card

株式会社オリエントコーポレーション「オリコ」が発行している法人カードの一般カードスペックのクレジットカードです。EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)は法人経営者専用の法人カードです。

大きな特徴としては「初年度年会費無料の法人カードであること」「ゴールドカードで2年目以降の年会費も2,000円(税抜)と格安なこと」「手厚いキャンペーンがあること」「法人ETCカードも年会費無料であること」「Mastercardコンタクトレス・Visaタッチ決済の2つのコンタクトレス決済搭載」などが挙げられます。

起業間もないスタートアップの企業経営者の方も、中小零細企業の経営者の方も、年会費の負担なく持てる法人カードとしておすすめです。また、法人経営者の法人カードですので、キャッシング枠はありませんが追加カードは最大3枚まで発行可能です。

キャンペーン情報

【新規入会】7,000円分のポイント

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)の特徴

  • 初年度年会費無料の法人カード
  • ゴールドカードスペック
  • 2年目以降の年会費も2,000円(税抜)と格安
  • ポイント還元率0.5%は法人カードの中ではトップクラスの高さ
  • 起業直後の方でも発行できる可能性の高い法人カード
  • 手厚い入会キャンペーン
1位個人事業主,法人経営者(法人)
19位個人事業主,法人経営者(法人)
16位個人事業主
43位個人事業主,法人経営者(法人)
44位個人事業主,法人経営者(法人)
3位個人事業主,法人経営者(法人)
10位個人事業主,法人経営者(法人)
8位個人事業主(年齢27歳以上),法人経営者(法人)(年齢27歳以上)
13位個人事業主,法人経営者(法人)
23位個人事業主,法人経営者(法人)
53位個人事業主,法人経営者(法人)
35位個人事業主,法人経営者(法人)
71位個人事業主,法人経営者(法人)
32位個人事業主,法人経営者(法人)
22位個人事業主,法人経営者(法人)
21位法人経営者(法人)
25位法人経営者(法人)
2位満20歳以上の個人事業主,満20歳以上の法人経営者(法人)
17位満20歳以上の個人事業主,満20歳以上の法人経営者(法人)
30位個人事業主,法人経営者(法人)
46位個人事業主,法人経営者(法人)

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)公式サイトはこちら

ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード

lifecard_biz_light_ippan_card ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード は、ライフカード株式会社発行している法人カードの一般カードスペックのクレジットカードです。最大の特徴は年会費が永年無料の希少な法人カードということです。コストをかけたくない法人経営者の方や個人事業主の方に人気があります。

大きな特徴としては「年会費永年無料の法人カードであること」「最短4営業日で発行可能」「WEB完結で申込可能」「決算書の提出不要」「開業間もない会社、副業、フリーランスの方も発行可能」「法人ETCカードも、追加カードも、年会費永年無料」「VISAブランドであればVisaビジネスオファーが利用できること」「ショッピング限度額が最大200万円と高い」などが挙げられます。

ポイントが付与されないというデメリットがありますが、本来、法人カード審査が通りにくい、起業間もない会社やフリーランスの方でも、発行可能で、最短4営業日で発行可能な「作りやすさ」が売りの法人カードとなっています。

ポイント付与や付帯サービスは、ほぼありませんが、スタートアップの企業から、中小零細企業、個人事業主の方も、年会費の負担なく持てる法人カードとしておすすめです。

ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カードの特徴

  • 年会費永年無料の法人カードであること
  • 最短4営業日で発行可能
  • WEB完結で申込可能
  • 決算書の提出不要
  • 開業間もない会社、副業、フリーランスの方も発行可能
  • 法人ETCカードも、追加カードも、年会費永年無料
  • VISAブランドであればVisaビジネスオファーが利用できること
  • ショッピング限度額が最大200万円と高い
1位
19位
16位-
43位-
44位-
3位-
10位-
8位-
13位-
23位
53位
35位
71位
32位
22位-
21位
25位
2位
17位
30位-
46位-

ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カード公式サイトはこちら

「Visa法人カード」比較

人気ランキング海外FX業者名最小スプレッド
米ドル/円
最小スプレッド
ユーロ/円
最小スプレッド
ユーロ/米ドル
平均スプレッド
米ドル/円
平均スプレッド
豪ドル/円
平均スプレッド
ユーロ/米ドル
平均スプレッド
豪ドル/米ドル