「コンパニオンカードとは何ですか?」
「コンパニオンカードのメリットデメリットを教えてください。」
「コンパニオンカードを作れる法人カードには何がありますか?」

コンパニオンカードとは一旦どんなカードでしょうか?コンパニオンカードのメリットデメリット・使い方・おすすめの法人カードを丁寧に解説します。

コンパニオンカードとは?

コンパニオンカードとは

コンパニオン(英語: Companion)は、仲間、連れ、付き添いを意味する英語です。コンパニオンカードというのは、メインのカードと共に使えるクレジットカードのこと

を意味します。

実際に例を挙げてみると

コンパニオンカードを発行しているクレジットカード会社

ダイナースクラブコンパニオンカード

  • メインカード:ダイナースクラブカード
  • コンパニオンカード:TRUST CLUB プラチナマスターカード

特徴は

  • 年会費:無料(家族会員:無料)
  • コンパニオンカードの利用額は、メインカードの利用分と一緒に請求される
  • Mastercardブランド

となっています。

メインカードと一緒に発行して、利用分はメインカードと一緒に請求される仕組みのセカンドカードが「コンパニオンカード」と呼ばれるのです。

ダイナースクラブカードの場合は「コンパニオンカード」という名称が使われていますが、例えば、アメックスの場合は、「セカンドカード」という名称のまま、プラスチック製のカードがメインカードとは別に発行されます。

コンパニオンカードの特徴

年会費無料

基本的にセカンドカードである「コンパニオンカード」は、年会費永年無料で発行できるものです。コストを気にする必要はありませんん。

請求はメインカードと同じ

コンパニオンカードで利用した金額は、メインカードの利用額と同じように設定された口座から引き落とされます。利用明細も、同じ利用明細にコンパニオンカードでの利用であることが明記され、掲載されます。

コンパニオンカードの使い方

通常のクレジットカードの使い方と同じです。

店舗であれば、コンパニオンカードを渡して、サインするだけです。

ネットショッピングであれば、コンパニオンカードのカード情報を入力し、暗証番号を入力することで決済が完了します。

コンパニオンカードのメリット

メリットその1.カバーできる加盟店が増える

ダイナースクラブカードのDinersの加盟店は

  • VISA
  • Mastercard

と比較すると、かなり少なくなってしまいます。

ダイナースクラブカードの場合、コンパニオンカードがMastercardブランドですので

  • Diners
  • Mastercard

どちらの加盟店でも、利用することができます。

カバーできる加盟店が増えるため、クレジットカード払いに困らないのです。

メリットその2.利用できるサービス・特典が増える

ダイナースクラブカードのTRUST CLUB プラチナマスターカードの場合

  • Boingo Wi-Fi(Mastercard会員専用プログラム)無料
  • Mastercard Taste of Premium:全国約200店舗の有名レストランで2名様以上のご利用で1名様が無料、国際線手荷物宅配優待サービスなど

が利用できます。

メインカードとは違うサービス、優待特典が利用できるため、優待の選択肢が広がるのです。

メリットその3.メインカードの盗難、紛失、故障時に活躍する

  • メインカードが紛失した。
  • メインカードが盗まれた。
  • メインカードが使えなくなった。

など、メインカードが利用できなくなるケースも考えられます。

日本であれば、大きな問題にはならないのですが、海外旅行中にこのような事態になると、かなり困ってしまいます。

このようなときにコンパニオンカードがあれば、メインカードの代わりに使えるため、危機を回避できるのです。

コンパニオンカードのデメリット

デメリットその1.管理するカードの枚数が増える

常に2枚保有していないと、上記のようなメインカードが機能しなくなった時に代わりにコンパニオンカードを使うことができません。

お財布に入れるカードの枚数が増えてしまうデメリットがあります。

デメリットその2.法人カード・提携カードは使えない!

ダイナースクラブカードのコンパニオンカードを作れるのは

  • ダイナースクラブカード → TRUST CLUB プラチナマスターカード
  • ダイナースクラブ プレミアムカード → TRUST CLUB ワールドエリートカード

の2枚です。

  • コーポレートカード
  • ビジネスカード
  • ビジネス・アカウントカード
  • リボルビングカード
  • 提携カード

には発行できないのです。

コンパニオンカードは、メインカードのみの特典となっています。

デメリットその3.ポイント還元率が下がる

ダイナースクラブカードのコンパニオンカードの場合、ポイント還元率がメインカードよりも下がります。

  • ダイナースクラブカード 100円 → 1ポイント
  • コンパニオンカード 200円 → 1ポイント

コンパニオンカードを使って決済する方が、ポイント面ではお得度がダウンするのです。

コンパニオンカードでおすすめの法人カードは?

前述した通りで、コンパニオンカードは「コーポレートカード」「ビジネスカード」で発行することはできません。

法人カードとして使うことはできませんが

ダイナースクラブカード → 個人用
→ 追加カード:ビジネス・アカウントカード → 法人用
→ 追加カード:コンパニオンカード(TRUST CLUB プラチナマスターカード) → 個人用

ダイナースクラブ プレミアムカード → 個人用
→ 追加カード:ビジネス・アカウントカード → 法人用
→ 追加カード:コンパニオンカード(TRUST CLUB ワールドエリートカード) → 個人用

という組み合わせで、賢く使うことが可能です。

メインカード → 個人用の支払
→ 追加カード:ビジネス・アカウントカード → 法人用の支払
→ 追加カード:コンパニオンカード → メインカードが使えないときの個人用の支払サブ

として利用すれば、コンパニオンカードの役割をキープしながら、法人用の支払も、同じダイナースクラブカードで支払いが可能になります。