「法人カードのブラックカードのおすすめはどれですか?」
「法人ブラックカードを選ぶときは、どこの基準で選ぶべきですか?」

法人カードの中でも、上位ランクの「ブラックカードを持ちたい。」という経営者の方は少なくないはずです。今回は、法人カードの専門家が法人ブラックカードをおすすめ順に紹介します。

法人ブラックカードの選び方

法人ブラックカードとは

ブラックカードレベルの法人カードのこと

を言います。

クレジットカードにはランクがあり

  1. 一般カード
  2. ゴールドカード
  3. プラチナカード
  4. ブラックカード

という順番になっています。

当然、

  • 一般カードよりも、ゴールドカードの方が年会費が高く、サービスレベルが高い
  • ゴールドカードよりも、プラチナカードの方が年会費が高く、サービスレベルが高い
  • プラチナカードよりも、ブラックカードの方が年会費が高く、サービスレベルが高い

という関係にあるので

法人ブラックカードというのは、年会費で見ても、サービスレベルで見ても、最高レベルの法人カードのこと

と言えるのです。

法人ブラックカードは、枚数が圧倒的に少ない!?

現時点では、多くのクレジットカード会社が法人カードはプラチナカード止まりにしています。

三井住友カード/三井住友ビジネスカード for Owners

  • 三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード
  • 三井住友ビジネスカード for Owners/ゴールドカード
  • 三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード

JCB/JCB CARD Biz・JCB法人カード

  • JCB CARD Biz 一般
  • JCB CARD Biz ゴールド
  • JCB CARD Biz プラチナ
  • JCB一般法人カード
  • JCBゴールド法人カード
  • JCBプラチナ法人カード

アメリカン・エキスプレス/アメリカン ・エキスプレス・ビジネス・カード

  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

と、すべてプラチナカード止まりなのです。

基本的にクレジットカード会社は

「法人経営者・個人事業主が発行する法人カードで、ブラックカードを発行する必要性はない。」
「個人の富裕層に対して、ブラックカードを発行するべき。」
「法人経営者でも、大成功していれば富裕層として、個人カードのブラックカードを発行すれば良い。」

と考えているからです。

そのため、クレジットカード会社は法人カードのブラックカードの発行に消極的なのです。

結果として、法人カードとして発行できるブラックカードは、ラグジュアリーカードの「Mastercard Gold Card」しかありません。

ラグジュアリーカードの「Mastercard Gold Card」は、名前こそ「Gold」と入っていますが

  • 24金のカード券面
  • 年会費20万円(税別)
  • コンシェルジュデスクへのメール連絡可能
  • リムジンの送迎
  • グローバルホテル優待で1滞在当たり5万5000円相当以上の特典
  • ハワイアン航空のHawaiianMilesのエリート会員ステータス無料付帯

と、十分にブラックカードレベルのサービスが整っているのです。

ラグジュアリーカードは、カード名とランクが独特ですが・・・

  • Mastercard Gold Card → ブラックカード
  • Mastercard Black Card → プラチナカード
  • Mastercard Titanium Card → ゴールドカード

と考えて良いでしょう。

もう一つ、ブラックカードを持つ方法がある

それは、ダイナースクラブカードの「ビジネス・アカウントカード(経費決済専用カード)」を使うことです。

ダイナースクラブカードでは

個人カードに「ビジネス・アカウントカード(経費決済専用カード)」を追加発行することで

  • プライベートな支払い → 親カードである個人カード
  • 法人・個人事業の経費支払 → 追加カードである「ビジネス・アカウントカード」

と分けて使うことができるのです。

「ビジネス・アカウントカード」は親カードと別の法人口座から引き落とし設定ができるので、法人カードとして利用できるのです。

ダイナースクラブカードは

「個人カード + ビジネス・アカウントカード」という組み合わせで、個人カードを法人カードとして使える

という特徴があるのです。

ということは、

ダイナースクラブカードのブラックカードである

  • ダイナースクラブ プレミアムカード
  • ANAダイナース プレミアムカード

でも、「ビジネス・アカウントカード」を追加発行すれば、法人カードとして使える

ということを意味しています。

  • ダイナースクラブ プレミアムカード+ビジネス・アカウントカード
  • ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカード

という形で、「法人ブラックカード」として使えるのです。

基本的にはこの3枚が法人ブラックカードとなります。

法人ブラックカードを選ぶポイント

法人ブラックカードの場合は、ポイント還元率や年会費特典で比較するものではありません。そもそも、年会費が高額すぎるので、コストパフォーマンスは低いからです。

  • 最上位の法人カードを持っているステイタス性
  • 取引先、役員、社員、友人に自慢できる
  • 他のカードにはない特徴的なサービス

などが、比較のポイントとなります。

他のカードにはない特徴的なサービスというのは

Mastercard Gold Card

  • コンシェルジュデスクへのメール連絡可能
  • リムジンの送迎
  • グローバルホテル優待で1滞在当たり5万5000円相当以上の特典
  • ハワイアン航空のHawaiianMilesのエリート会員ステータス無料付帯
  • 全国映画館、国立美術館 無料

ダイナースクラブ プレミアムカード+ビジネス・アカウントカード

  • Mastercardの最上位グレード「ワールドエリート(ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード)」が無料付帯
  • ダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジが利用可能
  • 「ラウンジ・キー」「プライオリティ・パス」の海外空港ラウンジが利用可能

ANAダイナース プレミアムカード+ビジネス・アカウントカード

  • 国内線ANAラウンジ無料
  • ダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジが利用可能

などがあります。

ステイタス性の高いプラチナカードも比較検討すべき!?

  • 法人ブラックカードが枚数が少ないこと
  • アメックスのプラチナカードであれば、ブラックカードにそん色ないサービスレベルであること

から、法人ブラックカードではありませんが「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード」も、比較検討の対象にすべきです。

  • ホテルの無料アップグレード
  • 主要ホテルチェーンのゴールドステイタス無料付帯
  • 独自のグローバルラウンジ
  • 帝国ホテルのビジネスラウンジ優待

など、独自の高品質なサービスが付帯されています。ブラックカードと比較しても、そん色がないプラチナカードです。

法人ブラックカードランキング

国際ブランドMastercard
初年度年会費(税別)200,000円
2年目~年会費(税別)200,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本1.50%
ポイント還元率/上限1.50%
ポイント倍増方法-
 

国際ブランドDiners
初年度年会費(税別)130,000円
2年目~年会費(税別)130,000円
年会費優遇条件アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍

●キャッシュバック
キャッシュバック率:0.5%
 

国際ブランドDiners
初年度年会費(税別)155,000円
2年目~年会費(税別)155,000円
年会費優遇条件アカウントカード年会費2,000円(税別)が必要
ポイント還元率/基本1.50%
ポイント還元率/上限4.50%
ポイント倍増方法●ANAグループでのご利用
100円 → +2.0ポイント

●ANAカードマイルプラス加盟店
100円 → +0.5~1.0ポイント

●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍
【新規入会】最大22,000マイル

国際ブランドAMEX(アメックス)
初年度年会費(税別)130,000円
2年目~年会費(税別)130,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限5.00%
ポイント倍増方法●ボーナスポイント・パートナーズ
高島屋オンラインストア :2倍
じゃらん :2倍
Oisix (おいしっくす) :2倍
アイシティ:3倍
イモトのWiFi :5倍
レストラン・ホテル:2倍~10倍

●ぐるなび予約
来店人数×100ポイント

●メンバーシップ・リワード・プラス
ポイント交換レート:2倍