「起業直後でも作れる法人カードってありますか?」
「審査の甘い法人カードを教えてください。」
「法人カードの審査に落ちてしまいました。どうすれば良いですか?」

最近では、ビジネス向けのクラウドサービスが普及してきたため、起業間もない方、小規模な事業者でも、ビジネス向けのクラウドサービスを利用する際には、法人カードが必要になります。しかし、法人カードの審査では「業歴」が重要視されるため、起業間もない場合には法人カードの審査に通らないケースも多いのです。

この記事では、実際に、会社を10社以上保有している筆者が一番最初の会社の立上2カ月後に作ることのできた法人カードの体験談を紹介します。

法人口座ですら、なかなか作れない!?起業直後

筆者は、不動産投資、メディア運営を本業とした会社を経営しております。会社を独立して、半年ぐらいで軌道に乗ってきたため、半年経過したころから、会社を作ろうとして、2013年の10月に株式会社を設立しました。

当時は、事業内容が不動産投資やメディア運営事業ですので、事務所は必要なく、自宅で十分だったのですが、自宅は、親の所有する物件だったので、自宅の住所で法人登記するのは抵抗があり、月1万円ぐらいの「登記だけ」できる格安バーチャルオフィスで法人登記し、起業しました。

起業直後は

  • ドメインやサーバーを契約するにも、
  • サイトの分析ツールを契約するにも、
  • バーチャルオフィスの家賃の支払をするにも、
  • 不動産投資家向けのツールを利用するにも、

何かにつけて「クレジットカード決済」の機会があるので「法人カードが必要だ。」と考えました。

当然、法人カードを作るとなると、引き落としに必要な法人口座が必要になるため、「法人口座も必要だ。」と考えたのです。

当時は、法人口座と法人カードを作ったことがなかったため、個人の銀行口座と個人のクレジットカードの感覚ですから

「簡単に法人口座の開設と、法人カードの発行ができるだろう。」

と高をくくっていたのです、実際にはかなり苦労した経験があります。

法人口座の開設

起業直後に、まず法人口座が必要と考え、みずほ銀行、三井住友銀行、ジャパンネット銀行・・・など色々な銀行に法人口座の設立を依頼したのですが、結局すべて審査が通りませんでした。

理由としては

  1. 金融庁が法人口座の開設に慎重になっていたこと
  2. バーチャルオフィスが審査にネガティブな評価になってしまったこと

の2点です。

金融庁が法人口座の開設に慎重になっていたこと

金融庁「法人口座開設に係る取引時確認について」

ご案内のとおり、法人顧客から新規口座開設の申込みがあった場合、申込みを受けた銀行等は、犯罪による収益の移転防止に関する法律(以下「犯収法」という。)により、(1)顧客の本人特定事項(名称、本店)、(2)取引目的、(3)事業の内容、(4)実質的支配者の確認(取引時確認)を行うこととされており、このうち、(3)事業の内容の確認は、主務省令により、以下の書類のいずれかを確認する方法により行うこととされています。

当時、暴力団や詐欺業者、詐欺グループなどが「法人口座」を隠れ蓑に、振込詐欺などを展開するケースが少なくありませんでした。そのため、金融庁は、各銀行に「法人口座開設の厳格化」の指示を出したのです。

そのため、銀行側も、金融庁への報告義務があるため、面倒を避けるためにも、作業負担を減らすためにも、「法人口座は積極的に開設したくない。」というマインドになっていたのです。これは、今現在も続いています。

誰かの紹介(知り合いの会社、税理士、会計士)、個人での取引歴、などがないと審査に通さない銀行も、メガバンクを中心に多いのです。

バーチャルオフィスが審査にネガティブな評価になってしまったこと

バーチャルオフィスは、さらに暴力団や詐欺業者、詐欺グループなどが使うケースが多く、実際に事業は何をやっているのか?銀行の担当者が見に行っても実態がないことから、法人口座の開設がしにくいものだったのです。

「事務所を構えていないと法人の銀行口座が作れない」ということに今更ながら気づいたのです。

色々な銀行口座に法人口座の開設を申込んだところ、ネット銀行である「楽天銀行」の法人口座だけ作ることができました。楽天銀行に出会うまでに1カ月ぐらい時間がかかってしまい、楽天銀行の法人口座の開設までにまた1カ月かかってしまいました。今でも、楽天銀行の法人口座は、メインバンクとして重宝させていただいています。

ちなみにその後11社会社を設立するのですが、法人口座の開設は、年々厳しくなってきている印象で、親会社が7期目を迎えた筆者の子会社でも、メガバンクには法人口座の開設は断れてしまいます。

10社の子会社の法人口座の開設ができたのは、またしても、ネット銀行の「GMOあおぞらネット銀行」でした。法人口座の開設ができない方には、ネット銀行がおすすめです。

国際ブランドVISA
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
法人口座振込手数料インターネット利用時
同行宛 3万円未満  0円
同行宛 3万円以上  0円
他行宛 3万円未満 166円
他行宛 3万円以上 261円

法人口座の開設後にやって法人カードの作成へ

筆者の会社が、メディア事業をする上で、不動産投資をする上で、情報収集、ドメイン、サーバー、分析ツール、広告宣伝、クラウドソーシングなどで、クラウドサービスを利用することは避けて通れません。何かとクレジットカード払いが必要になります。

「銀行振込での入金」という選択しもあるのですが、「銀行振込での入金」だと、入金手続きをして、入金確認してもらって利用開始になるため、数日のタイムラグが発生してしまいます。また、毎月支払うタイプのサービスの場合、銀行振込を毎月行うのは大きな手間になってしまうのです。

「すぐにクラウドサービスを利用したい」筆者は、「どうにかして法人カードを作らないといけない。」と考えました。

起業直後でも

  • インターネット広告の広告宣伝費
  • ウェブサイトのドメイン費用、サーバー費用
  • クラウドソーシングなどの外注費用
  • 情報収集用のクラウドサービスの利用料
  • 分析用のクラウドサービスの利用料
  • 経理・会計ソフト
  • 人事・労務ソフト
  • オフィスの光熱費
  • 携帯電話などの通信費
  • オフィスのネット環境の通信費
  • インターネットFAXの料金
    ・・・

挙げていけばきりがないほど、法人カードの支払いが必要な経費がたくさんあるのです。

1.JCB法人カードに申込み

はじめに申込みをしたのがJCB法人カードです。

ジェーシービーという日本の国際ブランドが信頼性が高いと感じたことと、初年度年会費無料で、次年度以降の年会費も1,250円(税別)と安く、起業直後なのでできるだけ経費を減らしたい私は、JCB法人カードを選びました。

JCB法人カード/一般カード

【年会費特典】初年度年会費無料
国際ブランドJCB
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)1,250円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限3.75%
ポイント倍増方法●JCBスターメンバーズ
100万円以上利用・翌年:50%UP
●JCB ORIGINAL SERIESパートナー
スターバックス:10倍
セブンイレブン:3倍
Amazon.co.jp:3倍
ガソリンスタンド:2倍
●海外利用
海外利用:2倍
【新規入会】最大7,000円分のギフトカード

インターネットから申込んで、書類を取り寄せて、謄本などを添付して・・・それなりに手間をかけて申し込みをしましたが、結果は「審査落ち」です。

審査落ちの理由は当然教えてもらえませんでしたが

  • 起業直後で事業歴がないこと
  • バーチャルオフィスであること

が影響したと思っています。

今となっては、JCBは、日本唯一の国際ブランドであり、法人カードの審査も厳しいことがわかっているため、審査面では選ぶべき法人カードではありませんでしたが、当時は

「法人口座でもかなり苦戦したのに、法人カードもこんな感じか、どこも通らないのでは?」

と、ほぼあきらめ気味で、仕事をしていたのですが・・・

たまたま、打ち合わせで同席した取引先の方が、過去に起業経験がある方で「法人カードが作れないのですが、起業していた時は、法人カードって、どうされてました?」と聞いたのです。

「九州の会社の法人カードは、起業直後でも作れましたよ。」

と教えてくれたのです。

「九州のカード会社って・・・オリコさんか。」

オリコの提供する法人カード = EX Gold for Biz M(エグゼクティブゴールドフォービズ エム)

と、ピンときて、EX Gold for Biz M(エグゼクティブゴールドフォービズ エム)に申込んだのです。

2.EX Gold for Biz M(エグゼクティブゴールドフォービズ エム)は無事審査通過

正直、EX Gold for Biz M(エグゼクティブゴールドフォービズ エム)はゴールドカードなので、一般カードのJCB法人カードに落ちた瞬間に選択肢から外していたのですが・・・

国際ブランドVISA,Mastercard
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)2,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.10%
ポイント倍増方法●クラステージ
200万円利用・翌年:2倍
●法人カード
翌年:+20%
【新規入会】7,000円分のポイント

実際に申し込んでみると、何事もないようにすんなり審査に通りました。

ゴールドカードのスペックの割に

  • 年会費は初年度年会費無料で、次年度も2000円程度と格安
  • 限度額も、100万円と高額(現在は、200万円に増額)
  • 2名以上のコース料理の利用で1名分が無料というレストラン優待がある(Mastercardのみ、筆者はVisaを作ったので使っていません。)

使い勝手の良い法人カードだったため、渡りに船と言ったところです。

実際にEX Gold for Biz M(エグゼクティブゴールドフォービズ エム)を作って、7年が経過しましたが、未だにEX Gold for Biz M(エグゼクティブゴールドフォービズ エム)を使っています。

1年経過したあたりで、googleのインターネット広告を100万円程度利用するようになり、限度額が足らない状態に陥ってしまったのですが、限度額を100万円から200万円に増額していただきました。

事業も順調に来ているので、今ではセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードも保有しています。こちれはコンシェルジュデスクや、海外出張などに重宝しています。

しかし、どこも審査が通らない中、審査を通してくれたEX Gold for Biz M(エグゼクティブゴールドフォービズ エム)には非常に愛着があり、今でもほとんどの経費にメインカードとして利用しています。

「起業直後で法人カードが作れない」とあきらめている方にも、探せば起業直後でも作れる法人カードがあるということを知っていただきたいですね。

3.その後、いろいろな法人カードを申し込んでわかった審査の甘い法人カード

筆者は、執筆時点で

  • 事業歴:7年
  • 保有法人:11社
  • 保有法人カード:50枚

と、数多くの法人カードを作ってきました。

作ってきた法人カードの中で、審査に通りやすいと思った法人カードとその理由

国際ブランドAMEX(アメックス)
初年度年会費(税別)31,000円
2年目~年会費(税別)31,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限5.00%
ポイント倍増方法●ボーナスポイント・パートナーズ
高島屋オンラインストア :2倍
じゃらん :2倍
Oisix (おいしっくす) :2倍
アイシティ:3倍
イモトのWiFi :5倍
レストラン・ホテル:2倍~10倍

●ぐるなび予約
来店人数×100ポイント

●メンバーシップ・リワード・プラス
ポイント交換レート:2倍
【入会後1年以内カード利用】30,000ポイント

審査が甘い理由

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの基本方針は

  • 年会費が高く、年会費収益が大きいため、とりあえず誰にでも法人カードを発行してくれる
  • その中で、初回の限度額を30万~50万と少額に設定し、半年後利用状況に応じて限度額を引き上げる

というものです。

多少の貸し倒れが起きても、年会費収益でカバーできるため、このような戦略を取っているのです。意外にも、外資系の法人カードは、審査が甘く、作りやすい傾向にあります。

国際ブランドVISA,Mastercard,JCB
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.00%
ポイント還元率/上限0.00%
ポイント倍増方法-
 

審査が甘い理由

ライフカードビジネスライト(スタンダード)/一般カードは

  • 年会費永年無料
  • ポイント付与無し

と、クレジットカード会社側から見ると、年会費収益もありませんが、ポイント還元による出費もない法人カードです。

しかも、ウェブサイト上には

  • 審査書類不要
  • スタートアップ企業・フリーランスの方にも

と書かれているように、起業直後の方や、事業歴の少ない方、小規模事業者がターゲットになっている法人カードなのです。

当然、審査も通りやすく、作りやすい法人カードとなっています。

国際ブランドAMEX(アメックス)
初年度年会費(税別)1,000円
2年目~年会費(税別)1,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法●海外利用
海外利用:2倍

●コバルト限定加盟店
ヤフービジネスサービスやクラウドワークス、AMAZON WEB SERVICEなど:4倍
【入会+利用】最大1,400ポイント(7,000円相当)

審査が甘い理由

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは

  • クレディセゾンの提携カード = 提携カードは、プロパーカードよりも審査が甘い
  • 決算書不要・謄本不要 = 業績の審査がほぼない
  • 新しい法人カード = 会員獲得に積極的

という特徴のある一般カードレベルの法人カードです。

元々、審査の甘いクレディセゾンが「決算書不要・謄本不要」という形で「作りやすい法人カード」を新しく作ったのです。

副業、フリーランス、起業・独立が増えてきた今の時代に合わせた、審査の通りやすい法人カードになっています。

法人カード審査に通るポイント

最近では

  • 起業する人が増えている
  • 副業をする人が増えている
  • ビジネス向けのクラウドサービスの市場が拡大している

という背景に押されるように、審査の甘い法人カードが増えてきています。

体感では、法人カードの審査の方が、法人口座の審査よりも、甘い印象があるぐらいです。

法人カードによって、審査基準は異なるので、あきらめずに複数の法人カードに申し込めば、必ず一枚は法人カードを発行することができます。

また、業歴が積みあがることで、さらに審査に通りやすくなります。

一度、審査に落ちたJCB法人カードも、半年後に発行することができました。

あきらめずに申込続けることが重要です。

どうしても、法人カードの審査に通らない方の場合は、審査の不要な法人デビットカードを検討しましょう。