三井住友ビジネスカード/ゴールドカード

smcc_biz_gold_card法人経営者向けの三井住友VISAカードとして、知名度の高いゴールドカードスペックの法人カードです。

大きな特徴としては「三井住友VISAカードのプロパーカードのゴールドカードであること」「最高300万円のショッピング限度額が設定可能」「海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が最高5000万円と手厚い」「国内主要空港のラウンジが無料利用可能」「プラスEX・航空券チケットレス発券サービスと国内出張がしやすい」「VJデスク・エアライン&ホテルデスクなど海外出張もしやすい」「Visaビジネスオファー・Visaビジネスグルメオファー付帯」「福利厚生サービスの優待利用が可能」などが挙げられます。

国内外の出張が多い法人経営者、ビジネス消耗品、出張、会議室利用などのビジネス利用時の優待、全国の人気レストランの優待など、優待によるお得を重視する法人経営者、社員への福利厚生サービスの導入を検討している法人経営者などにおすすめできます。

とくに一般カードとの違いは旅行傷害保険の手厚さと空港ラウンジとなっていますが、限度額が100万円の一般カードでは数人の企業でも限度額に達してしまうケースがあります。月間のカード利用額が50万円を超える企業では、限度額が300万円のゴールドカードがおすすめになります。

三井住友VISAカードのプロパーカードのゴールドカードですので、対外的な信頼性も、セキュリティ面も高く安心して利用が可能です。

キャンペーン情報

【期間限定】入会で最大10,000円分のポイント

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードの特徴

  • 三井住友VISAカードのプロパーゴールドカード
  • 最高300万円のショッピング限度額が設定可能
  • 海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が最高5000万円
  • 国内主要空港のラウンジが無料
  • プラスEX・航空券チケットレス発券サービスと国内出張がしやすい
  • VJデスク・エアライン&ホテルデスクなど海外出張もしやすい
  • Visaビジネスオファー・Visaビジネスグルメオファー付帯
  • 福利厚生サービスの優待利用が可能
  • 手厚い入会キャンペーン
法人カード名三井住友ビジネスカード/ゴールドカード
三井住友ビジネスカード/ゴールドカード
カード会社三井住友カード
国際ブランドVISA
申込み対象法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)10,000円
2年目~年会費(税別)10,000円
年会費優遇条件-
追加カード 初年度年会費(税別)2,000円
追加カード 2年目~年会費(税別)2,000円
追加カード発行枚数制限20枚
ETCカード 初年度年会費(税別)0円
ETCカード 2年目~年会費(税別)500円※年1回利用で無料
ETCカード発行枚数制限無制限
ショッピング限度額 下限20万円
ショッピング限度額 上限300万円
ポイント還元率0.50%

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード公式サイトはこちら

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードのメリット

  • 三井住友VISAカードのプロパーゴールドカードとして信頼性が高い
  • 国内主要空港の空港ラウンジが無料で利用可能
  • 新幹線や飛行機のチケットレスサービスが利用可能
  • 海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が最高5000万円と手厚い
  • ショッピング限度額が最高300万円まで設定可能
  • 全国の有名レストランでの優待
  • ビジネスサービスの優待
  • 福利厚生サービスの優待
  • セキュリティ対策がしっかりしている
  • 海外キャッシングが利用できる
  • 法人ETCカードは実質年会費無料
  • キャンペーンが手厚い

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードのデメリット

  • 年会費がやや高い
  • 追加カードの発行枚数の目安が20枚
  • 個人事業主は利用できない
  • ポイント還元率は平均よりもやや少ない
  • ショッピング保険が海外利用時のみ
  • 旅行傷害保険も自動付帯ですが、利用付帯時と補償額が異なる

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードがおすすめの方

  • 月額のカード利用額が100万円を超える企業の経営者
  • 国内外の出張が多い企業経営者
  • 中小企業の経営者
  • 信頼性の高いプロパーカードを検討している方
  • ポイント還元率よりも優待特典を重視するから
  • 福利厚生サービスの利用を検討している経営者
三井住友ビジネスカード/ゴールドカード公式サイトはこちら

 

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードの分析評価

三井住友ビジネスカードは、中小企業向けの法人カードとして知名度が高いカードです。

さらに三井住友ビジネスカード/ゴールドカードが三井住友カードのプロパーカードのゴールドカードですので、対外的な信頼性は非常に高い法人カードと言えます。接待や部下や上司との飲み会で利用しても、自分の価値を落とすことのない法人カードになっています。

最高5000万円の海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険があり、国内の主要空港ラウンジが無料利用可能とメリットがある一方で、年会費が10,000円(税別)というのはやや高い年会費設定と言えます。スタートアップの企業や零細企業では、無理してゴールドカードにする必要はないとも言えます。

ショッピング限度額が一般カードで最高100万円ですので、月の利用額が50万円を超える場合にはゴールドカードにして限度額を最高300万円に引き上げる必要があり、このケースではゴールドカードがおすすめです。

コスパはそれほど良くありませんが、総合的にすべての特典を兼ね備えていて、ステイタス性も高い法人ゴールドカードです。

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードの年会費

年会費は10,000円(税別)と法人ゴールドカードとしては平均的な年会費設定と言えます。

初年度年会費(税別)10,000円
2年目~年会費(税別)10,000円
年会費優遇条件-

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードの追加カードの年会費と発行枚数

三井住友ビジネスカードの追加カードは最大でも20枚程度の発行を想定しています。これは従業員が20名以下ということではなく、発行可能な追加カードが20枚程度ということですので、中小企業であれば十分に事足りる枚数と言えます。

追加カード 初年度年会費(税別)2,000円
追加カード 2年目~年会費(税別)2,000円
追加カード発行枚数制限20枚
ETCカード 初年度年会費(税別)0円
ETCカード 2年目~年会費(税別)500円※年1回利用で無料
ETCカード発行枚数制限無制限

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードのショッピング限度額

最大300万円までのショッピング限度額の設定が可能です。限度額は法人カードの中では高めの設定です。クレジットカードの場合は約2か月分の月額利用額がショッピング限度額で必要になるため、月のカード利用額が50万円を超える場合は限度額が最高100万円の一般カードでは賄えなくなるのです。この場合にはゴールドカードを選ぶべきでしょう。

ショッピング限度額 下限20万円
ショッピング限度額 上限300万円

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードのキャッシング限度額

海外キャッシングのみ限度額30万円で可能となっています。海外のATMでこの法人カードで現地通貨のキャッシングができるということです。

キャッシング限度額 下限-
キャッシング限度額 上限-
キャッシング利率-

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードのポイントプログラム

一般カードと同様に三井住友VISAカードのポイントプログラム「ワールドプレゼント」が貯まります。ポイント還元率も0.49%と高くはありません。キャッシュバックも可能ですが、その場合は還元率が0.3%なのでこちらもそれほど充実してないのです。ポイント還元率ではおすすめできない法人カードです。

ポイント還元率0.50%

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードの保険

海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険ともに最高5000万円の補償がついています。自動付帯ですが、利用付帯時とは補償額が変わってしまうことに注意が必要です。ショッピング保険は年間最高300万円まで補償されますが、海外利用時のみが対象になります。

海外旅行保険最高5,000万円(自動付帯)
国内旅行保険最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険300万円/海外

ショッピング保険詳細

ショッピング保険付帯条件カード購入+90日間
ショッピング保険/海外最高300万円
ショッピング保険/国内-

海外旅行傷害保険詳細

海外旅行傷害保険付帯条件自動付帯 ※利用時と補償内容が変わる
海外旅行傷害保険/家族特約条件-
海外旅行傷害保険/死亡・後遺障害最高5,000万円
海外旅行傷害保険/傷害治療費用最高300万円
海外旅行傷害保険/疾病治療費用最高300万円
海外旅行傷害保険/賠償責任最高5,000万円
海外旅行傷害保険/携行品損害最高50万円
海外旅行傷害保険/救援者費用最高500万円
海外航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
海外航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)-
海外航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
海外航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-

国内旅行傷害保険詳細

国内旅行傷害保険付帯条件利用付帯
国内旅行傷害保険/死亡・後遺障害最高5,000万円
国内旅行傷害保険/入院日額5,000円/日
国内旅行傷害保険/手術費用最高20万円
国内旅行傷害保険/通院日額2,000円/日
国内航空機遅延保険/乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
国内航空機遅延保険/出航遅延費用等保険金(食事代)-
国内航空機遅延保険/寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
国内航空機遅延保険/寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-

その他保険詳細

ライフアクシデントケア制度/空き巣被害見舞金-
犯罪被害障害保険/死亡・後遺障害-
犯罪被害障害保険/入院日額-
犯罪被害障害保険/通院日額-
シートベルト傷害保険/死亡・後遺障害-
カーアクシデントケア見舞金-

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードの空港関連サービス

国内主要空港の空港ラウンジが無料利用可能です。ANA・JALの国内航空券をチケットレス予約・発券する「航空券チケットレス発券サービス」が利用可能です。

空港ラウンジ海外-
空港ラウンジ国内
空港手荷物無料-
空港ハイヤー送迎-

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードのビジネスサポートサービス

オフィス用品の優待や会計ソフト、福利厚生サービスの優待など基本的なものはそろっています。また、接待や会食で利用できて10%~20%優待で利用できるVisaビジネスグルメオファーが付帯されています。三井住友VISAカードのプロパーカードならではの特典と言えます。

WEB明細
経営管理レポート-
ビジネス情報データベース-
コンサルティング-
レンタルオフィス-
法人弁護士など専門家紹介-
オフィス用品優待
会計ソフト優待
タクシーチケット
福利厚生
宿泊・ホテル優待
レストラン優待
融資金利優待-
その他サービス財務会計システムデータ連携サービス
航空券チケットレス発券サービス
国内ゴルフエントリーサービス

ビジネス優待プログラム

ビジネス優待プログラムVisaビジネスオファー,Visaビジネスグルメオファー

三井住友ビジネスカード/ゴールドカードの支払方法

支払方法1回払い
リボ払い手数料(利息)-
締日毎月15日締め(翌月10日支払) or 毎月末日締め(翌月26日支払)
支払日毎月15日締め(翌月10日支払) or 毎月末日締め(翌月26日支払)
支払いまでの猶予日数(最長)55日
三井住友ビジネスカード/ゴールドカード公式サイトはこちら