何かと話題の「Apple Pay」ですが法人カードで使う意味ってあるのでしょうか?今回は実際にアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードで使って見ました。

そもそも「Apple Pay」とは?

誤解を恐れずに解説すれば

「Apple Pay」は、iPhoneにクレジットカードを登録することで、クレジットカードを介して電子マネー支払いをするおサイフケータイの仕組みです。

主に利用できる電子マネーは

  • iD
  • QUICPay
  • モバイルSuica(交通機関)

などがあります。

つまり、iPhoneにクレジットカードを登録しておくと

  • iD
  • QUICPay
  • モバイルSuica

で買い物時、電車に乗る時に電子マネーとして支払いができます。電子マネーで支払った金額は自動的に登録済みのクレジットカードの支払いとして決済されるのです。

ちなみにクレジットカードによって、iDが使えるのか?QUICPayが使えるのか?は変わってきます。

QUICPayが使えるクレジットカードブランド

  • JCB
  • オリコカード
  • クレディセゾン
  • ビューカード
  • 三菱UFJニコス
  • アメックス
  • エポスカード
  • au WALLETクレジットカード
  • TS CUBIC CARD
  • ジャックス
  • アプラス

iDが使えるクレジットカードブランド

  • 三井住友カード
  • イオンカード
  • dカード
  • ライフカード
  • ポケットカード
  • ソフトバンクカード

今回は「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」を登録してみたので「QUICPay」になります。

「Apple Pay」が使えるappleのデバイスは

  • 日本国内で販売されたiPhone 7、iPhone 7 Plus
    iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE
  • 日本国内で販売され、iPhone 5以降とペアリングしたApple Watch Series 2*
    iPhone 5以降とペアリングしたApple Watch Series 1とApple Watch(第1世代)
  • iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 4、iPad mini 3
  • 2012年以降に発売されたMacのモデル

ですが、店舗や電車で使うためにはiPhoneかApple Watchが必要です。

取りあえず登録して使ってみました。

1.iPhoneの「設定」から「WalletとApple Pay」を選択

2.「カードを追加」を選択

3.「Touch ID」を設定する

※パスコードでも構いませんが、「Touch ID」の方が簡単でおすすめです。

4.「次へ」をクリックする

5.カードの種類を選ぶ

「クレジット/プリペイドカード」を選びます。

6.名義とカード番号を入力する

7.カードを撮る

クレジットカードを枠に合わせると自動的に番号を読み取ってくれます。手動で入力することも可能です。

8.有効期限、セキュリティコードを入力する

9.同意する

10.「QUICKPay」が使えるという画面が表示される

11.カードの認証をする

SMS認証とメール認証があります。

12.認証完了

13.カードが登録される

14.「Apple Pay」を開く

15.「Touch ID」を認証する

16.会計時の「QUICKPay」のリーダーにかざす

17.支払完了

18.支払い履歴が表示される

非常に簡単ですね。では本題です。

QUICKPayが使えるお店はこちら

http://www.quicpay.jp/shoplist/

法人カードでApple Payで使う必要性ってあるの!?

個人的な見解では

「あります。」

とても便利と感じた使い方「タクシー」

私の場合、日常的にタクシーを利用することが多くあります。

タクシーの場合、「Apple Pay」(QUICKPay)が利用できるところが増えています。

領収書ももらえるので、経費として利用する分に申し分ないのです。

  • お財布を出してお釣りをもらうのも面倒
  • タクシーの場合はクレジットカードもサインしなければならないので面倒

ですから、「Apple Pay」(QUICKPay)はポケットにあるiPhoneをかざすだけですので非常に簡単なのです。

数分の遅れが命取りになるビジネスマンほど、タクシー利用はおすすめできる使い方です。

打ち合わせに遅刻しそうなときに

  • わざわざサインが必要なクレジットカード払いをするのか?
  • 1万円札を渡して「お釣りはいいよ。」と言うのか?
  • 「Apple Pay」(QUICKPay)で決済するのか?

私は「Apple Pay」(QUICKPay)を選びます。

ちなみにタクシーの「Apple Pay」(QUICKPay)の読み取り端末は「これ」です。「えっ、これに読み取らせるの?と思ってしまいますが、普通に読み取れます。」

「Apple Pay」(QUICKPay)の今後のサービス拡充にはビジネスチャンスもある!

現時点では「Apple Pay」は

「iD」「QUICKPay」のインフラを使っているので

店舗経営をしている方が「Apple Pay」(QUICKPay)を導入しようとした場合

  • 「iD」
  • 「QUICKPay」

に加盟する必要があります。

日本におけるスマートフォンのOS別販売シェア

  • iPhoneシェア:69.1%
  • Androidシェア:30.0%

スマホユーザーの7割は「iPhone」ですから、相当数のユーザー数を抱えていることになります。

まだまだ認知は低い状態ですが、「Apple Pay」を利用する方が増えれば増えるほど、「Apple Pay」をビジネスの決済方法に利用する企業が有利になるはずです。

「Apple Pay」の導入がビジネスチャンスにつながる可能性があるのですから、経営者はユーザーとして「Apple Pay」の支払いを体験しておくべきなのです。

「iPhone」と法人カードをお持ちの方は、ぜひ「Apple Pay」を試してみることをおすすめします。

今回利用した法人カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード