法人カード、法人クレジットカード比較で必見!
サイト利用者実績:11万677人
法人カード掲載:34枚 2016年8月現在

目次

Pocket

プロが教える法人カード比較のポイント!

法人カードとは

calculation128_128法人カードとは、法人経営者(法人)、個人事業主が利用するクレジットカードのことを言います。

法人カードと一般カードの大きな違いは

  • 引き落とし口座が法人名義の銀行口座を設定できること
  • 企業向け、個人事業者向けの特典・サービスが充実していること

とくに法人名義の銀行口座から引き落としができることが重要で、会社で利用する経費の支払いにこの法人カードを使えば、経費決済をクレジットカードで行うことが可能なのです。

つまり

  • graphbar128_128社長が経費を立て替える
  • 従業員が経費を立て替える
  • 高速料金などの経費を従業員が立て替える
  • 経理が経費の立替処理などに時間を取られる
  • クレジットカードでしか即時利用ができないオンラインサービスが使えない

上記のような金銭のやりとりによるトラブルを防ぐことができ、またWEB明細によって何にいくら使ったのか?が一目瞭然になるため、経費管理コストの削減、経費見直しによる経費の削減にも活用することができる優れた決済カードなのです。

法人カード比較のポイントその1.
「年会費無料の法人カード」

会社の規模が小さい「零細企業」「中小企業」、起業して間もない「スタートアップの企業」の場合、法人カードの年会費は少額とはいえ、ランニングコストになってしまうため、できるだけコストの安い法人カードを選ぶという方法をおすすめします。

法人カードは、一般のクレジットカードと比較して年会費無料のカードは圧倒的に少ないのですが、ゼロではありません。

年会費永年無料の法人カードを選ぶ

年会費が永年無料の法人カードも、片手で数えられるほどですが存在します。年会費が永年無料の法人カードであれば、法人カードを作ることによるコストは発生しません。ただし、ポイントがない、保険がないなどサービスは充実していないのでそこは理解しておく必要があります。利用条件繰り上げで翌年度無料の実質年会費無料の法人カードもここに含まれます。

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード

初年度年会費無料でキャンペーンが充実している法人カードを選ぶ

初年度年会費無料の法人カードの場合、2年目からは数千円の年会費が発生します。しかし、加入時のキャンペーンで年会費の数倍のポイントが付与されるカードが多い為、3年~4年分の年会費は入会時に元が取れているのです。また、初年度年会費無料の法人カードの方が、年会費永年無料の法人カードよりもスペックが良いので、特典やサービスは充実しています。

EX Gold for Biz M(エグゼクティブゴールドフォービズ エム)
JCB法人カード/一般カード

追加カード(法人etcカード)が無料の法人カードを選ぶ

法人カードは代表取締役名義で発行するものですが、このカードに付属するほとんど同じ機能を持った子カードを社員に発行することができます。子カードで使った支払いは、親カードである法人カードの引き落とし口座から引き落とされるので、社員であっても子カードを利用すれば経費利用に法人カードを使うことができるのです。

接待の多い営業部長や役員、細かい経費支払いが多い経理・総務の責任者、仕事で高速道路を利用するetcカードが必要な従業員などに追加カードを発行するケースが多いのです。

この追加カードにも、年会費が無料のものと有料のものがあるのです。追加カードの発行枚数が多くなると有料の法人カードを選んでしまうと維持コストが大きくなってしまうため、追加カードを多く発行したい方は追加カードの年会費無料の法人カードを選ぶ必要があるのです。

法人カード比較のポイントその2.
「法人カードの特典・サービス」

ポイントもバカにできない。法人カードはポイントやマイルがすぐ貯まる

個人が家計の支払いに利用するのと違って、法人の経費で利用すると法人カードの利用額と言うのは簡単に数百万になってしまいます。法人カードには、一般のクレジットカードほどのポイント還元率のものはないのですが、ポイントが付与されるものも少なくありません。

ポイント還元率が0.5%だとしても、毎月100万円の経費利用があれば、年間で6万円分のポイントが貯まることになります。年会費負担を優に超えるものなので、ポイント還元率を重視して法人カードを比較するというのも賢い方法のひとつなのです。

海外・国内旅行保険や空港ラウンジ、トラベルデスクなど出張向きのサービスで決める

社長や役員が海外出張、国内出張が多いのであれば海外・国内旅行保険や空港ラウンジなどのサービスが充実している法人カードを選ぶという方法もあります。空港ラウンジで待ち時間に仕事をする、ホテルやレンタカーなどの手配を依頼するなど、出張に役立つ機能も豊富なのです。

会社経営・ビジネスに役立つサービスで決める

法人カードの中には、経費利用の四半期レポートが見れるもの、財務、労務、人事、法務など多岐にわたって専門家に無料相談できるもの、コンサルティングが受けられるもの、弁護士や司法書士などの専門家を紹介してくれるもの、帝国データバンク、商工リサーチや新聞などの過去データを見れるもの、社員向けの福利厚生サービスに優待価格で入れるものなど、様々なサポートサービスが用意されています。

ビジネス向けのサービスが充実した法人カードは年会費が数万円の法人カードに付帯されているケースが多いのですが、活用すればコストパフォーマンスは抜群と言えます。少人数の会社の経営者の方は、ビジネス向けのサービスの充実度で法人カードを比較する方法もおすすめです。

法人カード比較のポイントその3.
「法人カードのステイタス」

ゴールドカードやプラチナカードでないと、カッコ悪い!!信頼を損なう!?

経営者であれば、他の会社の経営者の方と情報交換したり、取引先を接待することも日常茶飯事のはずです。接待費も経費なので、当然法人カードで支払いをするのですが、会計時に一般カードを提示しているのが見られると「この会社大丈夫なのかな?」なんて勘繰られる可能性もゼロとは言いきれません。

  • アメックスやダイナースを使っている社長とそうでない法人カードを使っている社長
  • ゴールドカードやぷら珍カードを使っている社長と一般カードを使っている社長

では、取引先の印象が変わってきてしまう可能性も否定できないのです。

対外的な付き合いが活発な経営者の方であれば、数万円の年会費を支払っても、ステイタス性の高い法人カードを選んでおくというのも、重要な経営努力のひとつと言えるのです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
ダイナースクラブビジネスカード

法人カード人気ランキング

i_rank1_21

JCB法人カード/一般カード

jcb_ippan_card株式会社ジェーシービーが発行している法人カードの一般カードスペックのクレジットカードです。個人事業主や法人経営者向けのJCBのプロパーカードとして、知名度の高い法人カードとして知られています。

大きな特徴としては「初年度年会費無料の法人カードであること」「JCBのプロパーカードであること」「法人ETCカードが年会費無料で枚数無制限で発行できること」「ポイントが貯まる、キャッシュバック型も選べること」などが挙げられます。

スタートアップの企業から、中小零細企業、個人事業主の方も、年会費の負担なく持てる法人カードとしておすすめです。

キャンペーン情報

【期間限定】入会で最大7,000円分のポイント

【常時】初年度年会費無料

JCB法人カード/一般カードの特徴

  • 初年度年会費無料の法人カード
  • 法人ETCカードが年会費無料で発行無制限
  • キャッシュバックも可能
  • 2年目以降の年会費も1,250円(税抜)と格安
  • ポイント還元率0.5%は法人カードの中ではトップクラスの高さ
  • 手厚い入会キャンペーン
法人カード名JCB法人カード/一般カード
JCB法人カード/一般カード
カード会社ジェーシービー
国際ブランドJCB
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)1,250円
年会費優遇条件-
追加カード 初年度年会費(税別)0円
追加カード 2年目~年会費(税別)1,250円
追加カード発行枚数制限無制限
ETCカード 初年度年会費(税別)0円
ETCカード 2年目~年会費(税別)0円
ETCカード発行枚数制限無制限
ショッピング限度額 下限個別設定
ショッピング限度額 上限個別設定
ポイント還元率0.50%

JCB法人カード/一般カード公式サイトはこちら

i_rank1_22

EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)(エグゼクティブゴールドフォービズ エム)

orico_ex_biz_m_card

株式会社オリエントコーポレーション「オリコ」が発行している法人カードの一般カードスペックのクレジットカードです。EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)(エグゼクティブゴールドフォービズ エム)は法人経営者専用の法人カードです。

大きな特徴としては「初年度年会費無料の法人カードであること」「ゴールドカードで2年目以降の年会費も2,000円(税抜)と格安なこと」「手厚いキャンペーンがあること」「法人ETCカードも年会費無料であること」などが挙げられます。

起業間もないスタートアップの企業経営者の方も、中小零細企業の経営者の方も、年会費の負担なく持てる法人カードとしておすすめです。また、法人経営者の法人カードですので、キャッシング枠はありませんが追加カードは最大3枚まで発行可能です。

キャンペーン情報

【期間限定】入会で最大6,500円分のポイント

【常時】初年度年会費無料

EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)(エグゼクティブゴールドフォービズ エム)の特徴

  • 初年度年会費無料の法人カード
  • ゴールドカードスペック
  • 2年目以降の年会費も2,000円(税抜)と格安
  • ポイント還元率0.5%は法人カードの中ではトップクラスの高さ
  • 起業直後の方でも発行できる可能性の高い法人カード
  • 手厚い入会キャンペーン
法人カード名EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)(エグゼクティブゴールドフォービズ エム)
EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)(エグゼクティブゴールドフォービズ エム)
カード会社オリエントコーポレーション
国際ブランドVISA
申込み対象法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)2,000円
年会費優遇条件-
追加カード 初年度年会費(税別)0円
追加カード 2年目~年会費(税別)0円
追加カード発行枚数制限3枚
ETCカード 初年度年会費(税別)0円
ETCカード 2年目~年会費(税別)0円
ETCカード発行枚数制限無制限
ショッピング限度額 下限10万円
ショッピング限度額 上限300万円
ポイント還元率0.50%

EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)(エグゼクティブゴールドフォービズ エム)公式サイトはこちら

i_rank1_23

P-one Business MasterCard

pone_biz_gold_cardポケットカード株式会社が発行している法人カードのゴールドカードスペックのクレジットカードです。個人事業主や法人経営者向けのゴールドカードとして、他の法人カードにはない独自のサービスを持つ法人カードとして知られています。ポケットカード株式会社は、三井住友フィナンシャルグループ、三井住友銀行、伊藤忠商事、ファミリーマートの資本が入っているカード会社です。

大きな特徴は「法人でも最大300万円のキャッシング利用が可能」「年会費実質無料」「ポイント還元率も0.6%で平均よりも高い」ことです。

一般的に法人カードの場合、個人扱いになる個人事業主はキャッシング利用ができますが、法人経営者のキャッシング利用はNGとなっているものがほとんどなのです。「P-one Business MasterCard」は法人経営者でもキャッシング利用が最大300万円までキャッシング利率:12.00%~17.95%で実行することができます。

法人カードでの経費支払いという使い方ではない、資金繰り・資金調達という目的でも利用できる稀有な法人カードと言っていいでしょう。金利だけを見ると、銀行プロパー融資の方が条件は良いのですが、銀行プロパー融資の場合、融資が決まるまでに1ヶ月程度かかってしまうことも多いので、今すぐに資金が必要というケースにも対応できる法人カードなのです。

ゴールドカードスペックですが、年に1回以上の利用があれば年会費は永年無料ですので、コスト負担を感がる必要もありません。

スタートアップの企業から、中小零細企業、個人事業主の方も、年会費の負担なく持てる法人カードとしておすすめです。とくに資金繰りや資金調達方法のひとつとして、万が一のときに備えておきたい法人経営者におすすめできる法人カードといえます。

キャンペーン情報

【期間限定】今ならキャッシング優遇金利9.95%

P-one Business MasterCardの特徴

  • ゴールドカードスペックの法人カード
  • 年会費初年度無料、1回以上の利用があれば次年度無料
  • 法人でも最大300万円までのキャッシング利用が可能
  • ポイント還元率0.6%と平均よりやや高め
  • 海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険は付帯されていない
  • ビジネスサポートサービスはない
法人カード名P-one Business MasterCard
P-one Business MasterCard
カード会社ポケットカード
国際ブランドMasterCard
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)2,000円
年会費優遇条件カードの利用があれば翌年度も年会費無料
追加カード 初年度年会費(税別)0円
追加カード 2年目~年会費(税別)0円
追加カード発行枚数制限5枚
ETCカード 初年度年会費(税別)1,000円
ETCカード 2年目~年会費(税別)0円
ETCカード発行枚数制限5枚
ショッピング限度額 下限300万円
ショッピング限度額 上限300万円
ポイント還元率0.60%

P-one Business MasterCard公式サイトはこちら

i_rank1_24

三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード

smcc_biz_ippan_card法人経営者向けの三井住友VISAカードとして、知名度の高い法人カードとして知られています。

大きな特徴としては「年会費が1,250円(税別)と格安の法人カードであること」「三井住友VISAカードのプロパーカードであること」「プラスEX・航空券チケットレス発券サービスと国内出張がしやすい」「VJデスク・エアライン&ホテルデスクなど海外出張もしやすい」「Visaビジネスオファー・Visaビジネスグルメオファー付帯」「福利厚生サービスの優待利用が可能」などが挙げられます。

国内外の出張が多い法人経営者、ビジネス消耗品、出張、会議室利用などのビジネス利用時の優待、全国の人気レストランの優待など、優待によるお得を重視する法人経営者、社員への福利厚生サービスの導入を検討している法人経営者などにおすすめできます。

三井住友VISAカードのプロパーカードですので、対外的な信頼性も、セキュリティ面も高く安心して利用が可能です。

キャンペーン情報

【期間限定】入会で最大7,000円分のポイント

三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カードの特徴

  • 三井住友VISAカードのプロパーカード
  • 年会費が1,250円(税別)と格安の法人カード
  • プラスEX・航空券チケットレス発券サービスと国内出張がしやすい
  • VJデスク・エアライン&ホテルデスクなど海外出張もしやすい
  • Visaビジネスオファー・Visaビジネスグルメオファー付帯
  • 福利厚生サービスの優待利用が可能
  • 手厚い入会キャンペーン
法人カード名三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード
三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード
カード会社三井住友カード
国際ブランドVISA
申込み対象法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)1,250円
2年目~年会費(税別)1,250円
年会費優遇条件-
追加カード 初年度年会費(税別)400円
追加カード 2年目~年会費(税別)400円
追加カード発行枚数制限20枚
ETCカード 初年度年会費(税別)0円
ETCカード 2年目~年会費(税別)500円※年1回利用で無料
ETCカード発行枚数制限20枚
ショッピング限度額 下限20万円
ショッピング限度額 上限100万円
ポイント還元率0.49%

三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード公式サイトはこちら

i_rank1_25

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

saison_platinum_card株式会社クレディセゾンが発行している法人カードのプラチナカードスペックのクレジットカードです。個人事業主や法人経営者向けのステイタスカードの法人カードとして人気が高くなっています。

大きな特徴としては「プラチナカードであること」「アメックスブランドであること」「プラチナカードとしてのスペック」「コンシェルジュデスクが利用できること」「限度額が大きめに設定できること」などが挙げられます。

年会費が高い一方、ハイスペックであるステイタス性が高いため、社員への追加カードの発行をせずに社長一人(もしくは数名の役員)が利用するケースなどで選ばれることが多い法人カードです。

コンシェルジュデスクや古城ホテル、有名レストランなどの優待もあるため、接待などで活躍する法人カードと言えるでしょう。何よりアメックスブランドでプラチナカードであることが、対外的な信頼性を醸成してくれる役割もあるのです。

キャンペーン情報

【当サイト限定】最大10,000円分のポイント

【常時】200万円以上利用で次年度年会費無料

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

  • プラチナカードスペックの法人カード
  • コンシェルジュデスク
  • 限度額が一律の制限なし
  • 接待や出張など役員・代表者クラスが持つとメリットが大きい
  • 高級レストランやホテルの優待プログラムが豊富
  • 手厚い入会キャンペーン
法人カード名セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
カード会社クレディセゾン
国際ブランドAMEX(アメックス)
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)20,000円
2年目~年会費(税別)20,000円
年会費優遇条件年間ショッピング利用額が200万円以上:次年度年会費10,000円
追加カード 初年度年会費(税別)3,000円
追加カード 2年目~年会費(税別)3,000円
追加カード発行枚数制限4枚
ETCカード 初年度年会費(税別)0円
ETCカード 2年目~年会費(税別)0円
ETCカード発行枚数制限4枚
ショッピング限度額 下限一律の制限なし
ショッピング限度額 上限一律の制限なし
ポイント還元率0.50%

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

i_rank1_26

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

amex_biz_gold_cardアメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.が発行している法人カードのゴールドカードスペックのクレジットカードです。個人事業主や法人経営者向けのステイタスカードの法人カードであり、アメックスのプロパーカードとして抜群の信頼性を誇ります。

大きな特徴としては「プロパーカードのゴールドカードであること」「アメックスブランドであること」「ゴールドカードとしてのスペック」「充実した経営支援サービス」「コンシェルジュデスクが利用できること」「限度額が大きめに設定できること」などが挙げられます。

年会費が高い一方、ハイスペックであるステイタス性が高いため、社員への追加カードの発行をせずに社長一人(もしくは数名の役員)が利用するケースなどで選ばれることが多い法人カードです。

信頼性の高さで接待利用に活躍する一方、四半期での管理レポート、経営相談が可能なビジネス・コンサルティング・サービス、入札・落札公告情報、企業情報、新聞・雑誌記事、帝国データバンクなどの情報が入手できる「ジーサーチ」無料など、経営を支援してくれるサービスが充実している法人カードです。法人カードの元々の機能である経費削減だけでなく、経営自体のサポート機能も有しているため、中小企業、零細企業の法人経営者の方におすすめです。

キャンペーン情報

【当サイト限定】初年度年会費無料

【期間限定】年200万円(税込)以上の利用で30,000ポイント

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

  • ゴールドカードスペックの法人カード
  • アメックスブランドのプロパカードというステイタス
  • 入札・落札公告情報、企業情報、新聞・雑誌記事、帝国データバンクなどの情報が無料
  • ビジネス・コンサルティング・サービス
  • 四半期での管理レポート
法人カード名アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
カード会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル
国際ブランドAMEX(アメックス)
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)26,000円
2年目~年会費(税別)26,000円
年会費優遇条件-
追加カード 初年度年会費(税別)12,000円
追加カード 2年目~年会費(税別)12,000円
追加カード発行枚数制限5枚
ETCカード 初年度年会費(税別)500円
ETCカード 2年目~年会費(税別)500円
ETCカード発行枚数制限5枚
ショッピング限度額 下限一律の制限なし
ショッピング限度額 上限一律の制限なし
ポイント還元率0.40%

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード公式サイトはこちら

i_rank1_27

楽天ビジネスカード

rakuten_card楽天カード株式会社が発行しているゴールドカードスペックの法人カードです。他の法人カードとは違い、楽天カードの一般向けのゴールドカードである楽天プレミアムカードに付帯して発行することができるビジネスカードとなっています。年会費としては楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードの両方の年会費が発生します。

大きな特徴としては「楽天プレミアムカードに付帯して発行する法人カードであること」「プライオリティパスが無料付帯されていること」「ポイント還元率の高い法人カード」などが挙げられます。

楽天プレミアムカードの追加カードとして楽天ビジネスカードを発行する形なので、法人の経費利用をしてもポイントは楽天プレミアムカードにつく形になります。当然、楽天プレミアムカードのポイント還元率が適用されるのですが、このポイント還元率は1.0%がベースで誕生日月に+1.0%、旅行決済で+1.0%と一般のクレジットカードのように法人の経費利用でもポイントが貯まるのです。法人カードの場合ポイント還元率は0.5%前後が一般的なのですが、その倍以上のポイントが貯まるという点でおすすめの法人カードと言えます。

あくまでも追加カードなので、法人向けのサービスやステイタス性で見ると他の法人カードよりも弱りのですが、経費額が多ければポイント還元率のお得分だけでもかなりのメリットがあるのです。ただし、法人カード自体が追加カードなので、社員用の追加カードは作れません。個人事業主や社長単独で法人カードを使う場合におすすめです。

キャンペーン情報

【期間限定】入会で最大6,000円分のポイント

楽天ビジネスカード

  • ゴールドカードスペックの法人カード
  • 海外空港ラウンジ無料のプライオリティパス無料付帯
  • 楽天カードなのでポイント還元率が1.0%と高い
  • 法人カードでもポイントを重視する方におすすめ
  • 手厚い入会キャンペーン
法人カード名楽天ビジネスカード
楽天ビジネスカード
カード会社楽天カード
国際ブランドVISA
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)12,000円
2年目~年会費(税別)12,000円
年会費優遇条件※楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードはセットで発行
追加カード 初年度年会費(税別)-
追加カード 2年目~年会費(税別)-
追加カード発行枚数制限発行不可
ETCカード 初年度年会費(税別)500円/1枚目無料
ETCカード 2年目~年会費(税別)500円/1枚目無料
ETCカード発行枚数制限無制限
ショッピング限度額 下限10万円
ショッピング限度額 上限300万円
ポイント還元率1.00%

楽天ビジネスカード公式サイトはこちら

i_rank1_28

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード

lifecard_ippan_card

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード は、ライフカード株式会社発行している法人カードの一般カードスペックのクレジットカードです。最大の特徴は年会費が永年無料の希少な法人カードということです。コストをかけたくない法人経営者の方や個人事業主の方に人気があります。

大きな特徴としては「年会費永年無料の法人カードであること」「法人ETCカードも年会費無料で枚数無制限で発行できること」「VISAブランドであればVisaビジネスオファーが利用できること」「ショッピング限度額が最大500万円と高い」などが挙げられます。

ただし、ポイントプログラムがないことが大きなデメリットと言えます。ポイントが貯まらない代わりに年会費が永年無料の法人カードという位置づけなのです。

スタートアップの企業から、中小零細企業、個人事業主の方も、年会費の負担なく持てる法人カードとしておすすめです。

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カードの特徴

  • 年会費永年無料の法人カード
  • 法人ETCカードが年会費無料で発行無制限
  • ポイントはつかない
  • ショッピング限度額が最大500万円と高い
法人カード名ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード
ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード
カード会社ライフカード
国際ブランドVISA,MasterCard
申込み対象個人事業主,法人経営者(法人)
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
年会費優遇条件-
追加カード 初年度年会費(税別)0円
追加カード 2年目~年会費(税別)0円
追加カード発行枚数制限無制限
ETCカード 初年度年会費(税別)0円
ETCカード 2年目~年会費(税別)0円
ETCカード発行枚数制限無制限
ショッピング限度額 下限10万円
ショッピング限度額 上限500万円
ポイント還元率0.00%

ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード公式サイトはこちら

法人カード比較

法人カード名初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)追加カード発行枚数制限ETCカード 2年目~年会費(税別)ショッピング限度額 上限キャッシング限度額 上限ポイント還元率海外旅行保険
JCB法人カード/一般カード
JCB法人カード/一般カード
0円1,250円無制限0円個別設定-0.50%最高3,000万円(利用付帯)
EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)(エグゼクティブゴールドフォービズ エム)
EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)(エグゼクティブゴールドフォービズ エム)
0円2,000円3枚0円300万円-0.50%最高5,000万円(自動付帯)
P-one Business MasterCard
P-one Business MasterCard
0円2,000円5枚0円300万円300万円0.60%-
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
20,000円20,000円4枚0円一律の制限なし-0.50%最高10,000万円(自動付帯)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
26,000円26,000円5枚500円一律の制限なし-0.40%最高10,000万円(自動付帯)
ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード
ライフカードビジネス(法人カード)/一般カード
0円0円無制限0円500万円-0.00%-
楽天ビジネスカード
楽天ビジネスカード
12,000円12,000円発行不可500円/1枚目無料300万円-1.00%最高5,000万円(自動付帯)
三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード
三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード
1,250円1,250円20枚500円※年1回利用で無料100万円30万円※海外のみ0.49%最高2,000万円(利用付帯)
JCB法人カード/ゴールドカード
JCB法人カード/ゴールドカード
0円10,000円無制限0円個別設定-0.50%最高10,000万円(一部利用付帯)
ダイナースクラブビジネスカード
ダイナースクラブビジネスカード
27,000円27,000円無制限0円一律の制限なし-0.43%最高10,000万円(自動付帯)
オリコビジネスカードGold(ゴールド)
オリコビジネスカードGold(ゴールド)
0円2,000円20枚0円1000万円-0.00%最高2,000万円(自動付帯)
JCB法人カード/プラチナカード
JCB法人カード/プラチナカード
30,000円30,000円無制限0円個別設定-0.50%最高10,000万円(自動付帯)
三井住友ビジネスカード/ゴールドカード
三井住友ビジネスカード/ゴールドカード
10,000円10,000円20枚500円※年1回利用で無料300万円30万円※海外のみ0.49%最高5,000万円(自動付帯)
ライフカードビジネス(法人カード)/ゴールドカード
ライフカードビジネス(法人カード)/ゴールドカード
0円2,000円無制限0円500万円-0.50%最高2,000万円(自動付帯)
EX Gold for Biz S(ID×QUICPay)(エグゼクティブゴールドフォービズ エス)
EX Gold for Biz S(ID×QUICPay)(エグゼクティブゴールドフォービズ エス)
0円2,000円-0円300万円100万円0.50%最高5,000万円(自動付帯)
JCBビジネスプラス法人カード/一般カード
JCBビジネスプラス法人カード/一般カード
0円1,250円無制限0円個別設定-0.00%~3.00%最高3,000万円(利用付帯)
UC法人カード/一般カード
UC法人カード/一般カード
1,250円1,250円無制限0円300万円-0.50%-
JCBビジネスプラス法人カード/ゴールドカード
JCBビジネスプラス法人カード/ゴールドカード
0円10,000円無制限0円個別設定-0.00%~3.00%最高10,000万円(一部利用付帯)
UC法人カード/ゴールドカード
UC法人カード/ゴールドカード
10,000円10,000円無制限0円500万円-0.50%最高5,000万円(自動付帯)

法人カード申込みの注意点

法人カード審査の難易度はカード会社によって大きく違う!

一般向けのクレジットカードであれば、審査の難易度というのはそこまで違わないのですが、法人カードの場合は企業や個人事業主が相手になるため、事業や経営のリスクをどう判断するのか?はカード会社によって大きく異なるのです。

起業直後で作れる法人カードもあれば、2期分の決算書がなければ作れない法人カードもあるのです。法人カード審査に落ちた場合でも、あきらめずに別のカード会社に申込んでみましょう。

法人カード審査に落ちても、あきらめずに他の法人カードに申込む

誰に発行するか?誰が使うか?を決めておく必要がある

法人カードは経費利用に使える便利なカードです。基本的に全社員に渡すものではなく、決裁権がある部長や役員に渡すことが多いのです。4~5名の中小企業であれば、社長と副社長だけが持つ、20名~30名の中小企業であれば、社長と役員と営業部長、経理部長が持つ、といった具合です。むやみやたらに社員に持たせてしまうと勝手な経費利用でいらぬトラブルを発生させるケースもあるので注意が必要です。法人ETCカードは、会社で使う車の数分発行して車にセットしておくことが良いでしょう。

法人カードの追加カードは渡す人を絞る必要がある

法人カードの限度額はすぐにいっぱいになる!

法人カードの限度額というのは、意外と早くいっぱいになってしまいます。個人でプライベート資金に利用するのとは違って、急に大きなお金を決済するケースも多いのです。限度額が200万円だとしても、googleやYahoo!のネット広告で月100万円使ってしまえば、それで限度額はいっぱいになってしまいます。限度額は利用してクレジットヒストリーが貯まれば、増額依頼ができますが、ある程度利用する限度額を考えて、それに合わせた法人カードを選ぶ必要があります。

限度額も重要な法人カードの比較ポイント

口コミ評価
評価日
評価対象
プロが教える法人カード比較のポイント!
口コミ評価
5
Pocket

法人カード

amex128_128
amex_shihanki_4
saison_platinum_moshikomi_card

三井住友ビジネスカード/ゴールドカード

目次1 三井住友ビジネスカード/ゴールドカードのメリット2 三井住友ビジネスカード/ゴールドカードのデメリット …

smcc_biz_gold_card

三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カード

目次1 三井住友ビジネスカード/クラシック(一般)カードのメリット2 三井住友ビジネスカード/クラシック(一般 …

smcc_biz_ippan_card
PAGETOP
Copyright © 法人カード比較プロ All Rights Reserved.